末永 照雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

あなたの土地は「稼げる土地」? —金持ち地主でありつづける方法—

土地はまだまだ上がる?

このコラムをご覧の方のなかには、すでにいくつかの不動産をお持ちの方もいらっしゃるでしょうし、これから不動産投資をはじめようとする方もいらっしゃるでしょう。

そんなみなさんに共通して関心があることといえば、今後の地価の変動についてでしょう。

今は不動産が活況といわれますが、まだまだ全体的に地価上昇が続くのか、はたまた下がってしまうのか。そして自分の土地は上がるのか下がるのか・・・

私はこの先、「稼げる土地」と「稼げない土地」の二極化の時代がくると思っています。

「土地の二極化」の時代

「稼げる土地」とは、家賃収入など利益を生み出すことのできる土地、それができない土地が「稼げない土地」です。

今、日本は長いデフレ時代を脱却し、にわかに好景気ムードに包まれて不動産も上昇傾向にあります。

〈関連コラム〉不動産価格は“ムード”で決まる! 今は買いどき? それとも…
http://toushi.homes.co.jp/column/suenaga-teruo/suenaga04/

column_vol.7_fig_1私は、この上昇ムードも一時的なことだと思います。冷静に考えればこの先も少子高齢化は止まりませんし、残念ながら過去のような大きな経済成長は望めません。それらのことを考えると、人が集まる(住みたい)場所(=「稼げる土地」)は絞られてきます。

具体的には、東京都心を中心に近隣の繁華街と通勤圏内の駅から近い住宅地、地方でも一部の大都市中心地周辺などは人に選ばれる「稼げる土地」になるでしょう。地価は現状維持、もしくはやや上昇することもあるでしょう。

それ以外は、残念ですが「稼げない土地」になる可能性が高いと思います。地価もゆるやかに下がっていくと思われます。

アパートは「建てられません」

私が会長をつとめる株式会社アミックスに、都内に住む土地オーナー様から「所有する土地にアパートを建てたい」とのご相談がありました。

column_vol.7_fig_2建築予定地は、東京都区内で都心のターミナル駅から約20分、最寄り駅から徒歩30分です。

結論からいうと、そこはアパート向きの土地ではありません。オーナー様にはその旨をお話しし、お断りしました。

アミックスは、ほとんどの自社建築物件をサブリース(一括借上げ)で管理しており、オーナー様の契約期間中の収入を保証しています。

東京都内とはいえ都心から遠い・駅から遠いこのケースでは、仮にアパートを建築して新築のときは満室になっても、年数が経つにつれて空室が増えてくることが予想されます。

もちろん、アミックスでもアパートを建築することは可能です。実際に同じ条件でアパートを建てるハウスメーカーもあると思います。でも、アミックスはいずれ経営が悪化すると予想される物件のサブリース契約はできません。

オーナー様にはお断りの理由を説明し、ご理解いただいたうえで、「では、この土地はどうしたらいいのか」とのご相談を受けました。

答えは「資産の組み替え」

所有している土地が、将来性のない土地=「稼げない土地」だった場合、どうしたらよいのでしょう。

遊ばせておけば負担がかさむだけ。いずれ来る相続の問題もあります。かといって賃貸経営は難しい・・・さあ、どうする?

column_vol.7_fig_3その答えは「資産の組み替え」です。

該当の土地は、アパート用地としては適さないけれど、ほかの用途(戸建住宅など)としては十分に需要があります。それなら、土地を売却して、その資金をもとに「稼げる土地」を買えばよいのです。

この場合の「稼げる土地」は土地でなくてもかまいません。土地のほか、店舗やオフィス、中古のアパートやマンションなど、立地と利回りのよい将来性のある不動産であればよいのです。

将来性のある不動産を購入し、長期にわたって安定した収益をあげることができれば、次世代につながる優良な資産を形成することができます。これが「資産の組み替え」です。

組み替えるなら“今”

そして「組み替え時」は今です。

今後、地価が下がりはじめると、「稼げない土地」の売却は大変むずかしくなります。そうなってからでは遅いのです。もし、ご自分の土地が「稼げない土地」であるなら、今のうち、売れるうちに売却し、資産を組み替えるべきなのです。

kanemochibook昨年、資産の組み替えについての冊子をまとめました。タイトルは「金持ち地主でありつづける方法」です。

ご興味のある方には無料でお送りいたします。(先着10名様とさせていただきます)下記問い合わせフォームよりお気軽にお申し込みください。

「金持ち地主でありつづける方法」お申し込み先

アミックス問い合わせフォーム
http://www.amix.co.jp/0620contact_shiryo.html

お問い合せ内容の欄に「HOME’S冊子希望」とご記入のうえ、お送りください。(※欄は必須項目ですので、ご記入をお願いします)

【このコラムの著者】

末永 照雄

株式会社アミックス 代表取締役社長
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
特定非営利活動法人 IREM JAPAN副会長

昭和31年8月2日、東京生まれ。上智大学在学中、実家である不動産会社の手伝いを機に不動産事業をはじめる。大学卒業後、株式会社アミックス入社。会社経営に参画しながら、独自の視点で不動産投資を展開し、成果をあげる。現在はその豊富な知識と経験をもとに、投資や経営のアドバイザーとして、セミナーでの講演や相談会など積極的に活動中。趣味はジョギング・水泳・登山。

□ブログ:
アミックス社長ブログ「オーナー様へお伝えしたいこと」
http://www.amix.co.jp/blog/

□個別相談会:
金持ち地主でありつづけるための「土地オーナー様個別無料相談」
http://www.amix.co.jp/soudan/

□著書:
「少子化時代に成功する賃貸住宅経営は、東京圏・単身者・アパートしかないんです!!」

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

金井規雄

シリーズ連載: アメリカ不動産投資のすべて

最新コラム: なぜ、アメリカ不動産投資なのか?

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 『2022年問題』はソフトランディングするのか?

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.20】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 4 ホーチミンの不動産で狙うべき場所は?

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/9/23 LIFULL HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第一回「海外では管理しやすい物件を選ぶのが鉄則」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 民法改正と賃貸経営、ここに注意!

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 7.不動産投資の「やめどき」はいつ?

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ