LIFULL HOME'S 不動産投資  >  不動産投資セミナー・不動産投資フェア  >  「2012年2月18日開催 HOME'S不動産投資フェア」開催レポート  >  出展企業インタビュー リヴァックス株式会社

これからの時代は、中古リノベーション物件に注目を

リヴァックス株式会社当日の様子
企業紹介
リヴァックス株式会社
リヴァックスは、ポテンシャルの高い都内の中古物件のみを厳選し、独自のリノベーション手法によって再生する「中古不動産再生メーカー」です。付加価値の高い長寿命物件「REISM」シリーズと、充実した保証管理体制によって、お客様の資産運用を全面的にサポートいたします。

HOME'S不動産投資では、セミナー等のイベントを定期的に開催しています。

物件の特性だけでなく、個性への着目がトレンドに

巻口成憲氏

―近年の不動産投資市況をどのように捉えていらっしゃいますか?

不動産投資の市況は、2009年後半に底を打った、というのがこれまでの定説であり、当社も同様に考えています。「買い時」感が高まる中で、実物資産としての不動産の魅力が高まり、個人投資家の方が増えてきているというのが、近年の特徴であると思います。実際に今回のフェアに参加し、サラリーマン投資家を始め、より多くの人が不動産投資に目を向けているのだということを実感しました。

―今回のフェアに参加された印象は?

不動産の投資とは、これまでは物件の善し悪しだけが判断基準でした。そのため不動産業者は、物件の立地や耐震構造、賃借の状況など物件の特性だけを提供してきました。けれども、昨今の不動産投資はこれらのスペックだけでは成功しないというのが当社の持論です。投資家の皆さまが積極的に不動産投資を判断できる材料、情報を開示していくことが不動産業者の責務である、という思いから、今回はJREIT市場からみた不動産投資の将来動向について講演でご紹介させていただきました。オリジナリティのある当社ならではの講演となり、ご好評をいただけたようです。

リノベーションで、長期安定投資を実現

巻口成憲氏

―貴社は個性的なリノベーション物件でも注目をされていますが?

これまで、不動産業界というのはマーケティングができない業界だとされてきました。顕在客ばかりを相手にしてきたため、供給が過剰になってくるとフリーレントや賃料の値下げなどで対応せざるを得なかったのが実情です。また、投資家と入居者のマーケットを別々に捉え、投資家の目線でコストパフォーマンスだけを意識した物件を開発してきたため、入居者マーケットとのギャップが生まれることも多々起きていました。私たちは、リノベーションによって、この不動産業界で「潜在客を囲い込む」というマーケティング戦略を行っています。常に入居者の目線に立ったリノベーションを行い、当社にしかない魅力を創出することで安定的な収入を生み出します。実際に当社のメールマガジン会員は2500名を超え、人気の物件は35人待ちという状況です。中古=価値が下がる、のではなく、中古ならではの魅力を生み出すことができているのだと思います。

―貴社のリノベーション物件の魅力とは?

入居者の住まい心地を徹底的に追求していることです。大量生産型の従来の不動産物件は「ラグジュアリー」「アーバンモダン」「ベーシック」といった誰にでも受け入れられるデザインが主流です。一方、当社では、演出効果が強く、現代の風潮にマッチした「レトロ」や「クラシック」「ナチュラル」な物件を多く手がけています。このデザインコンセプトの立案が、他の中古物件との大きな違いであり、「リヴァックスの物件にしか住みたくない」というファン層を作っています。もちろん、このデザインコンセプトは時代のトレンドによって変化させることが必要です。重要なのは、他の物件と横並びにならないことなのです。

投資を成功させるために、良きパートナー選びを

巻口成憲氏

―不動産投資の成功のために、投資家がするべきことは何でしょうか?

現在、活況を迎えている不動産市況ですが、こういう時期には物件の見極めが非常に難しくなります。情報が集めやすくなる一方で、玉石混交という状態になりかねません。不動産市場には現在、5700万件の物件があります。一方で、世帯数は4900万世帯であり、数字で単純に判断すれば800万の空き物件があることになります。しっかり見極めないと、空き家のリスクはより大きくなります。こうした時代に不動産投資を成功させる為に、一番大切なのは、信頼できる不動産業者を見つけることです。良い不動産業者は、市況を分析し、将来の予測やそれに対する対策を示せる力があります。業者を選ぶときのひとつの目安にすると良いでしょう。

―リノベーション物件を投資先に考える投資家に、アドバイスを。

リノベーション物件として最低限チェックしておきたいのが、新耐震基準後に建設された丈夫な不動産であることです。さらに当社では、不動産の管理状況や所在地域の今後の開発計画等、リノベーションされた空間以外のさまざまな不動産的要素が優良と認められた資産価値の高い物件を手がけるようにしています。つまり、もともと、スペックが十分投資に値する物件を選び、それをリノベーションすることでさらに価値を高めることが重要なのです。こうした物件はなかなか市場に出回らず、当社自身も物件の開発を重要課題として位置づけています。これからの時代、中古リノベーション物件にもぜひ目を向けてください。

お話を伺った方:リヴァックス株式会社 専務取締役 巻口 成憲氏

セミナーの内容を知りたい

HOME'S不動産投資では、不動産投資ノウハウを提供するセミナー等のイベントを定期的に開催しています。

この企業をもっと知りたい

リヴァックスは、ポテンシャルの高い都内の中古物件のみを厳選し、独自のリノベーション手法によって再生する「中古不動産再生メーカー」です。付加価値の高い長寿命物件「REISM」シリーズと、充実した保証管理体制によって、お客様の資産運用を全面的にサポートいたします。

出展企業のインタビュー

株式会社大松アセットマネジメント

相続税対策としての不動産投資を視野にいれて

株式会社ロンテック

多様化する価値観の中で、選ばれる物件を作る

リヴァックス株式会社

これからの時代は、中古リノベーション物件に注目を

株式会社バンズ・インベスト・マネジメント

これからの不動産投資は情報収集力がカギに

開催実績

セミナー開催実績

過去に行われた200名様を対象としたLIFULL HOME'S 不動産投資セミナーの開催詳細がご覧いただけます。

出展企業インタビュー リヴァックス株式会社。「2012年2月18日開催 HOME'S不動産投資フェアー」開催レポート。不動産投資セミナー。【HOME'S不動産投資】講師に不動産投資家・コンサルタント・不動産会社・金融機関などを招き、不動産投資の実績的なノウハウの提供、個別相談(物件購入・管理運営・商談)等を実施。不動産投資を検討されている初心者の方から、既に運用中の方まで、参加無料の実践的セミナーで賃貸経営[マンション経営・アパート経営]の成功ノウハウを習得。不動産投資による資産運用をお考えなら【HOME'S不動産投資】

  • 不動産情報サイト事業者連絡協議会
    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。
  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。