佐藤益弘の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

HOME'S不動産投資コラム

成功は人それぞれ… 自分でゴールラインを決められなければ、成功はない!

いまさら聞けない、不動産投資のキホン

初めまして…。
というより、実は10数年ぶりにネクストHOME’Sさんのコラムを書かせていただきます。

CFP®認定者(ファイナンシャル・プランナー:FP)の 佐藤益弘(サトウヨシヒロ)と申します。
よろしくお願いいたします。

さて、これから数回は、「いまさら聞けない、不動産投資のキホン」ということで、初歩的なお話を中心にさせていただきます。

初回は「なぜ、不動産投資をするの?」というテーマです。

なぜ、このテーマ?

私が不動産投資関連のご相談を受ける際に、ご相談者が不動産投資の経験者でも未経験者でも、最初にお聞きすることだからです。

なぜ、この質問をするかって?
成功は人それぞれ… 自分でゴールラインを決められなければ、成功はない!からです。

また、当たり前のことですが、投資=行動をするには、何かしらの理由・目的があるはずです。

実務家FPとして相談&実行サポート業務を中心に活動して、身に染みて来てわかったこと。

それは、「正しい答えを導き出すには、正しい問題を認識し、状況を正しく冷静に理解する」必要があるということです。

正しい答えを導き出すには、正しい問題を認識する

実は、この言葉は、私の恩師であり、日本FP協会の初代ボードメンバーである 弊社相談役 田中英之氏 の受け売りなのですが…。

最初は概念としては理解していましたが、この言葉の重さが解るまで少々時間が掛かりました。

例えば、「年間100万円を不動産投資で稼ぎたいので、何か良い物件はありますか?」というご質問頂いた場合・・・・・・

① なぜ、100万円なのか?
② ナゼ、不動産投資という手段を使いたいのか?
③ 何故、良い物件でなければいけないのか?

これくらいは、パッと質問が浮かんでしまいます。

状況を正しく冷静に理解する

例えば
① なぜ、年間100万円なのか?
→ この問題の回答はなんなんでしょうね?
・ 過去、100万円損をしたので取り返したいからか?
・ 現時点で、家計収支が赤字で、そのギャップが100万円だからか?
・ 将来的に、100万円不足しそうなので、今のうちから準備しておきたいのか?
・ なんとなく
人生設計(ライフプラン)に基づく、ファイナンシャルプランニング(FP)をすれば解るかもしれません

② ナゼ、不動産投資という手段を使いたいのか?
→この問題の回答はナンなんでしょうね?
・ 不動産投資が好きだから?(他の投資が嫌いだから)
・ 営業の人の話を聞いて、気楽で簡単そうだから
・ 不動産オーナーって格好良さそうだから
・ ナンとなく

③ 何故、良い物件でなければいけないのか?
・ そんなの当たり前でしょう!
・ ・・・・・・(無言)
・ 何となく

もちろんしっかりとした答えをされた方もいらっしゃいますが・・・・・・
実は、以上の回答は全て、過去、私が御相談でお受けした際に出てきた答えです(笑)。

意外と、当の本人も明確に認識されていない=深く考え、明確な意識付けができていない事が多いような気がします。

ただ、そういう方の多くは、カモにされる=失敗します!

不動産投資をするメリット・デメリットを理解する

最初に認識して欲しいのは、物事には裏表があると言うことです。

不動産投資は、実物投資であるが故に「安全性」「収益性」に優れている反面、「流動性(換金性)」に難がある投資手法です。つまり、タームの長い長期投資が前提ですから、自分の目的がその時間軸に合わないのであれば、すべきではありません。

株式投資のように価格が乱高下を繰り返すわけではないので、逆に、ゆったりと日々一喜一憂せずに投資をしたいというのであれば、お勧めです。

例えば、上記の③の質問でも、「誰にとって」「どんな場所で」「いつ」などいくつかのファクターがないと明確には答えられないでしょう。

不動産投資をする理由・目的=メリットは・・・大きく分けて2つあると思われます。

将来のいつかの時点で、
〇 現金収入を増やすか?
〇 所得税や相続税を節税したいか?
でしょう。

この理由・目的の強弱により、行う手法は変わってくるはずです。

例えば、現金収入を増やそうと思うのなら、J-REITなどの証券化投資をした方が足が早く良いでしょうし、逆に所得税や相続税を節税したいというのであれば、賃貸マンション投資など現物投資を行う必要があります。

いずれにしろ、しっかりと「正しい答えを導き出すには、正しい問題を認識する」ようにしましょう。

では、また、次回!

【このコラムの著者】

佐藤益弘

東洋精糖(株)の不動産部門にてマンション開発・販売統括・管理支援などの主任を務める中、CFP®資格(FP)を取得。
オールアバウト・不動産投資(現土地活用)ガイドとして10年以上活動する中、延べ1000名以上の不動産投資家と触れ合い、成功事例&失敗事例を蓄積。

現在、お客さまサイドに立ったシンの独立系実務家FPとして、そのネットワーク確立のため、「マイアドバイザー®」を運営。
数少ない 金融商品販売を伴わない コンサルティング業務をメインとした~ お金の家庭教師≒教科書通りのFP として活動中。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 【自己紹介】会社員→サラリーマン大家→早期退職→独立への道

HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: 答えは現地にあり!現地取材レポート

最新コラム: 【第4回】 現地取材レポート ~カンボジア プノンペン編~

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

HOME'S不動産投資フェア 事務局

シリーズ連載: 2017/1/28 HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 第五回:海外物件購入、日本で資金調達は可能か?

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 海外不動産を活用した節税法の行方は?

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 健美家の年間レポート2016が発表されました

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 稼げない土地の活用術「トランクルーム」

寺尾 恵介

シリーズ連載: 不動産投資の事業化計画

最新コラム: 12.【最終回】事業化のQ&A

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

成功は人それぞれ… 自分でゴールラインを決められなければ、成功はない!。不動産投資家:佐藤益弘の連載コラム。不動産投資に関するプロの投資家によるノウハウや失敗談、リスクヘッジの情報が盛り沢山。中古マンションの投資、アパート経営の失敗、マンション投資の失敗やマンション経営の失敗など不安を解消する情報も掲載しています。不動産投資の節税やローン、融資などのお金に関する情報も。あなたの不動産投資にお役立てください【HOME'S不動産投資】