LIFULL HOME'S不動産投資フェアの不動産投資コラム

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

株式会社PRESI

東京の新築アパートや新築マンションをご紹介。購入・融資・建設・管理をワンストップでサポート

この企業を詳しく見る

『土地取得から物件販売まで、すべてをグループ内で手がけるワンストップ体制』

ブースの様子

PRESIは不動産投資の入り口から出口まですべてをトータルに手がける会社で、2014年に設立されました。まず、PRESIが収益用不動産に適した土地や物件を仕入れ、グループ会社のPRESI建設がその土地に最適なプランニング、建設を行います。また、その物件は同じくグループ会社のPRESI-Xが販売、リーシング、管理などを担当します。グループ内で土地購入、設計、建設、販売、管理まで全過程をワンストップで対応できる体制が強みとなっています。
弊社では特に単身者をターゲットとした投資用のアパート販売に力を注いでいます。マンションに比べ、お客様は少ない資本で土地・物件を購入できますし、土地に応じた柔軟な設計が可能なためです。相場よりも2〜3割安い販売価格であることも強みの一つです。

『一棟ものの物件だから、土地もそのまま自分の資産とすることができる』

現在のところ取り扱う物件は1棟もののみ、マンションなどの区分所有の取扱は行っておりません。1棟あたり価格帯は1億~5億(木造、鉄骨、RC)ほどで、エリアは首都圏内のみとしています。土地の価格が下がりにくい首都圏であれば、物件を購入して借金を返済すれば、土地をそのまま資産として残すことができるためです。そして、その土地を担保にし、アパートを新たに建設することも可能です。つまり非常に利回りの高い物件を作ることができます。ただしこれは土地に価値がある首都圏だからこそ可能なこと。土地の価値があまり上がらない地方都市にとっては、この手法は適していません。そのため、私達は商圏を広げずに首都圏を中心に活動を行っているのです。だからこそお客様は安定して高収益を得られることができる。お客様の利益を第一に考えた上での戦略です。

『ワンストップサービスだから実現する、リーズナブルな値段での物件提供、そして自由度の高い管理』

藤島正樹

ワンストップサービスの強みの一つとして、あらゆる段階からお客様のご意見を伺うことができることが挙げられます。早い段階から物件についてご検討いただけている場合は、設計の時からご要望をお伺いできます。たとえば、将来的には自分の子供たちの住まいにするため一つの区画だけ間取りを若干変更するなども可能です。私達が手がけるアパートは、画一的な間取りではありません。駅や学校、工場など近くにどのような施設があり、どのような方が住まいを求めているかのニーズを探った上で、最適な間取りをご提案できます。また、すべてグループ会社内で行っているので、余計な中間マージンが発生しません。したがって、非常にリーズナブルな形で物件を提供できるのです。
管理面でも非常に有利です。区分所有ではちょっとした工事でも管理組合の許可を得なければならなかったりしますが、一棟をまるまる所有していれば、自分の赴くままに改装や管理の変更ができる。管理者としての自由度が非常に高いのですね。
もちろん、リスクもあります。賃貸物件は入居者様がいらっしゃらない場合は収益を見込めません。私達はそのリスクを軽減するため、周囲環境を十分にリサーチした形で設計を行い、空室率の低い間取りと環境をご提案します。また区分所有の場合、入居者様がいらっしゃらない場合は収益はゼロとなってしまいますが、一棟での物件所有の場合は入居者さまが一人でもいらっしゃれば家賃収入が発生します。この点は安心できるかと思います。

『木造建築のニーズ、収益は今後ますます上がっていく』

2014年3月に創業以来、取り扱う物件数は増えています。昨年は30〜40件のお取引があり、今年度も増え続けています。設立して間もない会社ではありますが、私達はスタッフ1名あたり1日30〜50件の仲介業者様を訪ね歩き、現地に赴き、価値のある土地を探し続けています。この土地選びこそが私達の要。そして、地元の仲介業者との信頼関係を培ってきたからこそ入手できる土地も多いのです。
その土地をいかに収益の上がる物件にするか、さらにリーズナブルに提供できるかも私達の腕の見せどころだと思っています。現在のところ、平均で6%〜8.5%の収益を挙げられる物件をコンスタントに提供できております。その実績を評価いただき、複数所有のオーナー様も増えてきました。
弊社で手がける物件は木造建築が多いのですが、それにも理由があります。現在、建築物のクオリティは非常にアップし木造住宅でも防音、耐震性に優れた建物が増えています。居住性から考えても、コストの面、それに連動した利回りの面から考えても、賃貸物件向けのアパートは木造建築が非常に適していると考えております。付け加えるならば、建て替えが容易な点も賃貸用の建築で木造建築が好まれている理由の一つとなっています。

『土地も含めて取得、運用できるのが1棟ものの物件の強み』

藤島正樹

土地というものは、所有し続けていれば、子どもたちに残すことも可能です。その土地を上手に活用すれば、さらに資産は増えていきます。また、資産は現金で所有しているよりも、所有不動産を賃貸している形にすれば固定資産税評価額が下がるということも心に止めておいていただければと思います。近年の木造住宅は非常に質が向上し、築30年前後の建物でも快適に暮らすことができます。つまり築年数が古くても、立地条件がよければ大いに収益を得られるのです。私達は物件をワンストップで提供していますが、それはつまり、あらゆる面でのエキスパートということ。不動産投資については、さまざまな面についてご相談に乗れますので、気軽にご連絡いただければと思っています。

この企業をもっと知りたい

かかわるすべての人が幸せになれる、お客様本位の不動産取引を行うことを弊社は使命としています。取扱い物件は原則として賃貸需要が多く、土地の価値が下がりにくい首都圏内のみ、なおかつ厳選された地区の物件のみを取り扱うことで、6%以上という利回りを実現しました。お客様に自信を持っておすすめできる物件しか取り扱っておりません。

この企業を詳しく見る

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

LIFULL HOME’S不動産投資では、定期的にセミナー・フェアを開催しており多くの不動産投資家の皆さまにご参加いただいております。 今後も有益な情報を皆さまにお届けいたしますので、お楽しみにお待ち下さい。

2015 HOME’S不動産投資フェアレポートはこちら

LIFULL HOME’S不動産投資セミナー&フェアのご案内はこちら

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: 第7章 税金対策・節税

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 人気アパートのつくり方(3)管理会社との上手な付き合い方

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.23 東南アジアに向かう日系企業の状況 その3

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 国の空き家対策から考える 生き残る賃貸住宅の基準

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 連載コラム第十一回「天災リスクと保険の話」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 米国不動産投資&賃貸経営 9年目

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: スルガ銀行第三者委員会調査報告書

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 17.不動産投資「ボーナスステージ」終了後の戦い方

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ