鈴木 学の不動産投資コラム

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

第八回:海外のメガバンク、地銀、信金、ノンバンク事情

一口に「銀行」と言っても、その中には様々な業態、カテゴリーの銀行が含まれます。日本には市中銀行として、都市銀行、第一・第二地銀、信金・信組、ノンバンク、ネット銀行、外銀などが存在し、それぞれが、融資を通じて不動産投資のパートナーになりえます。

海外ではどうか?銀行は所属国の金融政策の影響を受けるため、それぞれ「お国柄」はありますが、不動産投資家として概念的に理解する限り、基本形は日本と大差はありません。

Major banks(都銀に相当)
Regional banks(地銀に相当)
Credit union/Credit cooperatives(信金信組に相当
Non banks/Private Equity(ノンバンクに相当)

海外銀行のビジネスモデルや融資審査も、規模の影響を受けるという意味でいえば、日本に似ているかもしれません。

大きな銀行ほど、国内外に支店網を持ち、大口や優良顧客を多数持つため、住宅ローンの1つ2つ位の付き合いだと「たくさん居る顧客のうちの一人」なので特別扱いしてもらえません。融資審査も行内ルールに基づき半ば機械的に行なわれます。

一方、小さな銀行ほど地域密着で、一人ひとりの顧客と濃い付き合いをする傾向があります。ただ、日本に住み海外不動産を買って融資づけする想定だと、彼らのお世話になる機会は少ないでしょう。

外資系銀行は、自国の銀行とは違う切り口で融資することがあります。私はかつて、オーストラリアで物件買う際、同国の大手銀行で融資断られた後に、米銀シティバンクで同じ資料で融資を通した経験があります。

ノンバンクになると、通常の銀行とは違う切り口で審査し、何かと融通がきいて結論も早い、その代わり利率は高くなる傾向があります。通常の銀行で融資が通らない際の「すべり止め」や「つなぎ融資」のオプションとしては重宝します。

なお、日本在住の場合、外銀の日本支店から融資をひくチャンスがあるかもしれません。たとえば、つい最近まではNAB(ナショナルオーストラリア銀行)の東京支店がオーストラリア物件の不動産担保融資を出していましたが、残念ながら、リテール部門を閉鎖してしまいました。今後、本国の方針によっては復活もありえるので、常に情報網を張っていこうと思います。

なお、上記は、概念としてざっくり理解しておけば良いでしょう。実際の海外不動産融資に際しては、購入する物件の場所や価格帯、時期によって使える融資オプションが変わってくるので、仲介業者の紹介する銀行スタッフや、ローンコンサルタントのアドバイスを聞きながらすすめることになります。

【このコラムの著者】

鈴木 学

アジア太平洋大家の会 会長
1968年千葉県生まれ。一橋大学社会学部卒業。
卒業後、ITエンジニア・マネジャーとして、日本、豪州、中国、米国、インドの5ヶ国で勤務経験あり。海外在住経験は8年間。 2002年、豪州シドニーで不動産を買い賃貸に出し、日本から遠隔管理して自信をつけたことを皮切りに、現在では、日本、オーストラリア、米国、タイ、英国、ドイツに、計21室を所有・経営するグローバル大家。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: FP的不動産投資の基本的考え方④~不動産投資を成功に導くために~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.19】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 3 ホーチミンの不動産マーケット

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 未公開物件・掘り出し物件の不思議

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017年9月23日開催 LIFULL HOME'S不動産投資フェアのお知らせ

最新コラム: 招待講師の追加講演が決定!!「資産規模拡大に必要なノウハウ」を公開!

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産売却の際に知っておきたいこと

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 土地値の大型物件は出口で儲かるか?

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: アジア新興国での不動産投資~フィリピン~

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 4.強みを生かした不動産投資?

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ