藤田 博司の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

【民泊投資】民泊は駅から遠くても大丈夫?

こんにちは、藤田博司です。

「駅から遠い物件を民泊で運用するのはかなり難しい」と以前コラムに書きましたが、工夫次第で「駅から遠い物件でもじゅうぶん民泊で運用できる」ことが分かりました。
今回は、駅から遠い物件でも民泊を成功させる方法についてご紹介します。

駅から遠い物件は本当に不利?

車社会である地方の場合、駅からの距離は利便性にあまり影響がないケースもあるでしょう。しかし都心では、駅近物件と比べて駅から遠い物件は圧倒的に利便性が落ちます。
大きな荷物を持った旅行客(主に外国人)を利用者として想定すると、駅から遠い物件の場合、利用者募集に苦労するのは明白でしょう。
私は神奈川県、東京都に駅から徒歩25分以上あるアパートを保有しています。民泊運用できないかと思い、民泊運営代行会社に査定してもらったところ、どちらの物件も到底収支が合いませんでした。

もちろん例外もあります。
池袋、新宿といったターミナル駅や、浅草などの観光名所から徒歩25分というのであれば、利便性が悪くても高稼働で民泊運営ができるそうです。
駅から遠くても収益を上げられるというのは、このように限られた好立地の物件にだけ当てはまる話なのでしょう。

つまり、基本的には「駅から遠い物件で民泊運営するのはかなり難しい」ということです。

ところが先日、千葉県のとある中核市で駅から徒歩25分ほどの物件で簡易宿所を運営し、成功している方(以降Aさん)の話を聞く機会がありました。
簡単に説明すると、簡易宿所は民泊より許認可の難易度は高い一方で、営業日数や宿泊日数に制限がないというメリットがあります。
しかし「一般の住宅やマンションに有料でゲストを宿泊させる」という点では、民泊とほぼ同じと考えて相違ないでしょう。

さて、Aさんはなぜ駅から徒歩25分もある場所で、簡易宿所を成功させているのでしょうか?

駅から遠い物件での成功要因


それではAさんの事例を基に、駅から遠い物件での成功要因について説明しましょう。

Aさんが駅から遠い物件で簡易宿所を成功させている主な要因には、次の4つが考えられます。

・ターゲティング
・立地
・集客方法
・差別化

1つずつ説明します。

ターゲティング

Aさんの簡易宿所成功の1番のカギは「ターゲティング」です。
Aさんの物件の場合、「駅から遠い」というネガティブ要素を全く不便に思わない人たちが、メインの利用者となっているのです。

「駅から遠くても全く不便に思わない人」ってどのような人でしょうか?

「駅を利用しない人」
つまり
「電車を移動手段としていない人」です。

そうです。
「車で移動している人」です。

車で移動している人にとって、駅から遠いか近いかはさほど影響がありません。むしろ重要なのは、駐車場があるかないかです。
Aさんの物件にはもちろん駐車場があります。しかも駐車場の利用は無料にしているそうです。

車で移動して宿泊するお客さんなので、大半は日本人です。
私もそうでしたが「民泊 = 外国人観光客」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
Aさんのケースでは、「民泊 = 外国人観光客」という前提そのものが違うのです。

そうです、そもそもターゲットが違う!

ターゲットが違えば、当然ニーズも違います。
「民泊のターゲットは、大きなスーツケースを持って電車移動する旅行者」という固定概念を取り払ったことが、駅から遠い物件でも高稼働で簡易宿所運営ができているカギなのです。
ただし、駅から遠い物件の場合、駐車場があることはかなり重要な要素となるでしょう。

このように、駅から遠い物件でもターゲットとターゲットにあった工夫次第で、じゅうぶん民泊運営を成功させることができます。

Aさんの例をまとめると、
ターゲット → 車で移動する日本人
ターゲットにあった工夫 → 無料で利用できる駐車場がある
となります。

立地

ターゲットをどう設定するかと同時に、もう1つ大事な要素があります。
それは「立地」です。やはり立地という要素は外せません。ただ駐車場さえあれば、人が来て泊まっていくわけではないのです。

実はAさんが所有する物件の宿泊者の約60%は、東京ディズニーリゾートの利用者だそうです。Aさんの物件の例だと「利用者宅 → Aさんの物件 →東京ディズニーリゾート」またはその逆の移動があります。
つまり利用者は「東京ディズニーリゾートに行く」というメインの目的があり、そのために便利なAさんの物件に宿泊するのです。

Aさんの物件に関していうと、「東京ディズニーリゾートに行きやすい立地」ということが大きなポジティブ要素となっています。

このように、駅から遠くても車で移動するなら苦にならない程度の距離に名所がある立地であれば、じゅうぶんに民泊運用できる可能性があります。

ターゲットにあった集客方法

Airbnb、ブッキングドットコムをはじめ、民泊の集客に利用できるサービスはいくつもあります。その中で、ターゲットとする層がよく利用しているサービスを使って募集することが大切です。
例えば「日本人」をメインターゲットにするのであれば国内での集客に強いサービス、「中国人」をメインターゲットにするなら中国人の集客に強いサービスを利用するのが効果的です。

しかし、実際に運用してみないと分からないニーズも必ずあります。多少手間がかかりますが、最初は複数のサービスを使って募集し、しばらく運用してみるのがお勧めです。
どのような利用者が多いのかを把握した後、いくつかのサービスに絞っていくのがよいでしょう。
ちなみにAさんの物件の場合、ブッキングドットコムからの集客が大半を占めるそうです。

差別化

最後に、駅から遠い物件でも民泊運用を成功させる要因の1つ「差別化」について説明しましょう。
例えば

・その場所でしか食べられない料理
・その場所でしか見られない景色
・他にないような部屋
・独特の雰囲気

などです。

他にはないような特徴があれば、利便性のよくない物件であっても、利用者に魅力をアピールすることができます。
競合が少ない場合はあまり影響しませんが、競合が多くなるほど差別化することが大切です。

Aさんは「おもてなし」について学ぶために、自宅から遠い物件を1年間ご自身で管理、運営されたそうです。
利益だけを考えるのではなく、利用してくれるゲストに「いかに喜んでもらえるようにするか」を試行錯誤していくことが「差別化」につながったのでしょう。
そして、他にはないような「おもてなし」が受けられる物件として、集客に成功しているのだと思います。

まとめ

今回のコラムでは「東京ディズニーリゾートを利用する車移動の日本人」をメインの宿泊者とする簡易宿所の例をとりあげました。

民泊というと「大きなスーツケースを持った外国人が利用する」というイメージが強いですが、実際には他にもさまざまな利用者が考えられます。
ターゲットを変えることで、今までデメリットだと思っていたことが全くデメリットではなくなったり、今まで必要なかったことが必要になったりします。

新しい発想、アイデアが、当たり前だと思っていることや既存の常識、前提を覆すことがしばしばあります。そして、そうしたアイデアを形にした先には、広大なブルーオーシャンが広がっている。

Aさんの事例は、まさに目からウロコでした。
Aさんも最初から全て分かっていたわけではないでしょう。手探りで行動、模索し続けた結果、今の成功があるのだと思います。

許容可能なリスクを冒しつつ、挑戦・行動することで、新たな可能性を切り開いていけるのでしょう。
このコラムが、民泊運営に興味のある方や運営方法に悩んでいる方々に、何かしらお役に立てますと幸いです。

【このコラムの著者】

藤田 博司

2011年に0から不動産賃貸経営(不動産投資)をスタートし、
2019月8月現在、東京、神奈川、北海道に築古木造アパートを中心に全6棟、 区分1戸を所有。
再建築不可、借地権、旧耐震等やや癖がある物件もあり。
自主管理2棟、区分1部屋。

三重県出身。
筑波大学卒業後、ITベンダーを渡り歩き、フリーランスを経て、LIFULLに就職、2018年9月にLIFULLを卒業し、現在は不動産賃貸経営を中心に活動中。
不動産賃貸経営以外の分野も模索、検討中。

【自由で幸せな人生】のためのオススメ情報発信のため、ブログ「ひろすたライフ」を不定期更新中

■保有資格
LTILファンデーション、ソフトウェア開発技術者(現応用情報技術者試験に該当)、ビジネス文書検定2級、宅地建物取引士

■好きなこと
読書、サッカー、旅行

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

樗木 裕伸

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資ローンと住宅ローンの違いと5つの金融機関の特徴

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 融資が厳しい不動産投資に今から参入するべきか?金融機関と上手に付き合う7つのポイント

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: サブリースは本当に悪者か? ~賃貸住宅管理適正化法と知られていないサブリースの効用~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.51 ASEAN諸国における2020年の経済成長率はどうなるか?

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.4 なぜ、8割の外出自粛が必要だったのか?その発想を投資に活かす!

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: 個人投資家からみた、コロナ時代の不動産市況と投資戦略

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 新型コロナウイルスと賃貸市場

猪俣 淳

シリーズ連載:

最新コラム: 「東京都の賃貸需要・着工数・滅失数」

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。