右手 康登の不動産投資コラム

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

HOME'S不動産投資コラム

島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

IREM JAPAN 東京支部長の右手(うて)です。
少々お久しぶりの投稿となってしまいました。

この期間、色々な活動があり、バタバタと過ごしておりました。

2月末から3月の初めには、シンガポール・マレーシア(ジョホールバル)を視察していました。

シンガポール金融街の様子

シンガポール金融街の様子

マレーシア・ジョホールバルの街並

マレーシア・ジョホールバルの街並

3月中に福岡、札幌へ、4月の初めは高松へ

高松 金毘羅宮

高松 金毘羅宮

そして、4月の初旬には、ワシントンDC、ニューヨークの視察。

ワシントンDC

ワシントンDC

ニューヨーク ウォール街 

ニューヨーク ウォール街 

(新しいワールドトレードセンタービルが、際立って高く立っています)

4月中旬には、3回目の出版記念セミナーを実施し、

2014/4/19 出版記念セミナー

2014/4/19 出版記念セミナー

4月末には、再度札幌での収益物件購入検討。

そんな中で、米軍座間キャンプ内で開催された「東日本親善ハーフマラソン」に参加。
もぅ、こんな具合ですから、バタバタしているというのは正確なところだと思います。

そして5月には、京都でIREM JAPANの総会が開催されます。

色々とお伝えしたいことは沢山ありますが、最近特に感じていることを記させていただきます。
それは、「わたしたちが、当たり前のことだと認識していることが、必ずしも世界基準(グローバルスタンダード)ではないことが多い」ということなのです。

島国日本。
日本は島国ですが、今はインターネットも普及し、格段に世界の情報を手にすることができるはずです。しかし、意外にも我々が目にしたり、手にできる情報は、私たち日本人や、この日本の国に限られたものであったりするということなのです。

ですから、積極的に情報をとりにいく行動が求められています。
世の中の動きに敏感でなければ、動きや方向性を予測しても正確さを欠きます。

「不動産投資」ということをテーマに、皆さんはこれらの不動産投資コラムをご覧になっているのでしょうが、結局のところ、「いかに財産を築くことができるか、増やすことができるか、何が得なのか、どのくらいのリスクがあるのか、どのくらいのリターンが期待できるのか」、などなどが気になる訳です。
これが正解という答えを導き出すことは、難しいことではあります。しかし、セオリーと言われるものはあります。それらセオリーの基本を知り、応用させて、最終的にはシンプルに見直すことが重要です。

5月末に京都において、IREM JAPANの総会を行ないますが、その前日にセミナーを行ないます。
海外の不動産投資事情について、アメリカ、ハワイ、上海、台湾よりスピーカーをお呼びして開催します。
http://irem-japan.org/user/20140529s.pdf

我々、CPM®CCIM®資格保持者は、グローバルスタンダードな投資分析のスキルを身につけています。そのスキルを活かす場として、海外の不動産市場の状況を知ることは一つの大切な情報となります。

これらの情報に興味のおありの方、特に関西地域の方は是非ともご参加ください。
お問合せは、IREM JAPAN事務局まで 03−5422−8404

【このコラムの著者】

右手 康登

NPO法人 IREM JAPAN 理事 兼 東京支部長
1963年 生まれ 駒沢大学経営学部卒
1987年 旧小堀住研(現 ヤマダ・エス・バイ・エルホーム)に学卒入社
    注文住宅受注を約200棟、建売事業、開発事業、総事業費43億円の等価交換事業を行う
    神奈川県内8つの営業所を統括する営業マネージャーとして活躍
2001年 独立 新都市総合管理㈱ 代表取締役に就任(現在に至る)
    「相続・不動産経営」に特化したコンサルティング会社を運営
    建築・開発行為がわかる不動産業者として、現場での経験をベースにした客観的な現状把握と、創造的な改善提案をすることによって「より資産価値を高める提案」すると評価が高い

経営理念
「より安全で、力強い不動産を創造・経営するために、『感謝の気持と譲る心の大切さ』という価値観を軸として、高度な知識の習得、物事をシンプルに受け止める姿勢、当たり前のレベルを向上させる努力を続け、社会に貢献する」

同じ価値観とスキルを持つ仲間を増やし、理念の実現を目指している
今後の展望としては、現在の「相続・不動産経営」のコンサルティングの幅を広げ、中小企業向けM&A事業にも着手していこうとしている

著書 「右手 康登がコーチする『あなたも今日から大家さん』」(諏訪書房)

新都市総合管理株式会社 代表取締役
NPO法人 IREM JAPAN 理事 兼 東京支部長
一般社団 CCIM JAPAN 理事
神奈川県不動産のれん会 副会長
神奈川不動産相談協会 理事
相続実務学校『野口塾』 塾生

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 【自己紹介】会社員→サラリーマン大家→早期退職→独立への道

HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: 答えは現地にあり!現地取材レポート

最新コラム: 【第4回】 現地取材レポート ~カンボジア プノンペン編~

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 中古マンションが新築マンションを供給数で逆転! 変化し出したマンション市場

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

HOME'S不動産投資フェア 事務局

シリーズ連載: 2017/1/28 HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 第五回:海外物件購入、日本で資金調達は可能か?

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 海外不動産を活用した節税法の行方は?

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 健美家の年間レポート2016が発表されました

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 稼げない土地の活用術「トランクルーム」

寺尾 恵介

シリーズ連載: 不動産投資の事業化計画

最新コラム: 12.【最終回】事業化のQ&A

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性。不動産投資家:右手 康登の連載コラム。不動産投資に関するプロの投資家によるノウハウや失敗談、リスクヘッジの情報が盛り沢山。中古マンションの投資、アパート経営の失敗、マンション投資の失敗やマンション経営の失敗など不安を解消する情報も掲載しています。不動産投資の節税やローン、融資などのお金に関する情報も。あなたの不動産投資にお役立てください【HOME'S不動産投資】