末永 照雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

稼げない土地の活用術「トランクルーム」

発想を転換して土地活用

大都市圏の周辺地域で駅からも徒歩圏内、そんな条件に当てはまる一部の土地以外では、今後アパートやマンションの経営は厳しくなることが予想されます。

そしてそんな「稼げない土地」を所有されている地主さんには、お持ちの土地を売却して「稼げる土地」を購入する「資産のくみかえ」をご提案してきました。

参照:あなたの土地は「稼げる土地」? —金持ち地主でありつづける方法—
安定収益を上げ続ける「稼げる土地」は、今後、繁華街と通勤圏内の駅から近い住宅地と地方の大都市中心地周辺に絞られるでしょう。それ以外の土地は「資産の組みかえ」をおすすめします。(全文はこちら

参照:人口減少が不動産市場にもたらすもの —1 キーワードは「二極化」
少子化に歯止めがかからない日本では、近い将来、人気のある土地に極端に人が集中する「土地の二極化」が起こってくると思います。(全文はこちら

参照:人口減少が不動産市場にもたらすもの —2 ピンチはチャンス!!
土地の二極化がすすんだとしても、地主さんや投資家にはチャンスがあります。地主さんは資産を組みかえ、投資家は地主さんの手放した土地をアイデアで有効活用するのです。(全文はこちら

今回は発想を変えて稼げない土地を売却するのではなく、その土地で「稼げるしくみ」をつくり出すアイデアと可能性をご紹介したいと思います。

人口が減少していく今後、多くの人が住みかえてくると思われる駅近のマンションやアパートは、人気があり利便性の高い反面、あまり広さをのぞむことができません

そうなると困るのが収納スペースです。荷物をしまうには、コンパクトな押し入れや狭いベランダだけではとても足りません。

column_vol.15_fig_1そんなときに助けとなるのが家庭向けの貸倉庫「トランクルーム」です。実はアメリカではかなり一般的で、多くの人がすでにトランクルームを利用しています。

日本でも最近は需要が急増し、トランクルームを取り扱い、上場するまでになった会社もあります。私自身も借りていますが、出し入れが自由でとても重宝しています。近頃は空調の効いた施設も多く、今後ますます需要が増えてくると思います。

稼げない土地には「稼げるしくみ」を

column_vol.15_fig_2トランクルームには毎日通うわけではないので、駅近でなくてもかまいません。その代わり、自動車で荷物を出し入れするための駐車スペースが必要で、ある程度広い敷地が適しています。

もし、所有している土地が「大都市や繁華街からやや離れている」「駅から遠い」などの条件に該当し、それでも売却をためらうのであれば、トランクルームとして活用してはどうでしょうか? 稼げない土地でトランクルームのような「稼げるしくみ」をつくりだせばいいのです

「長期入居」の可能性も

私の経営する株式会社アミックスでも、アパート建築のノウハウを活かし、今後トランクルーム事業を展開していきます。図面や収支計画はこれからですが、宣伝効果も考え、まずは交通量が多く目に付きやすい場所で始める予定です。将来は新しいビジネスとして成長してくれると期待しています。

一時期「断捨離(だんしゃり)」という言葉がはやりました。また、片付けの書籍もヒットしています。このことからわかるように、多くの人は、物を捨てることがあまり得意ではありません。「もったいない」のです。

column_vol.15_fig_3また、高齢化がすすむと個人の持ちものも増えてきます。さらに、過去の想い出のつまったもの、家族や親しい人の遺品など、この先使うことがないとわかっていても捨てられないものも多くあるでしょう。

そもそも捨てられない物をしまうわけですから、一度借りてくれれば、借り換えも少なく、長期契約になる可能性が大きいのもトランクルームの特長です

稼げない土地で、稼げるしくみをつくりだす。トランクルームにはそんな可能性があるのです。

【このコラムの著者】

末永 照雄

株式会社アミックス 代表取締役社長
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
特定非営利活動法人 IREM JAPAN副会長

昭和31年8月2日、東京生まれ。上智大学在学中、実家である不動産会社の手伝いを機に不動産事業をはじめる。大学卒業後、株式会社アミックス入社。会社経営に参画しながら、独自の視点で不動産投資を展開し、成果をあげる。現在はその豊富な知識と経験をもとに、投資や経営のアドバイザーとして、セミナーでの講演や相談会など積極的に活動中。趣味はジョギング・水泳・登山。

□ブログ:
アミックス社長ブログ「オーナー様へお伝えしたいこと」
http://www.amix.co.jp/blog/

□個別相談会:
金持ち地主でありつづけるための「土地オーナー様個別無料相談」
http://www.amix.co.jp/kobetsu/a011kobetsu.html

□著書:
「少子化時代に成功する賃貸住宅経営は、東京圏・単身者・アパートしかないんです!!」

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 20××年、ノストラダムスの大予言はあるのか?

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.15】 各国の不動産投資の現状 〜ミャンマー編 その2 経済状況について~

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 民法改正と不動産投資(1)~どうして変わるのか?

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/1/28 HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 第六回:失敗談その1-自分で銀行持込は禁物

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 海外不動産を活用した節税法の行方は?

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 大学の都心回帰

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

寺尾 恵介

シリーズ連載: 不動産投資の事業化計画

最新コラム: 12.【最終回】事業化のQ&A

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ