末永 照雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

アジア新興国での不動産投資~フィリピン~

変わりゆくフィリピン

これまで、ベトナム・カンボジアとアジア新興国での不動産投資についてご紹介してまいりました。今回は、大きく変わりつつあるフィリピンの様子をご紹介したいと思います。

・関連記事:ベトナム不動産投資(1)(2)
・関連記事:アジア新興国での不動産投資~カンボジア~

みなさんは、フィリピンという国にどんなイメージをお持ちでしょうか? 犯罪、貧困、スラム…… そんなネガティブなイメージを持っている方が多いのかもしれません。

私が以前、訪れたときに見たフィリピンも、やはりネガティブな印象をぬぐえない国でした。ところが、今回の訪問で、そのイメージは大きく変わることになりました。

将来を支える労働力

フィリピンの人口は約1億人、平均年齢は23歳で、日本の46歳と比べても圧倒的に若い国です。年齢別の人口グラフでも、日本とは違い、きれいなピラミッド型を描いています。

GDPの成長率を見ても、他の東南アジア諸国と同様に高い成長率を保っていることがわかります。

子どもや若者が多いフィリピン。将来をになう豊富な労働力こそ、これからも続く経済成長の原動力になると期待されているのです。

フィリピンの首都マニラを訪れたのは今年6月初旬のことです。成田を出発して4時間40分のフライトは、同じアジアでもベトナムやインドネシアなどに比べるとかなり近く感じます。

 

西海岸を思わせる風景も

空港をはなれホテルに向かう車中で目にするのは、高層ビルの立ち並ぶ大都市の風景です。他の東南アジア同様、スラム街もあるものの、私たちの宿泊するホテル近辺には、整備されたショッピングモールや背の高いビルが建ち並んでいます。

街中いたるところで再開発がすすみ、建築中のビルやマンションが数多く見られます。

建設中のトランプ・タワー

建設中のトランプ・タワー

ちなみに、私たちが視察に訪れたこちらのビルは、かのトランプ・タワー。世界各地に建設されていますが、アジア初のトランプ・タワーはここフィリピンで建設されています。

郊外では大規模な街づくりもすすんでいます。タワーマンションを中心とした一帯には、ショッピングモールや公園、バスケットコート、フットサル場などが整備されています。日本のお台場や湾岸地域を思わせるようなきれいな街です。

日差しのやわらいだ夕暮れのなか、整然とした街並みと、思い思いに自転車に乗り、散歩や公園でくつろぐ人たちは、アメリカ西海岸を感じさせるような景色となっていました。

トランプ・タワーからの景色

トランプ・タワーからの景色

英語が後押しする経済成長

他の多くのアジア諸国と違い英語が公用語となっているフィリピンは、人件費も安く、欧米に向けたコールセンターなどのサービスも好調なようです。言葉の壁がないことで、今後グローバル化がすすむアジア地域のなかでも、大きな経済成長の要因となるでしょう。

もちろん、すべてが成長し発展しているわけではありません。車中からは、低所得者層と思われるバラックが立ち並ぶ地域も多く見られます。急速な近代化のなかで、貧富の差はさらに激しくなり、富める者と貧しい者の格差は拡大しています。ひどい交通渋滞は、もとより、いまだに貧困や犯罪など根深い問題を抱えているのも、この国の姿だと思います。

将来性の高い不動産投資

今回のツアーメンバー

今回のツアーメンバー

今回視察したなかで、私はいくつか物件の購入を決めました。フィリピンは予想を上回る勢いで経済成長を遂げ、人口も増えています。街中が建設ラッシュで、地下鉄などインフラの整備も急ピッチですすんでいます。これほど急速に変貌しているのであれば、もっと早く投資を始めていても良かったとも思います。

今回購入した1DK タイプのアパート

今回購入した1DK タイプのアパート

お世話になった「ハロハロホーム」の方々と

お世話になった「ハロハロホーム」の方々と

簡単にできる株式投資

今回の視察では、もうひとつ株式投資という目的がありました。海外での株式投資というと敷居が高そうですが、フィリピンでは私たち日本人も比較的簡単に投資することができます。経済成長とともに株も育ってくれることを期待し、少額ですが私もフィリピン株式を始めてみました。

若い力に感じる未来

日曜の夕方、予定の視察を終え訪れたのは、現地で人気の「ムービースターズカフェ」です。今回アテンドしていただいた、「ハロハロホーム」さんが経営する、ハリウッド映画をコンセプトにしたカフェレストランです。休日の夕方ということもあり、若い家族連れで一杯でした。

ハリウッド映画だけでもなく日本のアニメーションも人気が高く、店内ではたくさんの若い人たちが食事を楽しんでいます。その姿に、この国の確かな将来を予感することができたのです。

[出典]
https://www.google.co.jp/maps
https://www.google.co.jp/publicdata/( データ元: 世界銀行)
http://www.populationpyramid.net/

【このコラムの著者】

末永 照雄

株式会社アミックス 代表取締役社長
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
特定非営利活動法人 IREM JAPAN副会長

昭和31年8月2日、東京生まれ。上智大学在学中、実家である不動産会社の手伝いを機に不動産事業をはじめる。大学卒業後、株式会社アミックス入社。会社経営に参画しながら、独自の視点で不動産投資を展開し、成果をあげる。現在はその豊富な知識と経験をもとに、投資や経営のアドバイザーとして、セミナーでの講演や相談会など積極的に活動中。趣味はジョギング・水泳・登山。

□ブログ:
アミックス社長ブログ「オーナー様へお伝えしたいこと」
http://www.amix.co.jp/blog/

□個別相談会:
金持ち地主でありつづけるための「土地オーナー様個別無料相談」
http://www.amix.co.jp/kobetsu/a011kobetsu.html

□著書:
「少子化時代に成功する賃貸住宅経営は、東京圏・単身者・アパートしかないんです!!」

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 住宅メーカー秋の陣 大和ハウス VS 積水ハウス ~最新賃貸住宅見学会レポート~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.20】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 4 ホーチミンの不動産で狙うべき場所は?

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017年9月23日開催 LIFULL HOME'S不動産投資フェアのお知らせ

最新コラム: 招待講師の追加講演が決定!!「資産規模拡大に必要なノウハウ」を公開!

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 第十一回:ローンコンサルの賢い使い方

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 日本不動産と米国不動産、相違点と類似点は?

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 5.ぼくの失敗を知りたい人も多いので・・・。

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ