LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

北野 琴奈の不動産投資コラム一覧

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

利下げと不動産投資

世界的な利下げムードと日本 ついに、米国FRBが利下げに動きました。米中の貿易摩擦による経済への悪影響を懸念するトランプ大統領が、利下げしかない!という感じで、賛否両論の中、10年ぶりに。 トランプ大統領の言動を見ている...続きを読む

J-REITの運用報告会は、参加者の質問も興味深い

2001年の誕生以来、少しずつですが金融商品の一つとして個人にも認識されてきたJ-REIT。 前回は、ここ数年の価格と分配金の推移をご紹介しました。 分配金利回りの平均は4%前後で推移し、時価総額で14兆円を超えたとはい...続きを読む

地味ながらも、存在感を増してきたJ-REIT(不動産投資信託)

メディアなどで頻繁に話題にのぼることはないけれど、ふと思い出したように取り上げられるJ-REIT。 基本的にはインカムゲインを目的としていることもあり、普段の値動きは地味なことも多く話題性がさほどないからなのだと思います...続きを読む

不動産価格の変化で感じること

右肩上がりに続いてきた不動産価格、ここへ来て調整局面を迎えているものも見受けられるようになりました。 多くの金融機関の融資スタンスが変わり、ある程度頭金を入れる必要があるなど状況は厳しくなりつつあります。ですが全てがNG...続きを読む

REITのリノベーション内覧会に参加

ちょうど1年ほど前にご紹介しましたレジデンス系REIT(不動産投資信託)のリノベーション学生コンペ。中古居室の内装デザインを学生から募集し、その中で優勝した作品を実際に施工するというもの。コンペの詳細につきましては、こち...続きを読む

米国不動産投資&賃貸経営 9年目

不動産についてご質問を受けるのは日本国内のことが多いのですが、ここ数年は海外不動産についても聞かれることが増えました。 海外不動産と一口に言っても、国は様々。更には、同じ国でも地域により売買・賃貸の事情が異なることは珍し...続きを読む

住宅を購入して、10年後に売却することを考えてみる

低金利が続く中、シングルの方でも30代くらいになると、住宅購入を考えることは珍しくありません。特に賃料が高い都心部では、家賃と同じくらいのローン返済であれば買うことを検討したい、という声もよく聞きます。昨今の晩婚化も影響...続きを読む

REIT、昨年からの価格低迷脱却なるか?!

昨年あたりから、一部金融機関で不動産投資・賃貸経営に対する融資スタンスが厳しくなりつつあるという声を耳にするようになり、不動産市況の動向が気になるところです。 そのような中今回は、同じ「不動産」であり、資産運用法の一つと...続きを読む

人生で必要なお金はどのくらい?

今回はいつもと切り口を少し変え、「人生を送る上で、一体どのくらいのお金が必要なのか?」についてお話ししようと思います。 ここ数年、個人が行う資産運用に対して国のサポート体制が手厚くなっており、人生におけるマネープランを本...続きを読む

これからの賃貸経営は、「コンセプト型」で差をつける

供給過多が話題に上ることも多い賃貸マーケット。 「アパート・マンションをただつくればよいのではなく、ターゲット層を絞り込みそこに向けての賃貸経営を行うことが大切。」ということは、少なくともここ10年ほどは頻繁に見聞きしま...続きを読む

民法改正と賃貸経営、ここに注意!

「民法改正」 今年に入り、見聞きする機会も多くなったのではないでしょうか。 なんと120年ぶりの改正とのことなので、明治時代以来。 民法は一般市民の生活に関わる法律ですから、当然賃貸経営にも影響があります。そのため、業界...続きを読む

日本不動産と米国不動産、相違点と類似点は?

今年も行ってきました、米国西海岸。 昨年の夏以来1年ぶりです。 普段お世話になっている方々とのミーティングや物件周りなど。実際の現場を目の前にしながらというのは五感がフル回転で、話しだけとは全く違うことを実感。 そういえ...続きを読む

不動産売却の際に知っておきたいこと

昨今の不動産市況活況を受け、保有する不動産があれば売却を検討したり、実際に動いている方も多いでしょう。 特に個人名義の購入で5年超保有していれば、長期譲渡所得になり譲渡益に対する税率が39→20%と軽減されることも考える...続きを読む

都心における不動産投資・賃貸経営のイメージ

一般に、世の中の景気には周期があると言われますが、これは不動産市況にも当てはまります。山や谷がありながらも、賃貸経営を継続していくことができれば、市況が良いタイミングで売却をすることも可能です。もちろん、売却は将来も全く...続きを読む

海外不動産を活用した節税法の行方は?

3年ほど前にコチラでも取り上げた、海外不動産を保有する際の減価償却について。 簡単に言えば、日本国内のみならず、海外で築22年以上の木造居住物件を購入しても日本では4年償却で申告することができるため、税金対策としても活用...続きを読む

REITリノベ―ションのコンペに参加!今後の賃貸経営のヒントも。

以前コチラでも記事にしたことのある、レジデンス系REITのリノベーション学生コンペ。今回ご縁があり、同じREITが主催する第2回の公開コンペに参加してきました。 学生から募集したデザインの中から作品を選び、実際に工事を行...続きを読む

相続税対策大家 vsサラリーマン大家

「賃貸経営は相続税対策として活用される」ことは、皆さんもご存じの通り。 2015年1月に始まった相続増税に伴い、今まで以上に土地活用の話しを伺う機会も多くなりました。この影響もあり、既に需要過多の賃貸市場と思われる地域も...続きを読む

今回の渡米で視察したロサンゼルス近郊は、どんな地域?

8月末の渡米の際には、限られた時間の中でしたが現地物件も数多く見てきました。これまではコンドミニアムや一戸建てをメインに見てきたのですが、今回は3~4ユニットのアパート中心。同地域で集中していくつも見ると、周辺の雰囲気な...続きを読む

家賃が上がるアメリカ不動産

先月8月末にアメリカへ行ってきました。ちょっと間が空き、2年少々ぶり。 保有している不動産についてはもちろんのこと、今後の展開も含め現地で物件を見たり打合せをしたりなど。 私が最初にアメリカで物件を購入したのは2010年...続きを読む

「良い物件」を購入したとしても、上手くいくとは限らない? 後編

前回は、不動産購入後の実際の賃貸経営において起こりうる様々な事柄から、賃料に関してのものをご紹介しました。 繰り返しになりますが、購入時どんなに「すばらしい物件」であっても、中長期の賃貸経営では保有期間中に何らかの問題が...続きを読む

54件中1~20件を表示

【著者について】

北野 琴奈

ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会認定 CFP®認定者)
ワインエキスパート(日本ソムリエ協会認定)

1974年 北海道生まれ。
津田塾大学卒業後、会社員を経て独立。
実践型FPとして資産運用、不動産投資・賃貸経営、キャリアなどに関する講演、執筆、コンサルティング等を行う。

会社員の頃、資産運用の大切さを実感し、ファイナンシャル・プランナーの上級資格である、国際ライセンスCFP®資格を取得。
同時にロバート・キヨサキ著『金持ち父さん貧乏父さん』を読んだのをきっかけに、夢実現の手段として不動産投資・経営をはじめ、東京を中心に計104室まで保有。海外にもチャレンジし、アメリカの物件購入に到る。

TBS「かっちりマンデー!!」、「がっちりアカデミー!!」、BS11デジタル「不動産王」、BSジャパン「日経プラス10」、日経CNBC「不動産投資AtoZ」等にコメンテーターとして出演。その他メディア出演・取材協力多数。
一方、ワイン好きの趣味が高じて「ワインエキスパート」の資格を取得、ワインに関する講座を務める。
著書に、『逆算で夢をかなえる人生とお金の法則』、『47テーマで学ぶ家計の教科書』、『はじめての人のJ-REIT 基礎知識&儲けのポイント 』がある。

HP: http://www.kotonakitano.com/
blog: http://blog.livedoor.jp/kotonakitano/

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

樗木 裕伸

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資ローンと住宅ローンの違いと5つの金融機関の特徴

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資の鍵「経費」を理解しよう!経費の種類・範囲は?

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 不動産投資で押さえておきたい土地の公的価格

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.41インドネシア不動産投資のチャンス その2

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 高齢化と不動産投資(2)~「簡易生命表」を見て、人生100年時代を理解する

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: ヨーロッパの不動産事情

最新コラム: 経済苦境続くギリシャ不動産のいま

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: フィッシャー・ハドソン・ウィルソン・モデル

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 27.「決算書思考」で不動産投資が変わる(前編)

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。