LIFULL HOME'S 不動産投資  >  不動産投資用語集  >  定期借家契約とは?

    はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク del.icio.usに追加 この記事をLivedoorクリップにクリップ! niftyクリップに追加 FC2ブックマークへ追加 Yahoo!ブックマークへ追加

不動産投資 用語集

定期借家契約とは?

定期借家契約とは、契約時に設定した一定の契約期間の満了によって更新されることなく賃貸借契約が終了する契約形態のこと。借地借家法の改正により平成12年3月1日に施行された。
賃貸借契約期間が満了すると、必ず契約は終了する。更新という概念が無く、当事者間で引き続き契約する場合は再契約することとなる。従来、貸主からの更新拒絶、契約解除は正当事由が無い限り認められず、事実上、貸主からの契約解除は困難であったが、定期借家契約により、老朽化賃貸住宅の建替えや、不良な入居者の入れ替えなどが容易にできるようになった。

関連するジャンル

不動産投資の気になるTOPICS

「定期借家契約とは?」定期借家契約の意味を解説。不動産投資用語集。【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

  • 不動産情報サイト事業者連絡協議会
    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。
  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。