寺尾 恵介の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資の「失敗」を分析する。

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

8. 不動産投資本の「ポジティブリーディング」 (前編)

今、コラムをご覧になっているHOME’Sをはじめ、最近はこのような無料で読めるコラムなどを通じて不動産投資の知識を増やすことができるようになりましたが、やはり今でも知識吸収のメインルートは「書籍」です。
自分のペースで好きな時に読めますし、何度でも繰り返すことができます。セミナーやDVD教材に比べて価格も安いですし、書籍をたくさん読まずして不動産投資の成功はありません。唯一のデメリットは、書籍は講師に質問ができたり、自分の理解が正しいかどうかのフィードバックがされないということでしょうか。

しかし、その唯一のデメリットによって、書籍がマイナスに作用してしまうという怖い現象があります。それがこれは今回のタイトルでもある「ポジティブリーディング」。実際の内容よりも前向きで良い方向に解釈してしまうことでの失敗です。

■それでも書籍はたくさん読もう!

はじめに断っておきますが、このコラムは書籍を読むことを否定するものでは決してありません。
チャレンジ面談にいらっしゃる方やメルマガの読者さんと話をしていて思うのですが、最近の方は本を読んでいる量が少ないな・・と感じることが多いです。ネット上のコラムやメールマガジンなどで断片的な知識は得られるので、書籍の重要性が軽んじられているのかもしれませんね。
ぼくが不動産投資を始めた頃は、出版された関連本はすべて購入して読んでいたくらいですし(大げさじゃないですよ、本当です)、周りの大家さん仲間も同じでした。

このコラムの読者さんは、とりあえずできるだけ早めに不動産投資本を30冊くらいは読みましょう。Amazonで検索して、売れているものから順に読んでいけば良いと思います。その後も、月に2冊くらいのペースで読み続けてください。
不動産投資の本は直接収入や資産の増加につながりますので、どう控えめに考えても、価格の100倍くらいのリターンがあるものです。

■出版年月をチェックしよう。

さて、たくさん本を読むことの大切さを理解していただいた上で、「ポジティブリーディング」での失敗について説明していきましょう。
ポジティブリーディングの失敗は、大きく分けると4つのパターンがありまして、ひとつめは「書籍の書かれた時代背景を無視して、自分に都合良く解釈してしまう」というものです。

不動産投資の本が毎週のように出版されているご時世であっても、伝説の名著のような本は今でも売れ続けています。Amazonの「アパート・ビル経営」のジャンルで売れ行きベスト20をチェックしてみると、半分は5年以上前に出版された本でした。
 
これらの本は、もちろん学ぶべきことがたくさんあるので売れ続けている訳で、これから不動産投資を始める人であっても読んでおくべきなのですが、やはり出版してから月日が流れているので、一部の内容は今の時代に合わなかったり、経済動向の変化によって再現が極めて難しかったりします。

ですが、それに気づかないのか気づこうとしないのか、書籍の内容を盲信したまま不可能な挑戦を続けているような方もいらっしゃいます。
その挑戦は高すぎる利回りであったり、低すぎるコストであったり、今ではアパートローンから撤退している金融機関であったり様々ですが、書籍のウケウリで不動産会社の方に自分の購入基準を伝えても、相手にされません。

■出版社も悪い。

ポジティブリーディング、2つめのパターンは、「著者の背景を無視して、自分に都合良く解釈してしまう」というものです。事例としては、前述した時代背景よりも多く見られます。

主に「体験談」をメインにしたような書籍を読むと、自己資金を全く使わず爆発的に規模を増やしていったり、極めて高い利回りの投資を実現するような事例がたくさん載っています。これらの武勇伝を読んで「よーし!私もやってみよう!」とモチベーションを上げるのは良いことですが、こういった話には往々にして書籍に書かれていない「タネ」があるものです。

例えば最近多いのが「○○でもできた!」系の本。
○○のところには、主婦とか学生とか、一般的に低い属性で不動産投資を成功させるのが難しそうなイメージの言葉が入ります。
しかしながら、著者本人は実際にそういった低属性の人であっても、実は多額の財産を相続していたり、配偶者の年収が1千万円を軽く超えていたり、実家が建築会社で超低コストの建築ができたり・・ということは珍しくありません。
こういったタネは書籍上では伏せられていることが多いので、本に感動した人が同じことをチャレンジしても成功する確率は極めて低いものになります。

このような事例が頻発するのは、本を売るためにタイトルを過激にしたり、読者をがっかりさせるようなネガティブな内容(=タネ)を敢えて載せなかったりする出版社の意向が強いのだと思います。
無知な人を煽って本を売るのはどうかと思いますが、読み手としても著者の置かれた背景事情は把握するように努めるべきでしょう。

また、武勇伝的な書籍ばかりを読むというのも考え物です。
体験談をメインにした書籍の方が確かに読みやすいですしやる気も出ますが、内容が偏ってしまうために必要な知識が網羅されていなかったり、他のやり方との比較については触れられていなかったりすることが多いです。
「不動産投資の学校(ファイナンシャルアカデミー)」のように不動産投資の全体像が分かるような本や、「賃貸経営マイスター(藤澤雅義さん)」に代表される「プロも読む本」についても、併せて読んでいくことをお薦めします。

次回のコラムでは、残り2つのパターンについて解説させていただきます。

【このコラムの著者】

寺尾 恵介

不動産投資・アパート経営の人気ブログを運営する「投資家けーちゃん」
大家さん向けの情報誌「満室経営新聞」の編集長。

1973年愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業。1996年に住友海上火災保険株式会社(現:三井住友海上火災保険株式会社)に入社し12年間勤務。富山支店在任時代に不動産投資に目覚め、現在までに約110室、家賃年収は6千万円に達する。

一般的には空室リスクも高く、アパート経営に不向きと言われる北陸地方(石川県、富山県)で物件を購入しているにも関わらず、入居率は常に90%以上で推移。管理会社を中心とした「チーム」での運営を得意とするスタイル。

運営ブログ 投資家けーちゃん「ハッピー&リッチBLOG」 http://toushika-keichan.com
メルマガ 投資家けーちゃんの不動産投資メールマガジン(23,000部) http://www.mag2.com/m/0000254056.html
著作 満室チームで大成功! 全国どこでもアパート経営(筑摩書房) http://www.amazon.co.jp/dp/4480863885/
みんなが知らない 満室大家さんのヒミツ(ぱる出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4827205612

講演/セミナー実績
 全国賃貸住宅新聞社(賃貸住宅フェア)
 東京都宅地建物取引業協会
 株式会社ビジネスブレークスルー
 日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
 北陸電力株式会社
 中部電力株式会社
 株式会社ギブコム
 SBIホールディングス株式会社
 株式会社ネクスト(HOME'S不動産投資フェア)
 健美家株式会社
 株式会社ファーストロジック(お宝不動産セミナー)
 三和エステート株式会社

その他、全国の不動産管理会社様での講演多数

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 住宅メーカー秋の陣 大和ハウス VS 積水ハウス ~最新賃貸住宅見学会レポート~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.20】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 4 ホーチミンの不動産で狙うべき場所は?

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/9/23 LIFULL HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 十二回:融資使って資産殖やすのにベストな国はどこ?

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 日本不動産と米国不動産、相違点と類似点は?

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: アジア新興国での不動産投資~フィリピン~

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ