LIFULL HOME'S PRESSの不動産投資コラム

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

全国の様々な防災情報を一括で確認できる『国土交通省ハザードマップポータルサイト』

無題10
HOME’S PRESS記事より引用 (2016年 08月28日 11時00分 掲載記事)
(※引用元の記事内容は、修正される場合があります)

「防災の日」をきっかけに防災対策をもう一度見直したい

毎年9月1日は「防災の日」だ。これは台風、高潮、津波、地震などの災害についての認識を深め、それらに対処する心構えと準備をするために国が制定した日。2011年の東日本大震災、2014年の広島市土砂災害、そして今年(2016年)の熊本地震など、昨今は大きな災害が頻発している。防災の日をきっかけに、ぜひ身の回りの防災対策をもう一度見直したい。

とはいえ、一言で災害といっても上記のように様々なものがある。まずは自宅や職場の周辺地域にどのような災害の危険性があるか知るべきだろう。そこで役立つのが、『国土交通省ハザードマップポータルサイト』(※ http://disaportal.gsi.go.jp/)だ。

これは各自治体が公表している発生の可能性のある災害の種類、場所、危険度などを示した地図=ハザードマップの情報を集約しているwebサイトだ。同webサイトを利用すれば市役所などのwebサイトを探し回らなくても手軽に目的のエリアの防災情報を得ることができる。ただし、たとえば海に面していない市町村に津波情報は必要ないといったように、自治体によって公表される災害は異なる。

2007年4月から公開されている「国土交通省ハザードマップポータルサイト」は、以下を目的としている。

1)全国の各種ハザードマップを見比べることによる同マップの内容の充実及び作成の促進
2)ハザードマップへの関心、興味を高めることによるハザードマップの理解、活用を促進
3)旅行先などでの災害時のハザードマップ活用による迅速かつ安全な避難行動の実現
4)平常時における防災意識の高揚

自宅や職場の周辺地域にどのような災害の危険性があるか知るのに役立つ『国土交通省ハザードマップポータルサイト』 基本的に毎年更新され、新しい機能などが追加されている

自宅や職場の周辺地域にどのような災害の危険性があるか知るのに役立つ『国土交通省ハザードマップポータルサイト』
基本的に毎年更新され、新しい機能などが追加されている

全国の各自治体のハザードマップを閲覧できるリンク集

同サイトには、「わがまちハザードマップ」と「重ねるハザードマップ」という2つのメインコンテンツがある。

「わがまちハザードマップ」は、全国の各自治体のハザードマップを閲覧できるリンク集だ。入口は地図から選択する方法と災害種別から選択する方法の2種類が用意されている。

地図から選択する方法では、全国地図から県→市町村と選んでいくとそれぞれの自治体が公表している各災害種別のハザードマップのリンクが表示される。災害種別には次のようなものがある。

洪水・内水(大雨によって側溝・下水道・排水路だけでは流しきれなくなり街中などにあふれ出た水)
・高潮・津波・土砂災害・火山・地震被害

災害種別から選択する方法では、それぞれの災害種別のハザードマップを公表している自治体が全国地図から色分けして表示される。たとえば、地震被害を選べば、さらに建物被害や液状化などを選択する画面となり、それらの発生の可能性がある自治体を全国地図から俯瞰して確認することができる。引っ越しや旅行先にどのような災害があり得るか、といったことの把握に役立つだろう。

東京都港区の「わがまちハザードマップ」。区が公開している様々な防災情報のリンクが表示される

東京都港区の「わがまちハザードマップ」。区が公開している様々な防災情報のリンクが表示される

複数の自治体にまたがる災害情報を一つの画面で重ねて確認

利用者から意見を募集し、2014年に追加された機能が「重ねるハザードマップ」だ。従来の機能は「わがまちハザードマップ」のみで、それぞれの自治体のリンクから個別に防災情報などを確認するしかなかった。たとえば、隣り合うA市とB市の洪水の危険性があるエリアがつながっていても市ごとにそれぞれ情報を確認するしかない。また、A市のなかでも洪水と土石流の両方の危険性があるエリアは、それぞれの災害の情報を個別に確認する必要があった。しかし、同機能を利用すれば、複数の自治体にまたがる2種類以上の災害情報を一つの画面で、しかも重ねて確認することができる。この機能によって広域にわたる避難経路などが把握でき、今いる自治体の避難場所よりも隣の自治体の避難場所の方が近い、といったことも分かる。

「重ねるハザードマップ」で閲覧できる情報例
 
●各種ハザード
・洪水浸水想定区域
・津波浸水想定区域
・土砂災害危険箇所
・土砂災害警戒区域等(土砂災害危険箇所のうち土砂災害防止法に基づき指定された区域)

●災害時に役立つ情報
・道路冠水想定箇所(アンダーパスなど)
・事前通行規制区間(災害発生前に通行止めなどの規制を実施する区間)
・緊急輸送道路(緊急車両の通行を確保すべき道路)

熊本地震で震度7を観測した西原村周辺の「重ねるハザードマップ」。 薄いオレンジ色が土石流危険渓流。薄い黄色と水色が洪水浸水想定区域。中央の太線が事前通行規制区間

熊本地震で震度7を観測した西原村周辺の「重ねるハザードマップ」。
薄いオレンジ色が土石流危険渓流。薄い黄色と水色が洪水浸水想定区域。中央の太線が事前通行規制区間

いつでもどこでも防災情報を入手可能。ぜひ「お気に入り」に登録を

同サイトの活用方法の一例としては、まずは自分が住んでいる自治体のハザードマップを確認しておくことである。自分が住んでいる地域の災害リスクを予め知ることに加え、避難施設や避難経路なども確認しておきたい。さらに、住んでいる地域だけでなく、勤務エリアや今後住み替えを検討している場所についても同様に、災害リスクや避難情報を確認しておくと良いだろう。

同サイトは基本的に毎年更新されており、今年(2016年)6月にはスマートフォンのGPS機能を利用して現在いる地域の防災情報を簡単に入手できるようになった。自宅や職場、旅行先などエリアを問わず、すぐに危険度や避難すべき場所を確認することができるのだ。
また、一戸建てを建てる際に同サイトを参考にすれば、耐震化や地盤のかさ上げなどの検討にも役立つだろう。
サイトには、使用方法が詳しく載ったパンフレットも公開されているので参考にするとよい。

わが家の災害リスクについて改めて把握をし、いざという時のためにも是非ともパソコンやスマートフォンの「お気に入り」にこのハザードマップポータルサイトを登録しておきたい。

今年(2016年)6月に追加されたスマートフォンの「重なるハザードマップ」画面。 GPS機能を利用して現在いる地域の防災情報を簡単に入手できるようになった

今年(2016年)6月に追加されたスマートフォンの「重なるハザードマップ」画面。
GPS機能を利用して現在いる地域の防災情報を簡単に入手できるようになった

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S PRESS

LIFULL HOME'S PRESSは、住まいの「本当」の情報を届け、住まいの専門家の知識・見解、住み替え体験者の体験・意見が学べます。 住まいの「今と未来」の新鮮な情報、トレンドを発信や「らしく住む」ための知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

金井規雄

シリーズ連載: アメリカ不動産投資のすべて

最新コラム: その他地域

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: データから読み取る今後の不動産市場・その1

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.20】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 4 ホーチミンの不動産で狙うべき場所は?

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 国の空き家対策から考える 生き残る賃貸住宅の基準

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/9/23 LIFULL HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第六回「海外管理会社の選び方、換え方」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: REIT、昨年からの価格低迷脱却なるか?!

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: かぼちゃの馬車問題の処方箋

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 新興国の将来利回りに期待する。ベトナム不動産投資(3)

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 12.中古アパートはこれからの主役になるか?

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ