LIFULL HOME'S 不動産投資  >  不動産投資ノウハウ  >  はじめよう不動産投資  >  新築物件と中古物件、どっちがいいの?

    はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク del.icio.usに追加 この記事をLivedoorクリップにクリップ! niftyクリップに追加 FC2ブックマークへ追加 Yahoo!ブックマークへ追加

はじめよう不動産投資

不動産投資に興味はあるけど、何から手をつけたらいいかわからない…。そんなあなたの様々な疑問にお答えします。
不動産投資の基礎や物件情報収集のコツを身に付けて、快適な不動産投資ライフをスタートしましょう!

新築物件と中古物件、どっちがいいの?

新築物件よりも中古物件のほうが、利回りが高く、リスクも大きいです。

一般的に、新築物件よりも中古物件のほうが利回りが高く、その分リスクも大きい傾向にあります。

設備が充実している新築物件は間取りも入居者のニーズに合ったものであることが多く、ある程度の期間は高い競争力が期待できるため、空室リスクが低いと言えます。ただし、物件価格が比較的高いため、利回りは小さくなってしまいます。

中古物件は間取りや設備の点で新築物件よりも入居者が確保しづらい傾向にありますが、入居者が見つかりさえすれば高い利回りが期待できます。また、老朽化に伴う修繕工事などにより想定外のコストがかかることがありますので、注意が必要です。

リスクを低く抑えるか、大きなリターンを狙っていくか、自身の投資スタンスに合った物件を選びましょう。また、特に中古物件については、不動産会社と十分に相談の上、慎重に物件を選ぶようにしましょう。

初歩的な事なんですが…そんな疑問に答えます

もっと勉強したい

プロが教えます

プロが教えるノウハウを読む

さっそく物件を見る

18,469件から探せます

収益物件を探す

近くの会社に相談したい

1,113件から探せます。

不動産会社を探す

不動産投資の気になるTOPICS

ページトップへ

「新築物件と中古物件、どっちがいいの?」。はじめよう不動産投資。不動産投資ノウハウ。【LIFULL HOME'S 不動産投資】初心者の方は収益物件を検索する前に、基礎の基礎、何にどれくらいコストがかかるのか?収入・支出・流動性・税制・法制度などにより想定されるリスクを把握する事が非常に重要です。その上で物件を探す事が第一歩となります。物件探しが不安・相談したい場合は、会社選びから始めましょう。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

  • 不動産情報サイト事業者連絡協議会
    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。
  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。