LIFULL HOME'S 不動産投資  >  不動産投資セミナー・不動産投資フェア  >  「2010年9月11日開催 HOME'S不動産投資フェア」開催レポート

不動産投資フェア

日時 2010年9月11日(土) 会場 ベルサール汐留

開催レポート

今回の「HOME'S不動産投資フェア」は、大変好評頂きました前回同様に講演会場を2手に分け、講演会場Aでは招待講師3名、企業講師4名の7講演、講演会場Bでは、ファシリテーターに北野琴奈氏を迎え、招待講師×出展企業のパネルディスカッションを3講演行ないました。企業ブースでは合計25社以上の出展があり、物件相談や融資相談などを行いました。
当日はたくさんの個人投資家の皆様が朝早い時間から来場され、講演会場Aの定員450席が即満席となり、その後も聴講や物件相談などを求めるたくさんの方々にお集まりいただき、ありがとうございました。結果として前回の3月とほぼ同等の1,000名近いご来場をいただき、大盛況のうちに終了いたしました。会場内は常に熱気に満ち溢れ、不動産投資への注目の高まりを更に感じることができたイベントとなりました。
弊社では、今後もフェアを開催いたしますので、今回ご参加いただけた皆様もご参加いただけなかった皆様も、是非次回以降のご参加をお待ちしております。開催につきましては、ホームページ上で随時公開してまいります。

講演プログラム

■講演会場A
今回も招待講師による講演・企業講演含め全7講演を開催いたしましたが、各講演450席ご用意した席が満席になる大盛況の講演でした。講演内容もより具体的なお話が多く、参加された投資家の皆様も真剣にメモをとり、ご自身の投資計画に役立てていただけたのではないかと思います。
09:50~10:20
巻口成憲氏

中古不動産投資 成功の秘訣

講師
巻口  成憲氏(リヴァックス株式会社 専務取締役)

中古不動産投資に適した『成功するための投資方針』について豊富なデータを用い、市況を徹底分析した結果、導き出された投資方針をご紹介いただきました。更に、他では聞くことのできない中古不動産投資の秘訣『リノベーション投資』についてもお話しいただきました。

10:20~11:10
長嶋修氏

不動産投資「やっていい人、悪い人」

講師
長嶋  修氏

購入者の立場に立った個人向け不動産コンサルティングを実施されている氏に、5月に出版された書籍と同タイトルにて、不動産投資に必要な要素ならびにリスクのとらえ方、物件選別までご自身の経験をもとにお話しいただきました。

11:10~11:40
重吉勉氏

成功するマンション投資は実績8,300戸の賃貸管理会社に聞け!

講師
重吉  勉氏(株式会社日本財託 代表取締役)

バブル崩壊を経験し、どん底を味わったからこそ語ることのできる『失敗しない不動産投資の方法』を講演いただきました。年間入居率98%を誇る賃貸管理会社の目で選んだ長期安定収入を実現する『確かな物件』も、フェア参加者限定でご紹介いただきました。

12:50~13:20
大関真悟氏

本などでは教えてくれない1番分かりやすい投資術そして初公開裏技を話します

講師
大関  真悟氏(株式会社日本クリード PR戦略部長)

様々な不動産投資に関する本などで紹介されているノウハウは確実に実践しなくては意味がありません。今回は実践的で確実かつ簡単に賃料以外で利回りをアップする手法を初公開していただきました。

13:20~14:10
中山  登志朗氏

資産価値の重要性と出口戦略の必要性

講師
中山  登志朗氏

中山氏の所属される、株式会社東京カンテイの独自指標であるマンションPER(マンション一戸あたりの収益力)とマンションPBR(中古マンション資産倍率)の最新データを中心に、資産価値の重要性と出口戦略の必要性についてお話しいただきました。

15:40~16:10
奥村尚樹氏

円高のチャンスを逃すな! チャイナマネーを追った海外不動産投資のススメ

講師
奥村  尚樹氏(ステイジアキャピタルホールディング CEO)

今はチャイナマネーが世界の投資動向を決める時代。円高を享受できるチャンスである今、海外不動産で資産を形成するにはチャイナマネーを追いかけることが重要。チャイナマネーがどこに向かおうとしているのか、わかりやすく解説いただきました。

16:10~17:00
浦田  健氏

アパート・マンションの画期的な空室対策

講師
浦田  健氏

今、不動産(賃貸)市場に起こっていることを理解することが大切。“これから先に起こることを予測!”、“即効性のある空室対策10の秘訣について!”を、ご自身の経験と分析から得たノウハウをもとにご講演いただきました。

■講演会場B
「投資家講師」×「企業」そして実践投資家であるファシリテーターの北野琴奈氏の3者にて、各々の視点で各テーマをパネルディスカッション形式にて、討論いただきました。3講演それぞれディスカッションならではの生のご意見を聞くことができ、とても聞きごたえのある討論会となりました。
全ディスカッションに出演
北野琴奈氏

ファシリテーター

北野  琴奈氏

講演会場Bで行なわれた3講演すべてのディスカッションに、進行役兼講師として参加いただき講演を盛り上げていただきました。投資家講師そして企業の双方の意見を引き出し、パネルディスカッションをリードいただきました。

11:40~12:40
萩谷順氏

今が買い時?不動産投資を取り巻く最近の状況

講師
萩谷  順氏 × 株式会社大松アセットマネジメント

収入不安や将来の年金不安がある中、今後の情勢をふまえ資産運用を考えるときにポートフォリオに組み入れるべきもの。資産運用としての不動産投資をとりまく環境を分析し、何から始めればよいかを討論いただきました。

15:00~16:00
野中清志氏

不動産vs金融商品 徹底比較!!

講師
野中  清志氏 × スカイコート住販株式会社

今なぜ不動産投資か?物件の見極めから融資状況そして不動産会社の見極めのポイントを不動産投資のメリット・デメリットをふまえ、金融商品と比較しながら討論いただきました。

17:00~18:00
束田光陽氏

新築・中古両方のイイトコ取り!「新古物件」の魅力

講師
束田  光陽氏 × 株式会社リヴトラスト

成功する人の特徴、収益物件は最近どのような方が購入されているのか。物件を見極める際に絶対に外せないポイントから選択肢としての新古物件のメリット、賃貸経営を長期的に実施するためのモチベーション維持法まで討論していただきました。

企業ブース

会場には不動産会社、金融機関、メディアなど25社以上の企業がブース出展をしました。回を重ねるごとに投資意欲の高いお客様の来場が多く見られ、具体的な物件紹介や融資相談など不動産投資に関する情報を得るため、個人投資家の皆さんが積極的に各企業ブースへ接触し大変賑わいました。

フェア参加企業
株式会社日本財託
スカイコート住販株式会社
株式会社日本クリード
リヴァックス株式会社
株式会社リヴトラスト
ステイジアキャピタルホールディング
株式会社大松アセットマネジメント
株式会社グリップ
株式会社フリーダムインベストメンツ
株式会社インベスターズ
株式会社ニッテイライフ
ソリッド株式会社
きらめき不動産株式会社
株式会社デュアルタップ
株式会社リヴシステム
株式会社メイクス
株式会社日本資産総研
株式会社大和インターナショナル
さくらリアルエステイト株式会社
金融機関
新生プロパティファイナンス
株式会社アサックス
オリックス信託銀行
三菱UFJ信託銀行
HSBC PREMIER
協力会社
株式会社週刊住宅新聞社
株式会社住宅新報社
株式会社全国賃貸住宅新聞社

セミナー参加者について

  • 年齢
    30代・40代の若い世代の関心の高さは前回同様ですが、今回は50代以上の所得・自己資金の高い方にもより多くご参加いただきました。
  • 自己資金
    自己資金1,000万円以上(25.6%)の方により多くご参加いただき、実際に投資物件の購入に向け、より具体的な情報収集されている方にご参加いただけたのではないかと思います。
  • 不動産投資経験
    不動産投資経験すなわち実践大家さんと、これから投資を始めようという方が約半数の比率でご参加いただき、フェアの場が「学び」「物件探し」など色々な形で活用されていると思われます。

開催実績

セミナー開催実績

過去に行われた200名様を対象としたLIFULL HOME'S 不動産投資セミナーの開催詳細がご覧いただけます。

「2010年9月11日開催 HOME'S不動産投資フェア」開催レポート。不動産投資セミナー。【HOME'S不動産投資】不動産投資セミナー。【HOME'S不動産投資】講師に不動産投資家・コンサルタント・不動産会社・金融機関などを招き、不動産投資の実績的なノウハウの提供、個別相談(物件購入・管理運営・商談)等を実施。不動産投資を検討されている初心者の方から、既に運用中の方まで、参加無料の実践的セミナーで賃貸経営[マンション経営・アパート経営]の成功ノウハウを習得。不動産投資による資産運用をお考えなら【HOME'S不動産投資】

  • 不動産情報サイト事業者連絡協議会
    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。
  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。