末永 照雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

新興国の将来利回りに期待する。ベトナム不動産投資(3)

活気あふれる「ベトナム」、再訪

ベトナムでは2015年7月から外国人投資家による不動産購入が可能になりました。

・関連記事:ベトナム不動産投資(1)(2)

よい機会でしたので、私も有志を募り、海外不動産投資の勉強をかねて、ベトナム不動産共同購入プロジェクトを進めていました。いよいよ購入のマンションが完成し、引き渡しの時期となりました。そこで今回、プロジェクトメンバーとともに再度ベトナムを訪れたのです。

蒸し暑さと轟くバイクの大群が、ベトナムを感じさせてくれます。この国では、元気で騒々しいバイクの音が早朝から深夜までで鳴り止むことはありません。

移動中、車窓から見える街並みが急速に変貌していることがわかります。建設中だったビルは完成し、古い低層住宅やバラックが続いていた景色は次々と更地になり、その後には現代建築のショールームのような新しい建物がたち並びます。

私たちのツアーは購入したマンションに到着しました。私の想像を超える完成度です。

完成したマンション

周辺はまだ整備途中でしたが、将来の街並みを予想させるたたずまいは、にぎやかなベトナムにあっても、落ち着きと高級感を感じさせてくれます。

部屋からの眺めも申し分ありません。窓から一望できるホーチミン市内は、いたるところで開発が進み、建設中のビルも多く見ることができます。

ところで、一年前の2016年に視察したとき、建築現場はまだこんな様子でした。(丸印が今回完成したマンションです。)

心配というほどでもありませんが、若干の不安もありました。ここは日本とは違います。トラブルや納期の遅れなど、多少の不具合が起きても不思議ではないと思っていました。

それだけに、たった一年で想像以上に完成度の高いマンションを見られたのは嬉しい限りです。

この部屋はベトナムで事業をしている日本人ファミリーが借りてくれました。管理は日本の会社にまかせていますので、何かあっても適切に対応してくれるでしょう。
立地がよく、整備が行き届き、暮らしやすい街にあるマンションです。設備も充実していますので、これから人気の物件になることを期待しています。

写真は、今回のツアーにご参加いただいたみなさんです。(参加されていないメンバーもご安心ください。立派に完成しております!)

今回のツアーメンバー


 

かき立てられる投資への意欲

このところ、東南アジアの新興国を訪れ、多くの不動産物件を視察してきました。日本は豊かで成熟している反面、これからの大きな経済成長は望めず、人口減少にも歯止めがかかりません。それに比べ、発展途中ながら、たくさんの若い労働力を原動力に、大きく変化し成長しようとするアジア新興国。私はその姿を見ると、次の不動産投資への意欲をかき立てられるのです。

【このコラムの著者】

末永 照雄

株式会社アミックス 代表取締役社長
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
特定非営利活動法人 IREM JAPAN副会長

昭和31年8月2日、東京生まれ。上智大学在学中、実家である不動産会社の手伝いを機に不動産事業をはじめる。大学卒業後、株式会社アミックス入社。会社経営に参画しながら、独自の視点で不動産投資を展開し、成果をあげる。現在はその豊富な知識と経験をもとに、投資や経営のアドバイザーとして、セミナーでの講演や相談会など積極的に活動中。趣味はジョギング・水泳・登山。

□ブログ:
アミックス社長ブログ「オーナー様へお伝えしたいこと」
http://www.amix.co.jp/blog/

□個別相談会:
金持ち地主でありつづけるための「土地オーナー様個別無料相談」
http://www.amix.co.jp/soudan/

□著書:
「少子化時代に成功する賃貸住宅経営は、東京圏・単身者・アパートしかないんです!!」

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

金井規雄

シリーズ連載: アメリカ不動産投資のすべて

最新コラム: なぜ、アメリカ不動産投資なのか?

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 『2022年問題』はソフトランディングするのか?

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.20】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 4 ホーチミンの不動産で狙うべき場所は?

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/9/23 LIFULL HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第一回「海外では管理しやすい物件を選ぶのが鉄則」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 民法改正と賃貸経営、ここに注意!

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 7.不動産投資の「やめどき」はいつ?

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ