佐藤益弘の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

民法改正と不動産投資(1)~どうして変わるのか?

いまさら聞けない、不動産投資のキホン

年度末ですね。
来年度(来期)に向け、様々な制度や仕組みが変わるのが見え隠れする時期でもあります。

さて、私たちが生活上で何かしらのトラブルに遭った際に、基準となるルール=法律はたくさんあります。

その中で、王様と呼べる法律が 「民法」になります。
日本における主要な6つの法「六法」※の1つで、私たち日本人が生きていく上で必要不可欠な法律です。

(※六法=「憲法」「民法」「商法」「刑法」「民事訴訟法(民事手続法)」「刑事訴訟法(刑事手続法)」の六法分野)

昨年11月から、国会でもこの「民法」改正の論議がされています。

特に今回の改正論議がされている分野が、生活上必要不可欠な契約~約束のベースとなる請求権=「債権」に関する項目の大改正になります。

ほとんど報道されていませんが、実は、注目度は大きいはずなんです。

そこで、今回は、非常に多岐にわたっているこの「民法」改正で論議されている内容を、特に不動産投資=不動産の売買や賃貸経営に関係しそうな部分だけピックアップして複数回に分けてお伝えしたいと思います。

1.そもそも民法って、何?

生活上で、私たち個人個人(私人間)にトラブルが発生した場合、基本的に話し合いで円満解決を図ることが普通だと思います。

ただ、その際に何も基準がないと困りますよね?

そこで、そのような時に「こんな感じで問題解決したら良いのではないでしょうか?」という基準=指針が示されている法律が「民法」になります。
(中には強制的に適用されるルールもあります。)

ですから、事細かに内容が記載されているわけではなくて、あくまで基本的な事柄が中心です。

例えば、借地や借家に関する細かい約束(契約)に対するトラブルは、民法ではなく、それに該当する法律~ここでは借地借家法を別に定めて、問題解決をするようにしています。

また、先ほどお伝えした通り、民法ではよほどヘンな約束(契約)をしない限り、「個々人で決めた約束(契約)」の方を民法で決めたルールよりも優先することにしました。

その方が、円満に問題解決できると考えたからです。

2.民法改正が動き出した経緯とは?

では、どうして、今、民法改正が必要になったのでしょうか?

一言でいうと、民法という法律が「時代遅れ」になってしまい、私たちにとっても違和感を感じるモノになってしまった・・・また、今後より一層そうなってしまうことが予想されるからということです。

元々、民法は約120年前の 1896年(明治29年) にできています。
つまり、前年の日清戦争に勝利し、事実上、日本が近代国家としてスタートを切った翌年にできた法律になります。

内容も非常に多岐にわたっており、今回の改正論議の対象になっている「債権」の部分は、実にできて120年間、ほとんど改正がされていません。

先ほどお伝えした通り、民法は指針法・・・目安みたいなモノですから、「細かい話は個々人間の約束(契約)で決めてね」というのが基本的なスタイルです。

つまり、法律自体を変えなくても、トラブルになった際に裁判所から出た判決の積み重ねである「判例」で対応できるので、ある意味、放置の状態でした。

ところが、時代が大きく変わりました。
特に21世紀に入ってからは、通信手段は民法制定当時の手紙から電子メールに変わり、契約も紙(契約書)を前提にする形からペーパレス=データで残すことが多い時代~ITの時代になりました。

特に、問題になったのが、「約款」です。

みなさんも、インターネットを通じて買い物をする際に、「はい」を“ポチッ”と押さないと進まないので押す、アレです。

「約款」とは、不特定多数の方を相手に、似たような取引を大量に行う場合、予め定めておく画一的な契約条項のことを言います。

ですから、しっかり読まないで“ポチッ”と押してしまうと契約したことになるので、後でトラブルになってしまうわけです。

ただ、私もそうなのですが・・・ほとんどの方は、文面は長いし、内容はよくわからない難しい言葉が並び、さらに文字は細かすぎて・・・読まないですよね?

契約=約束というのは、合意することが前提です。

そういう意味から、この「約款」は、本来の役割を果たせておらず、トラブルになるケースもあるのです。

そもそも民法に、この「約款」の規程がなかったので、今回の改正で規定する運びになったというわけです。

本題の不動産関連の事柄に進みたいのですが・・・今回は民法改正論議の経緯をお伝えしたので、長くなってしまいました。

次回以降、不動産関連の事柄についてお伝えしたいと思います。

今回は、此処までにしましょう。
また、次回に・・・。

【このコラムの著者】

佐藤益弘

東洋精糖(株)の不動産部門にてマンション開発・販売統括・管理支援などの主任を務める中、CFP®資格(FP)を取得。
オールアバウト・不動産投資(現土地活用)ガイドとして10年以上活動する中、延べ1000名以上の不動産投資家と触れ合い、成功事例&失敗事例を蓄積。

現在、お客さまサイドに立ったシンの独立系実務家FPとして、そのネットワーク確立のため、「マイアドバイザー®」を運営。
数少ない 金融商品販売を伴わない コンサルティング業務をメインとした~ お金の家庭教師≒教科書通りのFP として活動中。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 住宅メーカーの海外進出から見えてくる日本の不動産市場の将来

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.17】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その1 最低限知っておくべきこと

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2017/1/28 HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外不動産融資事情

最新コラム: 第六回:失敗談その1-自分で銀行持込は禁物

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 海外不動産を活用した節税法の行方は?

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 大学の都心回帰

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 稼げない土地の活用術「トランクルーム」

寺尾 恵介

シリーズ連載: 不動産投資の事業化計画

最新コラム: 12.【最終回】事業化のQ&A

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ