LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

佐藤 益弘の不動産投資コラム一覧

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

高齢化と不動産投資(2)~「簡易生命表」を見て、人生100年時代を理解する

前回は、先日公表された平成30年度版「簡易生命表」を基に、その意味付けや表から読み取れることの一例をご紹介しました。 今回はその続きを見ていきましょう。 健康寿命から考える不動産投資 「健康寿命」という言葉を聞いたことが...続きを読む

高齢化と不動産投資(1)~必須の統計データ、最新の「簡易生命表」を見る

「人生100年」というキーワードを見ない日はありません。そのような中、7月30日に平均寿命などが掲載されている平成30年度版「簡易生命表」が公表されました。 不動産投資をする方にとって、「人生100年」という高齢化に関す...続きを読む

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

必須の統計データ、最新の「住宅・土地統計調査」(住宅数概数集計)を見る

「住宅土地統計調査」(住宅数概数集計)が4月に公表されています。今までは予算執行の始まる6月前後に公表されることが多かった調査結果ですが、今年は改元の関係か?早めに公表されました。 ただ、公表されたのが、10連休の直前4...続きを読む

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

【不動産投資利回り】知っておかなければ危ない利回りの種類と注意点

不動産投資を始めるにあたり、広告などで目に付くのは「利回り○○%!」というセールスポイントでしょう。 物件によっては、3年強の投資期間で投資額を回収できるという意味の「利回り30%」などあり得ないような高い利回りが表示さ...続きを読む

不動産投資初心者が一番最初に知っておくべきこととは?

不動産投資には2つの特徴があります。「大きな投資額が必要なこと」、「その回収に長期間を要すること」です。 株式投資などと違い、不動産投資はコツコツ賃料収入を得ていくことが原則。 大きな売却益が得られるなど一発逆転は少ない...続きを読む

不動産投資の失敗原因とは?失敗事例から学ぶ3つのポイント

投資を含め、何事をするにしても「失敗」はしたくないですね。 しかし、人生と一緒で、投資が最初から最後まで順風満帆なことなどあり得ません。 「失敗は成功の基」と言います。 実際に大きな成功を収めている人は、致命傷にならない...続きを読む

不動産投資における10のリスクとその回避法!

不動産投資におけるリスクとは 「リスク」とは、「将来何か悪い事象や危険が起こる可能性」のことです。 「危険性」や「不確定要素」とも言われます。 不動産投資を行う上でも、様々なリスクが存在します。 投資を始める前に、できる...続きを読む

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

いまさら聞けない 相続のルール・・・改正されました その1

昨年来、「人生100年時代」という言葉は世間を飛び交っています。今後も「高齢化」の進展が益々進むと予想されていますし、同時に家族形態も夫婦+子供の核家族中心からお一人様=「単身化」中心の社会に変化しつつあります。 そんな...続きを読む

国の空き家対策から考える 生き残る賃貸住宅の基準

3月27日、国土交通省は2018年1月1日時点の公示地価を公表し、3大都市圏の地価上昇に止まらず、バブル崩壊後26年ぶりに地方圏の商業地が前年比0.5%上昇し、プラスに転じました。外国人旅行者の増加でホテル用地の地価の回...続きを読む

公文書「今後の建築基準制度の在り方について」(第三次答申)から見る不動産投資の未来

前回、前々回と国土交通省(住宅局)の来年度予算から不動産投資への影響を大胆に考えてみました。 今回は、2月22日に国土交通省住宅局建築指導課から公表された 社会資本整備審議会建築分科会及び建築基準制度部会の「今後の建築基...続きを読む

来年度予算から考える 不動産投資(2)

前回は、来年度予算の概要について、お伝えしました。 今回は、不動産投資に関連しそうな国土交通省(住宅局)の予算を見ていくことにしましょう。 本年度の予算案(国土交通省)の特徴 国土交通省の予算(一般会計)は5兆8047億...続きを読む

来年度予算から考える 不動産投資(1)

投資は先手を打つことが大切です。特に不動産投資において世の中の大きな流れを掴むことは特に大切でしょう。 さて、昨年2017年12月22日に平成30年度予算決定概要=予算案が閣議決定され、公表されました。 今回は大きな視点...続きを読む

未公開物件・掘り出し物件の不思議

インターネットや町の立て看板の不動産広告に「未公開物件」や「掘り出し物件」という言葉を良く見ます。 また、投資用不動産~主に新築ワンルームマンション~の営業電話で「“特別に”未公開物件をご紹介します」とか、「“たまたま”...続きを読む

空室率(空き家率)の不思議

不動産賃貸経営をする際に、収入の源泉となるのが、賃料です。 ただ、空き室になってしまった場合、一銭も収入が入らない状況になるため、死活問題となります。 ですから、一棟アパマンで行うにしても、ワンルームマンションなどで行う...続きを読む

民法改正で変わる、お金と不動産投資の世界(4)~主に不動産賃貸借で変わること 保証について

前回は、不動産投資の入口と出口である「売買」の領域・・・特に影響が大きいと思われる“瑕疵担保責任”の変更についてお伝えしました。 今回は、この民法改正に関するシリーズの最終回。 不動産投資そのものである「賃貸借」の領域に...続きを読む

民法改正で変わる、お金と不動産投資の世界(3)~主に不動産売買で変わること:瑕疵担保責任

前回は、「民法で変わる背景・項目」についてお伝えしましたが、この間2017年5月28日に、民法改正が国会を通りました。 120年前、民法が誕生した当時の“責任(権利義務)関係”は「法律で定めていた内容を基準」にしていまし...続きを読む

民法改正で変わる、お金と不動産投資の世界(2)~民法改正で変わるポイント

前回は、「どうして、今、民法改正なのか?」と言うことについてお伝えしました。 そんな中、先日(4月12日)、改正法案が衆院法務委員会で可決し、今国会で成立する運びになりました。 1.ここまでの議論の流れ 前回お伝えした通...続きを読む

民法改正で変わる、お金と不動産投資の世界(1)~どうして変わるのか?

年度末ですね。 来年度(来期)に向け、様々な制度や仕組みが変わるのが見え隠れする時期でもあります。 さて、私たちが生活上で何かしらのトラブルに遭った際に、基準となるルール=法律はたくさんあります。 その中で、王様と呼べる...続きを読む

中古マンションが新築マンションを供給数で逆転! 変化し出したマンション市場

2月になり、昨年の年間データが出そろう時期です。 毎年、この時期には昨年の動向を確認し、今後の展開を予想すると良いでしょう。 そのような中で新しい流れが確認できました。 公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)...続きを読む

「トランプ政権誕生とこれからの不動産投資」

新年を迎え、昨年1年のことを振り返ると、共通のキーワードを見付けることが出来ます。 2016年は、ズバリ「P」の年でした。 「SMA”P”(スマップ)」 「CAR”P”(カープ)」 「”P”IKO...続きを読む

27件中1~20件を表示

【著者について】

佐藤 益弘

東洋精糖(株)の不動産部門にてマンション開発・販売統括・管理支援などの主任を務める中、CFP®資格(FP)を取得。
オールアバウト・不動産投資(現土地活用)ガイドとして10年以上活動する中、延べ1000名以上の不動産投資家と触れ合い、成功事例&失敗事例を蓄積。

現在、お客さまサイドに立ったシンの独立系実務家FPとして、そのネットワーク確立のため、「マイアドバイザー®」を運営。
数少ない 金融商品販売を伴わない コンサルティング業務をメインとした~ お金の家庭教師≒教科書通りのFP として活動中。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

樗木 裕伸

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資ローンと住宅ローンの違いと5つの金融機関の特徴

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資の鍵「経費」を理解しよう!経費の種類・範囲は?

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 不動産投資で押さえておきたい土地の公的価格

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.41インドネシア不動産投資のチャンス その2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: ヨーロッパの不動産事情

最新コラム: 経済苦境続くギリシャ不動産のいま

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 利下げと不動産投資

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: フィッシャー・ハドソン・ウィルソン・モデル

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 27.「決算書思考」で不動産投資が変わる(前編)

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。