LIFULL HOME'S不動産投資フェアの不動産投資コラム

シリーズ連載: 2017/9/23 LIFULL HOME'S不動産投資フェア出展企業インタビュー

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

株式会社Rバンク

社会のあらゆる変化のありように目配して人と建築のより良い関係を創るべく挑戦を継続

この企業を詳しく見る

『社会のあらゆる変化のありように目配して人と建築のより良い関係を創るべく挑戦を継続』

ブースの様子

8月で創業から10年を迎える中で2017年はこれから起こる大きな変化への胎動を感じられる一年でした。社会が変化すれば、そこに住まう人と建物の関係も変わっていきます。私どもが先駆的に挑戦した女性のためのシェアハウスへの社会的な認知も進むなど大きな手応えを感じています。

2018年は変化の振幅が更に広がり、そのスピードも加速化するでしょう。社会のあらゆる変化のありように目配して、人と建築のより良い関係を創るべく挑戦を続けます。

『不動産に関連するお客さまの広範なご要望に対して問題解決型の的確な企画・提案で対応』

人と建物、不動産にまつわるあらゆるご要望に対して的確な企画、提案を通して課題を解決するべく活動しています。最近では、古い建物を相続したがどうすれば良いのかなど、相続や事業承継に関わるご相談も増えています。

個々のご要望に迅速に対応するため、女性専用シェアハウス「Rシェア」、DIYで改装できる「カスタマイズ賃貸」などのサービスラインナップを用意しています。関連会社のひつじ不動産では、既存建築物のリノベーションの企画提案・管理運営を行っています。

『オーナー・投資家・入居者など不動産に関わる数多くのプレーヤーに最大限のメリットを還元』

講演の様子

相続のため不動産は売却するのか、リノベーションして資産価値を上げて賃貸するのかなど事情により対策は異なります。

売却時には売買取引を仲介し、新しいオーナーさまには的確な投資提案が必須です。賃貸マンションでは客付けして安定的な利回りを確保しなければなりませんし、シェアハウスへの用途変更には法的手続きが求められます。そこに住まう人には快適な生活空間を提供が必須です。

人と建物、不動産にまつわる個々のプレーヤーに即したメリットを最大化して還元できると自負しています。
 

『職能の専門性を高める中でお客さまへのライフスタイル提案に結びづくきめ細かな対応実現』

不動産事業は多岐に渡る業務から構成されています。社内的には個々の専門性を高めるために、お客さまからは担当窓口をわかりやすくするために、営業、投資家対応、仲介・売買、募集・管理、設計施工担当と分業化しています。

シェアハウスにお住まいの女性から3.11東日本大震災の時に、同性の話し相手がいて随分と不安が和らいだと聞きました。都会での女性の暮らしにはリスクが伴うもの。女性専用のシェアハウス「Rシェア」は、そんな女性へのきめ細かな配慮から生まれました。

『リピーターが増えてお客さまとの距離感が近くなる中で責任の所在が明らかになり自覚生まれる』

投資家の方とは信頼関係を築くと、お付き合いが長続きし、リピーターとなっていただけるケースが数多くあります。お一人で6件ものお取引をしていただいた方もあります。

メンバーの多くは、大手企業で不動産事業などに関わる中で、お客さまとのお付き合いにどこか物足りなさも感じて、私ども組織に参加してきました。

一方で、お客さまとの距離感が近くなったのは一面で責任の所在がより一層、明らかになったことでもあります。企業が社会的存在であることを自覚して活動を続けています。

『いつまでも完成せずに変化と成長を続ける組織を象徴してロゴマークには完成直前のR採用』

講演の様子

社名の「Rバンク」のロゴマークのRは、敢えてRができあがる直前の未完成のものとしています。社会の変化に柔軟かつ迅速に対応して、未完成のままでもよいから、ずっと変化し続けられる会社を目指しました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けてインバウンド需要なども含めて不動産を取り巻く競争は変化の速度を増すでしょう。変化に柔軟に対応し、成長し続けるためには、それにふさわしい企業として体力と知力も必要です。不動産業界の近未来を切り開くため活動を続けます。

この企業をもっと知りたい

R バンクでは 2009 年にシェアハウス第 1 物件目である「シェ・モア飯田橋」を OPEN 致しました。
当時、今ほど認知されていなかったシェアハウスですが、建物再生プロジェクトとしても注目され、ワールドビジネスサテライトなど各種メディアにも掲載されました。
現在では 42 物件を管理運営し、92% 超の平均稼働率(年平均)が実現できております。(2017年 7月末時点)

この企業を詳しく見る

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

LIFULL HOME’S不動産投資では、定期的にセミナー・フェアを開催しており多くの不動産投資家の皆さまにご参加いただいております。 今後も有益な情報を皆さまにお届けいたしますので、お楽しみにお待ち下さい。

2015 HOME’S不動産投資フェアレポートはこちら

LIFULL HOME’S不動産投資セミナー&フェアのご案内はこちら

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(2)

金井規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 「不動産投資分析」の基本は押さえておきましょう

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.20】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 4 ホーチミンの不動産で狙うべき場所は?

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 国の空き家対策から考える 生き残る賃貸住宅の基準

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第九回「快速償却&節税物件に要注意」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 住宅を購入して、10年後に売却することを考えてみる

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: スルガ銀行第三者委員会調査報告書

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: アジア新興国での不動産投資~タイ~

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 15.なぜ横浜には空きだらけの新築アパートが多いのか

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ