末永 照雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

新興国の将来利回りに期待する。ベトナム不動産投資(1)

急成長を遂げるアジア新興国

こちらのコラムでも度々取り上げてきましたが、今後人口減少が加速する日本では、一部の「稼げる土地」と多くの「稼げない土地」にわかれ、将来的に価値の上がる土地はとても少なくなっていくと思われます。

 あなたの土地は「稼げる土地」? -金持ち地主でありつづける方法-
 投資家と地主さんのための「資産の組みかえ」

では、投資できる不動産が日本に少ないなら、海外へ目を向けてはいかがでしょう。

海外のなかでも、注目はアジア諸国です。ベトナムやインドネシア、フィリピンなどの新興国は、今、急激に経済成長を遂げています。発展途上であるがゆえに潜在的な成長力は測りしれません

その成長を支えているのは若者です。たとえば、ベトナム国民の平均年齢は28歳。日本人の平均年齢は45歳ですから、いかに子どもや若者が多いかがわかります。若者は国が発展する原動力です。今は発展途上でも、このままいけば数十年後には大きな力をつけていくことでしょう。

column_vol.13_fig_1

column_vol.13_fig_2

ベトナム(上)と日本(下)の人口ピラミッド *CIA「The World Fact Book」より

そんな経済成長中の国だからこそ、新興国の収益不動産は大きな魅力を秘めています。

収益不動産の購入には、家賃収入から諸経費を差し引いて計算した「実質利回り」と合わせて、「将来利回り」も重要なポイントとなります。「将来利回り」とは、将来の物件価値や入居状況、家賃の変動などを加味した予想利回りのことです。

経済成長にともないインフレの続く新興国では、物価上昇に合わせて家賃も上昇するでしょう。仮に6%物価が上がれば、6%以上家賃が上がる可能性があります。家賃が上がれば利回りも上昇します。たとえば、購入したときの利回りが4%ほどだったとしても、何年かかけて家賃が2倍になれば、利回りも2倍になる計算です。

実際に日本でも、高度成長期に多くの投資家が先んじて優良な不動産を購入し、その後、日本の経済成長とともに大成功を収めた例が数多くあります。

アジア新興国の収益不動産は、現在の利回りの良し悪しで評価するのではなく、将来への投資、つまり、将来利回りへの期待なのです。

ベトナムに進出する日系企業

そして今回、私自身が投資を検討しているのがベトナムのマンションです。2015年7月からは外国人の投資も可能になったこともあり、ここ最近、私も何度かベトナムを訪問しています。

column_vol.13_fig_3

行ってみて感じたのですが、ベトナムは本当に活気にあふれています。子どもや若者の姿が多く、昭和30〜40年代のまさに高度成長期の日本のようでした。

経済の分野でも日本とのつながりが深く、現在、ベトナムには数多くの日系企業が進出しています。以前は中国に工場を構えた企業も多かったのですが、近年では中国での人件費が高騰しているため、より人件費の安いベトナムなど他の国へ軸足を移しているのです。

column_vol.13_fig_4

ワーカー(一般工職)月額基本給 *JETRO資料より

そのため、日系企業が社宅として現地のマンションを借り上げることも多くなっています。私が投資を検討している分譲マンションも、完成後は管理会社を通じて日系企業へ貸し出す予定となっています。

日本より物価が安いとはいえ、馴染みのない海外の不動産を購入するのはやや不安もありますが、日系企業が借り上げてくれるのであれば安心感があります。

経済成長が押し上げる「将来利回り」

ベトナムは経済成長の真っ最中ですから、一時期のような急激な状態ではありませんが、今後もインフレが続いていくでしょう。

column_vol.13_fig_5

ベトナムGDP推移 *IMF’s World Economic Outlook Database. Sep. 2011 Editionより

一方で少子高齢化がすすむ日本は、ベトナムとは真逆です。人口減に歯止めはかからず、全体的に家賃は下がっていくでしょう。日本で収益不動産を購入しても、極端にいえば、10年後に家賃が半分になってしまったら、利回りも半分になってしまうのです。

ベトナムで収益不動産を購入する場合、為替や税制の問題、長期保有(10〜20年以上)の義務などいくつかリスクもあります。また、ベトナムではローンを組むことはできませんので、キャッシュでの購入のみになります。

それでも、これからどんどん伸びていく若い国での投資を視野にいれてみるのもよいのではないでしょうか。

日本人と通じる国民性

ベトナムの国民は大変親日的ですし、儒教の国だからでしょうか、どことなく日本人にも通じる奥ゆかしさがあります。それに加えて、悲しい戦争の歴史のなかでも世界で唯一アメリカに勝った国というプライドがあり、凜とした雰囲気も持ち合わせているように思います。

ここ数年、何度かベトナムを訪れて、私はこの国がとても好きになりました。強い自己主張もありませんから話もしやすいですし、料理もヘルシーで大変美味しいのです。収益不動産を縁として、日本とベトナムがもっと交流できるようになれればいいと思っています。

投資を検討している分譲マンション視察のため、近々ベトナムに行く予定です。視察後に実際の物件の様子もご紹介したいと思います。

【このコラムの著者】

末永 照雄

株式会社アミックス 代表取締役社長
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
特定非営利活動法人 IREM JAPAN副会長

昭和31年8月2日、東京生まれ。上智大学在学中、実家である不動産会社の手伝いを機に不動産事業をはじめる。大学卒業後、株式会社アミックス入社。会社経営に参画しながら、独自の視点で不動産投資を展開し、成果をあげる。現在はその豊富な知識と経験をもとに、投資や経営のアドバイザーとして、セミナーでの講演や相談会など積極的に活動中。趣味はジョギング・水泳・登山。

□ブログ:
アミックス社長ブログ「オーナー様へお伝えしたいこと」
http://www.amix.co.jp/blog/

□個別相談会:
金持ち地主でありつづけるための「土地オーナー様個別無料相談」
http://www.amix.co.jp/soudan/

□著書:
「少子化時代に成功する賃貸住宅経営は、東京圏・単身者・アパートしかないんです!!」

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

金井規雄

シリーズ連載: アメリカ不動産投資のすべて

最新コラム: なぜ、アメリカ不動産投資なのか?

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 『2022年問題』はソフトランディングするのか?

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.20】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 4 ホーチミンの不動産で狙うべき場所は?

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/9/23 LIFULL HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第一回「海外では管理しやすい物件を選ぶのが鉄則」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 民法改正と賃貸経営、ここに注意!

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 7.不動産投資の「やめどき」はいつ?

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ