末永 照雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

アジア新興国での不動産投資~カンボジア~

若者が支える国、カンボジア

人口が増え続け、活気にあふれるアジア新興国は、今後大きな経済成長が期待できます。私は数年前からアジア各国をまわり、不動産を視察しています。
(関連記事:ベトナム不動産投資(1)(2)

今回は、今年5月初旬に訪れたカンボジアでの様子をご紹介いたします。

インドシナ半島に位置するカンボジア。熱帯、モンスーン気候帯に属し、1年を通して蒸し暑い地域です。人口は約1,500万人、東南アジア諸国と比べてもそれほど人口の多い国ではありません。

ASEAN諸国の人口(単位:万人)

平均年齢をみると、日本の46歳に対してカンボジアは24歳。ASEANの平均年齢29歳と比べても極端に低いことがわかります。

これは、ポルポト政権下での大粛清により、人口800万人のうち200万人以上が亡くなったとされる不幸な歴史があったためで、年齢構成を見ると35歳以上が極端に少ない不自然な形をしています。

開発途上の街なみ

カンボジアの首都プノンペンへは、成田空港から約6時間半で到着します。

プノンペンも他のアジア諸国と同じように、暑さと湿気、そして、人々のあふれかえるような熱気が私達を迎えてくれます。

東南アジア新興国に行くと、たいていは交通渋滞に巻き込まれることになりますが、ここカンボジアも例外ではなく、時間によっては激しい渋滞となります。

インフラ整備が追いついていないため、信号のない交差点や、信号があっても点灯していない交差点なども多く、現地の人が上手い具合に衝突を避けて行き来している様子は曲芸のようでもあります。

プノンペンには、日本企業も多数進出しています。

2014年にオープンした「イオンモール プノンペン」は、カンボジアでも最大規模のショッピングモール。イオンプノンペン店や専門店、レストラン、フードコートのほか、シネコンやスケートリンクなども備えた総合的な施設で、日本からも多く出店しています。

日本と同じように、カンボジアの若い人々にとっても、ショッピングモールで過ごすこともレジャーの一部になっているようです。

大規模な開発が進む一方で、すぐそばにはスラム街も残っています。富める者と貧しい者とが混在する様子も、東南アジアでよく見られる光景です。

投資に適した将来性の高いマンション

はじめに向かったのは、外交官などが多く住む高級住宅街。日本だと青山や表参道あたりでしょうか。建築しているのはレジデンス(高級)タイプのマンションです。

再開発のすすむ都市部でも、ここは特に立地がよく、かなり人気があるようです。

次に向かったのは、日本でいうとお台場や豊洲のような大規模開発地域に建築中のマンションとオフィス

建物の内部に入り、現地スタッフの説明を聞きながら、細かく見ていきます。

建築中のマンションからは、雄大なメコン川と急ピッチですすむ地域の開発が一望できます。

徒歩圏内にはショッピングモールもあり、さらに数年後には、大使館や学校も開設される予定です。

開発プロジェクトが完了し、周辺一帯の整備が整えば、日本を含め海外からの多くの企業の進出も期待できます。マンションの資産価値はさらに上昇するでしょう。

アジア新興国への共鳴と期待

今回、プノンペンの不動産を視察・検討した結果、区分所有の事務所を購入することにしました

日本と違って面白かったのは契約のときです。カンボジアでは契約書類一枚一枚に青い朱肉で拇印を押すのです。印鑑やサインと違って個人を特定できるうえ、印鑑のように忘れたり紛失したりすることがないので、合理的かもしれません。

人口減少に歯止めがかけられない日本に比べ、若く、そして大きな成長が期待できる東南アジアは、まだまだ多くの可能性を秘めています。私はアジア新興国を訪ねるたび、地域に生きる若い人々の強いエネルギーに共鳴し、彼らに投資してみようと考えるのです。

[出典]
https://www.google.co.jp/maps
外務省 目で見るASEAN-ASEAN経済統計基礎資料-
http://www.populationpyramid.net/

【このコラムの著者】

末永 照雄

株式会社アミックス 代表取締役社長
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
特定非営利活動法人 IREM JAPAN副会長

昭和31年8月2日、東京生まれ。上智大学在学中、実家である不動産会社の手伝いを機に不動産事業をはじめる。大学卒業後、株式会社アミックス入社。会社経営に参画しながら、独自の視点で不動産投資を展開し、成果をあげる。現在はその豊富な知識と経験をもとに、投資や経営のアドバイザーとして、セミナーでの講演や相談会など積極的に活動中。趣味はジョギング・水泳・登山。

□ブログ:
アミックス社長ブログ「オーナー様へお伝えしたいこと」
http://www.amix.co.jp/blog/

□個別相談会:
金持ち地主でありつづけるための「土地オーナー様個別無料相談」
http://www.amix.co.jp/kobetsu/a011kobetsu.html

□著書:
「少子化時代に成功する賃貸住宅経営は、東京圏・単身者・アパートしかないんです!!」

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: FP的不動産投資の基本的考え方②~不動産投資を始めるためのポイント~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.19】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 3 ホーチミンの不動産マーケット

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/1/28 HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 第九回:土地・建物の評価はどうする?

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産売却の際に知っておきたいこと

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 3.空室対策は、「自分を知り」「相手を知り」「手段を知る」

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ