LIFULL HOME'S 不動産投資  >  不動産投資用語集  >  内法面積とは?

    はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク del.icio.usに追加 この記事をLivedoorクリップにクリップ! niftyクリップに追加 FC2ブックマークへ追加 Yahoo!ブックマークへ追加

不動産投資 用語集

内法面積とは?

内法面積とは、床面積を計算する方法のひとつで、壁で囲まれた内側の部分だけを計算した床面積のこと。
建築確認の際は内法面積が床面積として申請されるが、通常、マンション広告等には内法面積よりも広い壁芯面積で表示されるので注意が必要である。

関連する用語

関連するジャンル

不動産投資の気になるTOPICS

「内法面積とは?」内法面積の意味を解説。不動産投資用語集。【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

  • 不動産情報サイト事業者連絡協議会
    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。
  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。