寺尾 恵介の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資に絶対失敗しない「スタンス」の決め方。

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

12.保有資産10億!「メガ大家」の共通点とは?

今回のコラムで、HOME’Sの連載も1周年を迎えましたー!毎回お読みいただいている皆さま、本当にありがとうございます。
自分でチェックしている限りでは、全部のコラムがランキング1位になっていますし、画面の右側に表示されている5位までのランキングに、同時に4本のコラムが載ったこともあります。
こういうのって、執筆をするモチベーションにつながっています。ですからぜひ、前のコラムも読み直してみて、ランキングに寄与していただけると嬉しいです(笑)

さて、今回のコラムは大規模大家さんについてです。

■メガ大家の羨ましい日常

2012年にぼくが主催したイベント内で、保有物件の総額が10億円以上の不動産投資家の方を、「メガ大家」と呼ぶようにしました。この言葉はそこそこ定着しているようで、Googleで検索するといろんなサイトが出てきます。
このメガ大家さんは、サラリーマン向けに融資をしている銀行のほとんどが定めている「融資総額は年収の●倍まで」といった基準を遙かに超え、融資にほとんど悩むことなく購入を続けています。

フェラーリやポルシェといったスーパーカーを複数台所有していたり、1年の半分くらいを海外で過ごしていたりなど、羨ましい日常を披露している方もいらっしゃいますね。このコラムの読者さんも、そういったメガ大家さんを目指しているかもしれません。

ぼくは満室経営新聞の製作やセミナーの主催をしているので、そういったメガ大家さんにお会いして話を伺う機会も比較的多いのですが、やはり大成功を収める方には共通点があるようです。

■共通していないところ

「彼は~だから成功したので、自分には無理」というのは、不動産投資に限らずありがちなご意見ですが、ぼくが知る限りでは、できない理由としてよく挙げられる以下のようなポイントは、メガ大家になれるかどうかには関係ないことが分かりました。

1.性格や外見
メガ大家さんには明るくスポーツマン的な人もいますし、暗くてオタクっぽい人もいます。もちろん男性も女性もメガ大家さんはいますので、性別も関係ありません。

2.属性
  大企業勤務や開業医など、高額な年収を得ている方は有利ではありますが、年収700万円クラスのサラリーマンだった人や、小規模な個人事業主だった人でもメガ大家になれています。こちらも無関係だといって良いでしょう。スタートラインが多少前後するだけです。

3.年齢
  今のところ60代以上で不動産投資を始めた・・というメガ大家さんには出会っていません。早いほど有利ではあると思いますが、少なくとも50代までは前例があります。

4.居住地
  東北に住んでいたから高利回りの物件が買いやすかったとか、北海道は生コンの単価が安いので新築に有利だったという話も出ますが、どこに住んでいても10億規模の購入を実現した人はいます。どこが有利かということではなく、ご自身の居住地に向いた投資法を選択しているということです。

5.不動産投資以外の生活
  収入と支出をしっかりコントロールしているという点は当然として、それ以外では多趣味なメガ大家さんもいますし、不動産投資に全生活を費やしているメガ大家さんもいます。家族構成も様々ですので、このあたりに共通点はないと言えるでしょう。

■メガ大家の共通点=必須の条件

 下記に挙げるポイントは、全てのメガ大家さんに共通した要素です。逆に言えば、この共通点を自分も満たすようにしないと、10億円レベルの大規模化を果たすのは難しいと言えます。
1.地元を中心に不動産投資を行っている。
ほとんどのメガ大家さんは、居住している都道府県とその周辺で物件を購入しています。規模拡大の過程で、遠方の物件を購入していた時期があるケースもありますが、大規模化するにつれて地元に集中していくようです。
 そして、地方銀行や信用金庫を融資のメインにしていくことで、サラリーマンの枠を超えた規模の資金調達が可能になるのです。遠隔地だと、そうはいきません。

2.自分のスタンスを貫き、その分野の知識は超一流。
 メガ大家さんには、「RC一棟もの」「ファミリー区分」「新築」「リニューアル投資」など、各自得意としているスタンスが必ずあります。そして、その分野の知識や情報には驚かされるばかりです。

 例えば、新築を得意としている投資家さんの場合、ターゲットにしているエリアの土地図面を見ただけで、どんな建物がいくらくらいで建築でき、いくらの家賃収入が入るのかを瞬時に判断できます。「この通りを越えると、入居属性が変わってシングルは埋まらなくなる」というような細かいエリア情報にも精通しています。

3.法人化している。
 これは100%のメガ大家さんに当てはまります。賃貸業に事業として取り組んでいるということを金融機関や関係先に示すこと、会社の収益と個人のお金を明確に区別するという点で必須です。

4.完全な専業大家ではない。
ここは意外な共通点ですが、完全な専業大家さんとしてメガ大家規模になっているケースはほとんどありません。他の事業を手がけていたり、サラリーマンを続けていたりします。
収益不動産を続けて購入するための自己資金を稼ぐための収益源として、他業に取り組むことは大切な要素であると言えます。

また、不動産投資は多額の借入を伴うので、「自己資本比率」や「債務償還年数」などの決算書上の指標が悪くなりがちです。借入に頼らず、利益率の高いビジネスを同時に手がけることで、こういった数値が改善するという利点もあります。

5.適切な出口を取っている。
こちらも意外でしたが、メガ大家となるような方は意外と頻繁に自分の物件を売却しています。10億円規模の大家さんだと、過去に4億円分くらいは売却しているようなイメージです。(つまり、総額で14億円分購入している)
 物件を売却するのは規模を減らしてしまう行為ですが、最適な時期に出口を取って短期で自己資金を増やすことで、投資のスピードを加速させているのです。
 物件の売却は、決算書上の数値も改善させます(償却されて減少していった「固定資産」が、その金額以上の「現預金」に変わり、長期借入金も減少する)ので、大きなジャンプの前の踏み台のような効果があるのでしょう。

そのほか、「積極的に納税し、金融機関の評価を上げている」「友人知人を、銀行や不動産会社に積極的に紹介している(=有力な顧客として、自分をVIP待遇してもらえるようになる)」といった細かい共通点もありました。

メガ大家をめざすのが、誰にとっても良いとは思いません。それぞれの人生において不動産投資の適切な規模というのは違うはずです。もちろん短期間で規模を大きくしようとすれば、それだけリスクも高くなるものです。
ただ、よく考えた上で10億円規模の購入を目指していくということなら、上記の共通点はしっかり踏襲していくべきでしょう。先人が試行錯誤の上で導き出した正しいルートが分かれば、そこまで追いつくのはさほど難しいことではありません。

【このコラムの著者】

寺尾 恵介

不動産投資・アパート経営の人気ブログを運営する「投資家けーちゃん」
大家さん向けの情報誌「満室経営新聞」の編集長。

1973年愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業。1996年に住友海上火災保険株式会社(現:三井住友海上火災保険株式会社)に入社し12年間勤務。富山支店在任時代に不動産投資に目覚め、現在までに約110室、家賃年収は6千万円に達する。

一般的には空室リスクも高く、アパート経営に不向きと言われる北陸地方(石川県、富山県)で物件を購入しているにも関わらず、入居率は常に90%以上で推移。管理会社を中心とした「チーム」での運営を得意とするスタイル。

運営ブログ 投資家けーちゃん「ハッピー&リッチBLOG」 http://toushika-keichan.com
メルマガ 投資家けーちゃんの不動産投資メールマガジン(23,000部) http://www.mag2.com/m/0000254056.html
著作 満室チームで大成功! 全国どこでもアパート経営(筑摩書房) http://www.amazon.co.jp/dp/4480863885/
みんなが知らない 満室大家さんのヒミツ(ぱる出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4827205612

講演/セミナー実績
 全国賃貸住宅新聞社(賃貸住宅フェア)
 東京都宅地建物取引業協会
 株式会社ビジネスブレークスルー
 日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
 北陸電力株式会社
 中部電力株式会社
 株式会社ギブコム
 SBIホールディングス株式会社
 株式会社ネクスト(HOME'S不動産投資フェア)
 健美家株式会社
 株式会社ファーストロジック(お宝不動産セミナー)
 三和エステート株式会社

その他、全国の不動産管理会社様での講演多数

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 住宅メーカー秋の陣 大和ハウス VS 積水ハウス ~最新賃貸住宅見学会レポート~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.20】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 4 ホーチミンの不動産で狙うべき場所は?

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/9/23 LIFULL HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 十二回:融資使って資産殖やすのにベストな国はどこ?

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 日本不動産と米国不動産、相違点と類似点は?

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: アジア新興国での不動産投資~フィリピン~

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ