寺尾 恵介の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資に絶対失敗しない「スタンス」の決め方。

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

1.本当に不動産投資をする必要があるのか?

投資家けーちゃんこと、寺尾恵介です。
初めての方もいらっしゃるかと思いますので自己紹介をさせていただきますと、2004年から不動産投資をしていまして、現在は北陸地方に4棟104戸の収益物件と、首都圏や名古屋に合計8戸の区分マンションを保有しています。
2007年まではサラリーマンでしたが、現在は勤務先を退職し、賃貸業のほか不動産投資のセミナーを運営したり教材を製作したりという仕事をしています。HOME’S不動産投資フェアでも、何度か講演をさせていただく機会がありました。

そしてこの度、HOME’Sさんのサイトで不動産投資についてのコラムを連載させていただくことになりました。いろんな媒体で原稿を書いていますが、こちらでは主に「投資のスタンス」について体系立てたコラムを書かせていただこうと思います。
初回となるこのコラムは、本編の前段階となるテーマを選んでみました。

仕事柄、いろんな方の投資相談をさせていただく機会が多いのですが、不動産投資に行き詰まっている方は、いくつかのタイプに分かれていることに気づきました。
全部挙げてみると、以下のような感じです。


1.投資スタンスが間違っている。
2.根本的な知識やスキルが欠けている。
3.不動産投資の必要性が低い。または気づいていない。

1の投資スタンスについては、次回以降のコラムで詳しくお話しようと思っています。
2つめに挙げた知識とスキル不足については、しっかり勉強をして知識を高めたり、他の専門家の協力を得たりすることで改善させられます。
問題は3です。このコラムをお読みいただいている方のほとんどは、不動産投資に興味があって必要性も感じているかと思いますが、そういう人であっても本当は不動産投資をする必要性が低いことがあります。

以前、ぼくが不動産投資の相談をした方の話です。

初回の面談で「このような活動をしてみましょう」「こういうタイプの物件を探しましょう」
という方針を決め、その時はやる気が十分にあるように感じたのですが、週に1度程度メールで届く報告には「仕事が忙しくて活動ができなかった」「体調を崩して活動ができなかった」「ゴールデンウィークは妻の実家に行かなければいけないので活動ができなかった」など、それらしい言い訳が続き投資活動がいっこうに進捗しません。

数ヶ月後の再面談の時に「本当に不動産投資がしたいですか?」と聞いてみると、「したいです」という返事。ただし、ぼくが「どうしてしたいのですか?」と理由を聞いてみても、しっかりとした理由が答えられないのです。
「お金に余裕が欲しいので」とかそんな感じで、目的が明確じゃないんですよね。

その方は、勤務先のお仕事も頑張っていますし、家族や奥さんを大切にしている非常に素晴らしい方でした。属性としてもそれなりに良かったので、日々の生活も汲々としている感じがなく楽しそうです。
そんな満足度の高い生活が実現できている分、「どうしても現状を変えなければ」というモチベーションが少なかったのかもしれません。仕事や家族でのイベントに比べて、不動産投資の優先度が常に低いままだったのだと思います。

不動産投資をなぜするのかというと、普通は「資産や収入を増やすため」ですね。
ではなぜ、資産や収入を増やしたいかというと「会社を辞めて好きな時に海外旅行に行きたい」「将来お金の心配をしなくても済むようになりたい」など理由はいろいろありますが、要するに「自分や家族がより幸せになるため」だと思います。

ですから、不動産投資をするのなら、その活動が自分や家族の幸せと直結している必要があります。売り物件を遠方まで見に行ったりセミナーに参加したりで週末が終わってしまうことで、ご自身の人生が楽しくない方向、幸せでない方向に向かっているように感じるのなら、無理して不動産投資をする必要はありません。
「今の楽しみを多少犠牲にしても、将来のために頑張ろう!」という強い気持ちがあるか、または今やっている不動産投資についての活動それ自体が楽しくて幸せを感じられるか。どちらかでないと成果を出すことは難しいでしょう。

人口も減り空き室も余っているご時世ですから、「不動産投資についての活動は楽しくないから、ほかの楽しいことの合間にちょっとだけやろう」というくらいの気持ちで成功できるほど、不動産投資は甘いものではなくなってしまっているのが現状です。
もちろん、既存の大家さんの中で真剣にやっている人の割合は非常に低いので、一生懸命取組さえすれば「勝てる」可能性はまだまだ高いのですが・・。

ぼくがサラリーマンをしながら不動産投資活動を頑張っていた時期は、週末はほとんど現地調査やセミナーDVDなどでの勉強に費やしていましたし、仕事から帰ってきてから物件を検索したりブログを更新(モチベーション維持に役立つので頑張って更新していました)したりで、睡眠時間は毎日4~5時間でした。
体力的に辛い時もありましたが、「お給料や人事評価を気にしないで仕事ができるようになりたい」という目標があったので、「ほかの楽しいこと」に優先して不動産投資を進めることができました。

コラムをお読みの皆さんは、不動産投資についての明確な目標がありますか?
その目標は、ほかの楽しいことを我慢してまで取り組むくらい、わくわくすることだったり価値のあることだったりしますでしょうか。
これから全力で不動産投資をするかどうかを決める前に、なぜ不動産投資をしたいのか、なぜ不動産投資をする必要があるのかについて、じっくり考えてみることをお奨めします。

【このコラムの著者】

寺尾 恵介

不動産投資・アパート経営の人気ブログを運営する「投資家けーちゃん」
大家さん向けの情報誌「満室経営新聞」の編集長。

1973年愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業。1996年に住友海上火災保険株式会社(現:三井住友海上火災保険株式会社)に入社し12年間勤務。富山支店在任時代に不動産投資に目覚め、現在までに約110室、家賃年収は6千万円に達する。

一般的には空室リスクも高く、アパート経営に不向きと言われる北陸地方(石川県、富山県)で物件を購入しているにも関わらず、入居率は常に90%以上で推移。管理会社を中心とした「チーム」での運営を得意とするスタイル。

運営ブログ 投資家けーちゃん「ハッピー&リッチBLOG」 http://toushika-keichan.com
メルマガ 投資家けーちゃんの不動産投資メールマガジン(23,000部) http://www.mag2.com/m/0000254056.html
著作 満室チームで大成功! 全国どこでもアパート経営(筑摩書房) http://www.amazon.co.jp/dp/4480863885/
みんなが知らない 満室大家さんのヒミツ(ぱる出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4827205612

講演/セミナー実績
 全国賃貸住宅新聞社(賃貸住宅フェア)
 東京都宅地建物取引業協会
 株式会社ビジネスブレークスルー
 日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
 北陸電力株式会社
 中部電力株式会社
 株式会社ギブコム
 SBIホールディングス株式会社
 株式会社ネクスト(HOME'S不動産投資フェア)
 健美家株式会社
 株式会社ファーストロジック(お宝不動産セミナー)
 三和エステート株式会社

その他、全国の不動産管理会社様での講演多数

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: FP的不動産投資の基本的考え方④~不動産投資を成功に導くために~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.19】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 3 ホーチミンの不動産マーケット

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017年9月23日開催 LIFULL HOME'S不動産投資フェアのお知らせ

最新コラム: 招待講師の追加講演が決定!!「資産規模拡大に必要なノウハウ」を公開!

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 第十回:民泊でも融資ひけるの?

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産売却の際に知っておきたいこと

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: アジア新興国での不動産投資~フィリピン~

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ