LIFULL HOME'S不動産投資フェアの不動産投資コラム

シリーズ連載: 2017/1/28 HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

株式会社ロンテック

物件価格の高止まり感が顕著な中で不確定要因から再び不動産投資への関心も高まる

この企業を詳しく見る

物件価格の高止まり感が顕著な中で不確定要因から再び不動産投資への関心も高まる

ブースの様子

2016年は、不動産価格は高かったなという一年で、後半には、買い時ではないなとのムードも広がりました。一方で、理由はさまざまですが、不動産を買う必然性があるお客さまは必ずいます。地道に、お客さまのニーズを探り、アプローチした一年でした。

2017年は、景気は上向きで推移し、給与所得も増えるでしょう。銀行に預けても利息はつかず、米国の政権交代で株価も不安定なことから、再び不動産投資へと関心が向かい、不動産投資一年生という方々も再登場すると考えています。

お客さまのニーズを徹底的に分析して不動産仲介+リノベーションの複合サービス提供

お客さまのニーズにマッチした中古物件を探し出し、リノベーションして提供する、不動産仲介とイージー・オーダー形式のリノベーションを複合サービスとして組合せた事業が機軸です。

物件を仕入れて、売り主として市場に供給する事業は、利幅重視のビジネスモデルで、物件への依存が強まり、売り主都合が優先される面もあります。
不動産市場の中で、お客さまのために身軽で、フリーハンドを持っていたいとの思いを追求して得た結論が、不動産仲介+リノベーションの複合サービスです。

世界で一つだけのお客さま仕様の住まいへのリノベーションで資産価値の向上も実現

講演の様子

私どもが提供するイージー・オーダー形式のリノベーションによって、お客さまが望まれた世界で一つだけの住まいが実現します。

賃貸物件として市場に出す場合にも、リノベーションを施せば、客付けもしやすくなり、競合物件よりも高めの家賃設定が可能となります。リノベーションは経年劣化などをリフレッシュしますので、建物管理の面でも有効です。加えて、リノベーションには、物件の資産価値を向上するメリットもあります。

専任コンサルタント一対一でお客さま対応しリノベーションは外注せず自社施工で行う

お客さまには、専任のコンサルタントが一対一で対応、物件選択時にはお客さまも交えて協議を続けます。お客さまが比較検討できるよう、複数の物件見学に同行します。

リノベーションは、外部発注せず、大手ゼネコンの一次下請けでもある施工部門による自社施工です。中間マージン不要で工事費が抑えられますし、見積もり根拠も明確になります。
リノベーション中に現場訪問も受け付けますので、お客さまの思いを直接、施工担当者に伝えられます。

住み替えのタイミング+相続対策など錯綜した課題を共に解決して自宅購入を決断

3歳の子供さんがおられる30歳半ばのご夫婦のケース。自宅購入の時期と考えておられたのですが、奥様側に相続が発生し、ご自身の事業の税務対策があるなど、検討課題が錯綜して一歩踏み出せなかったとのことでした。

それら込み入った課題を、税理士の支援も受けつつ、専任のコンサルタント共々、ひとつずつ解していき、最適解を見つけ出しました。目黒川沿いのマンションに、思いを込めたリノベーションを施し、晴れ晴れとして住まわれています。「気持ちの方も楽になった」との感謝の言葉が今でも思い出されます。

原点に立ち返り事業コンセプトを再定義し創業時の思いを込めて情報発信も開始

インタビュー

昨年、私どもの事業コンセプトを「MADE by RONTEC」とのコピーに託して再定義し、市場に問いかけました。

民泊やシェアハウスの動向が話題になるなど、既存ビジネスとして不動産業も新たな変革の時代を迎えています。
事業コンセプトの再定義と合わせて中古不動産研究所を立ち上げ、自社サイトでの情報発信を開始しました。
2020年に向けて、語るならば、お客さまに徹底的に寄り添うとの創業時の思いを高く掲げ、不動産仲介+リノベーションの複合サービスという原点に立ち返るということです。

この企業をもっと知りたい

弊社は、東京を中心に仲介というフェアな立場で中古マンション、アパート、リノベーションのご提案をしております。 

近年インターネットによりオープン化された全マーケットの中から「お客さまだけに価値のある不動産」を探し出し、様々な視点からご提案いたします。

もちろん不動産を手にするまで、さらには購入後のご相談まで全てサポートいたします。不動産購入・設計・施行全てを自社で行うことを強みとし、ロンテックだけのワンストップリノベーションをご提供します。

この企業を詳しく見る

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

LIFULL HOME’S不動産投資では、定期的にセミナー・フェアを開催しており多くの不動産投資家の皆さまにご参加いただいております。 今後も有益な情報を皆さまにお届けいたしますので、お楽しみにお待ち下さい。

2015 HOME’S不動産投資フェアレポートはこちら

LIFULL HOME’S不動産投資セミナー&フェアのご案内はこちら

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 住宅メーカーの海外進出から見えてくる日本の不動産市場の将来

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.18】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その1 首都ハノイの不動産マーケット

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 民法改正と不動産投資(2)~民法改正で変わるポイント

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 第八回:海外のメガバンク、地銀、信金、ノンバンク事情

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 都心における不動産投資・賃貸経営のイメージ

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 大学の都心回帰

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: アジア新興国での不動産投資~カンボジア~

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 1.新シリーズは、お悩みを解決します。

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ