北野 琴奈の不動産投資コラム

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

今回の渡米で視察したロサンゼルス近郊は、どんな地域?

8月末の渡米の際には、限られた時間の中でしたが現地物件も数多く見てきました。これまではコンドミニアムや一戸建てをメインに見てきたのですが、今回は3~4ユニットのアパート中心。同地域で集中していくつも見ると、周辺の雰囲気なども分かるようになります。ご案内いただいた方(現地在住)は車の運転もして下さりながらなのでハードな時間だったと思いますが、付き合っていただいたことに感謝です。
私としては移動中の車の中の話しも参考になることが多く、勉強させてもらいました。
日本にいるとあまり感じない、民族によって大きく異なる考え方やビジネスの仕方などの話しも興味深かったです。そのあたりは、また機会がありましたらお話しするとして・・・
今回見てきた3地域について、少しご紹介しましょう。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

①Los Angels近辺
University of Southern California(USC 南カリフォルニア大学)という私立大学近くです。
前回のコラムにも書きましたように、この地域はレントコントロールがあるため、家賃引き上げ上限は年間3%と定められています。
この大学は私立ということもあり、学生の親御さんには比較的裕福な方が多いそう。テナントになる可能性も大きいので大事ですね。
近くには、フットボールチームのコロシアムやサッカー場などがあり。米国において「スポーツ」は、その地域が活性化するキーワードのひとつのようで、覚えておくと良いかもしれません。
またこの近辺では最近blue lineという鉄道が完成し、サンタモニカの海岸までつながりました。サンタモニカはビーチが有名で、お店も多く平日・休日ともにたくさんの人でにぎわっている人気のスポット。そこへのアクセスが良くなったため、利便性が向上したと言えると感じます。ただしカリフォルニアは基本的に車社会の歴史が長いので、浸透するには少し時間がかかるのかもしれません。

②Huntington Park近辺
昔からアパートも多くあった地域とのこと。①と場所は近いのですが、こちらはレントコントロールはなし。その時々の相場に則って、上限に縛られることなく賃料設定が可能です。
この地域はLos Angels Riverという川が南北に向かって流れており、今後この川岸の大規模な整備が進む計画があるそうです。
完成までにはまだ少し時間がかかるようですので、将来性をどう考えるかという視点が必要になります。

③Long Beach近辺
その名の通りビーチで、港としても米国有数の規模を誇ります。当初は港町としての位置づけだったようですが、近年大規模な開発が進んでおり、経済・観光においても発展しつつある地域です。
確かに、2年半ほど前に行った時に比べて更に一帯が開発され、設備やお店なども整備され、地域全体が活性化された様子にびっくりしました。それに伴い、周辺には新しいコンドミニアムなども増えているように感じました。
車も多くて、特に週末の渋滞は「お約束」らしい。前回来た時は、ここまで渋滞していなかったような。
今後も湾岸地域開発は続く模様で、どのようになっていくのか気になるところです。

以上、簡単に3地域についてご紹介しました。
カリフォルニア州と一言で言っても広さは42.4㎢。日本は全国で37.8㎢だということを考えると、広大です。
中でも今回はロサンゼルスから近いところ中心に。そのLA近辺にもまだまだたくさんの地域があり、次回以降の渡米ではぜひいろいろ見ていきたいと思う次第です。

米国不動産の売買や管理にあたっては、仲介してもらうところとの信頼関係・二人三脚が大事なのは日本と同様ですが、更に、言葉・文化の壁があることは大きな違いで、現地の事情や現場実務を熟知している方のサポートは欠かせません。加えて、自分は外国人だということを自覚して動くことが必要だと、またもや感じる次第です。

【このコラムの著者】

北野 琴奈

ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会認定 CFP®認定者)
ワインエキスパート(日本ソムリエ協会認定)

1974年 北海道生まれ。
津田塾大学卒業後、会社員を経て独立。
実践型FPとして資産運用、不動産投資・賃貸経営、キャリアなどに関する講演、執筆、コンサルティング等を行う。

会社員の頃、資産運用の大切さを実感し、ファイナンシャル・プランナーの上級資格である、国際ライセンスCFP®資格を取得。
同時にロバート・キヨサキ著『金持ち父さん貧乏父さん』を読んだのをきっかけに、夢実現の手段として不動産投資・経営をはじめ、東京を中心に計104室まで保有。海外にもチャレンジし、アメリカの物件購入に到る。

TBS「かっちりマンデー!!」、「がっちりアカデミー!!」、BS11デジタル「不動産王」、BSジャパン「日経プラス10」、日経CNBC「不動産投資AtoZ」等にコメンテーターとして出演。その他メディア出演・取材協力多数。
一方、ワイン好きの趣味が高じて「ワインエキスパート」の資格を取得、ワインに関する講座を務める。
著書に、『逆算で夢をかなえる人生とお金の法則』、『47テーマで学ぶ家計の教科書』、『はじめての人のJ-REIT 基礎知識&儲けのポイント 』がある。

HP: http://www.kotonakitano.com/
blog: http://blog.livedoor.jp/kotonakitano/

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: FP的不動産投資の基本的考え方②~不動産投資を始めるためのポイント~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.19】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 3 ホーチミンの不動産マーケット

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/1/28 HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 第十回:民泊でも融資ひけるの?

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: アジア新興国での不動産投資~フィリピン~

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 3.空室対策は、「自分を知り」「相手を知り」「手段を知る」

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ