末永 照雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

投資はタイミング! 「太陽光発電」から学ぶことは・・・

人気の反動でかけられた規制

つい先日、太陽光発電について、一部の電力会社が新規の申請を保留するというニュースが話題になりました。

購入時の土地

購入時の土地

実は私も、少しだけ太陽光発電に投資をしています。

もちろん私の専門は不動産投資ですが、2012年に「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が施行されたときに「これはいい投資になるのでは」と思ったのです。

私と同じように思った人は多かったようで、施行当初から太陽光発電人気はうなぎ登り。人気の理由は政府の決めた高めの買取価格が20年間保証されること、設備導入時の費用が一括償却できることなどです。

再生可能エネルギーといっても、風力や火力、バイオマス発電なんて一般の人は参入できませんから、比較的簡単な太陽光発電に人気が集中し、受け入れができなくなったのでしょう。そのため「新規申請の保留」という事態になったようです。ただ、近いうちにどの電力会社も買取を再開するとのこと。ひと安心というところでしょうか。

約7%の利回りで運用、20年間安定した収益を得る

整地後にフェンスで囲い、ソーラーパネルを設置

整地後にフェンスで囲い、ソーラーパネルを設置

太陽光発電のために私が購入したのは、北関東にある約700㎡の土地。一年を通して日照時間が長い場所です。そこに発電設備を設置しました。

20年間というと設備の故障や破損の心配もありますが、保険でカバーされます。太陽光発電のメリットといえば売電収入や設置費用の一括償却などですが、それに加えて、設置すればあとはほとんど手がかかりません

購入時のシミュレーションでは、7%を超える利回りで運用可能で、20年間で差し引き約900万円ほど手元に残る予定となっています。太陽光発電は月単位でみると発電量が大きく変化しますが、一年を通してみるとそれほど変化がないため、20年間の予想がかけ離れるということもありません。

column_vol.8_fig_3また、発電量や売電収入が気になる場合、簡単にチェックできるサービスもあります。

これは「エコめがね」というサービスです。インターネットで、いつでも好きなときに発電量や売電状況を確認することができます。ちょっと楽しいので、私も時々見ています。

投資はすべてタイミング! 時機を逸さない目を養う

私の場合、比較的早い時期から太陽光発電への投資の準備をすすめていたので、「新規申し込みの保留」のニュースに驚かされることもありませんでしたが、申請を前提として土地を購入したばかりの人は、さぞ心配だったことでしょう。

すべてに当てはまると思いますが、投資はタイミングが重要です。

とくに今回の太陽光発電の場合、買取額は年を追うごとに少しずつ下がる設定になっていますから、なるべく早くはじめたほうが利回りがよいのです。人気が出すぎて飽和状態になれば、申請が通らないかもしれない。まさに「早い者勝ち」

column_vol.8_fig_4不動産投資も同じです。投資は博打ではありませんから充分な検討が必要ですが、考えすぎてタイミングを逃すと、他の人に先を越されることも多いのです。

私はこれまでたくさんの不動産投資をしてきましたが、今でも勉強の日々です。見る目を磨いて「これだと思ったら逃さない」、そうありたいと願っています。

【このコラムの著者】

末永 照雄

株式会社アミックス 代表取締役社長
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
特定非営利活動法人 IREM JAPAN副会長

昭和31年8月2日、東京生まれ。上智大学在学中、実家である不動産会社の手伝いを機に不動産事業をはじめる。大学卒業後、株式会社アミックス入社。会社経営に参画しながら、独自の視点で不動産投資を展開し、成果をあげる。現在はその豊富な知識と経験をもとに、投資や経営のアドバイザーとして、セミナーでの講演や相談会など積極的に活動中。趣味はジョギング・水泳・登山。

□ブログ:
アミックス社長ブログ「オーナー様へお伝えしたいこと」
http://www.amix.co.jp/blog/

□個別相談会:
金持ち地主でありつづけるための「土地オーナー様個別無料相談」
http://www.amix.co.jp/soudan/

□著書:
「少子化時代に成功する賃貸住宅経営は、東京圏・単身者・アパートしかないんです!!」

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

金井規雄

シリーズ連載: アメリカ不動産投資のすべて

最新コラム: なぜ、アメリカ不動産投資なのか?

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 『2022年問題』はソフトランディングするのか?

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.20】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 4 ホーチミンの不動産で狙うべき場所は?

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/9/23 LIFULL HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第一回「海外では管理しやすい物件を選ぶのが鉄則」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 民法改正と賃貸経営、ここに注意!

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 7.不動産投資の「やめどき」はいつ?

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ