LIFULL HOME'S PRESSの不動産投資コラム

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

2016年分路線価発表。大阪の御堂筋では前年比22.1%の上昇率も

無題10
HOME’S PRESS記事より引用 (2016年 07月11日 11時05分 掲載記事)
(※引用元の記事内容は、修正される場合があります)

相続税・贈与税の計算に利用される路線価

国税庁は2016年7月1日、相続税や贈与税を算出するときの基準となる路線価(2016年分)を公表した。
路線価は、国税庁が道路ごとに1m2当たりの価格を定めており、毎年1月1日時点で評価される公示地価を参考に、その80%程度の水準になるように路線価が決められる。なお、2016年分の路線価は、2016年1月1日から12月31日までに発生した相続・贈与に関わる相続税・贈与税の計算に利用されることになる。

2015年1月1日の相続税法改正により課税強化が実施されたことで、路線価の税金の負担増につながる世帯は、約1,200万世帯(+600万世帯)にのぼる。
2016年の路線価にはどのような傾向がみられるのだろうか。

東京都、神奈川県、大阪府などの6都府県が3年連続の上昇

路線価の全国平均は、前年比0.2%のプラスで、リーマン・ショック前の2008年以来8年ぶりに上昇に転じた。
上昇した都道府県の数は14都道府県で、前年と比較して4都道府県増加している。このうち、都道府県別の平均では、東京都が2.9%プラスでもっとも高い上昇率をを示しており、次いで東日本大震災復興の影響が現れた宮城県2.5%、福島県2.3%が続いている。
宮城県と愛知県(共に1.5%)は4年連続の上昇となったほか、東京都、福島県、大阪府(1.0%)、神奈川県(0.5%)、千葉県(0.4%)、埼玉県(0.2%)の6都府県が3年連続の上昇、さらに沖縄県(1.7%)と京都府(0.8%)が2年連続の上昇となっている。
また、北海道(0.8%)、福岡県(0.8%)、熊本県(0.1%)の3道県は、今年から新たに上昇へ転じた。

その他の33県は引き続き下落しているものの、静岡県、三重県、滋賀県、徳島県を除く29県は下落率が縮小している。静岡県と徳島県の2県については、前年と同じ下落率となり、三重県は▲1.7%から▲1.8%、滋賀県は0.0の横ばいから▲0.2と再び下落に転じている。しかし、下落したのは5道県から2県へと減少しており、3%を超える下落は前年の4県に対し、2016年は秋田県(▲3.9%)の1県にとどまっている。

なお、東京電力福島第1原発周辺の帰宅困難区域、居住制限区域などは、今年も引き続き、評価額を「ゼロ」としている。

都道府県庁所在地は25都市で上昇

都道府県庁所在地別で最高路線価が上昇したのは、前年よりも4都市増え、25都市となった。
上位から、大阪市北区角田町(御堂筋)が22.1%の上昇をはじめ、東京都中央区銀座5丁目(銀座中央通り)が18.7%の上昇、京都市下京区四条通寺町東入2丁目御旅町(四条通)が16.9%となっており、札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡の10都市が10%以上の上昇率になっている。
なお、最高路線価のトップは東京都中央区銀座5丁目の銀座中央通りで、1m2当たり3,200万円(前年比18.7%プラス)と、31年連続トップとなっている。

一方で、青森市が前年の横ばいから▲3.1%と下落に転じ、秋田市が▲3.7%から▲3.8%、鳥取市が▲4.2%から▲4.3%など下落率が拡大している都市もある。
路線価全国平均が前年比0.2%のプラスとなったものの、その実態は都市部の上昇率の伸びが強まったに過ぎず、引き続き「地価が上がる都市部と、下落が続く地方」という状況は変わってはいない。
東京都においては、2020年のオリンピック開催が追い風となっているものの、今後も継続して上昇するかは不透明な状況である。

順位場所最高路線価
(万円)
上昇率
1東京都中央区銀座5丁目銀座中央通り32,00018.7
2大阪市北区角田町御堂筋10,16022.1
3名古屋市中村区名駅1丁目名駅通り8,40014.1
4横浜市西区南幸1丁目横浜駅西口バスターミナル前通り7,8109.5
5福岡市中央区天神2丁目渡辺通り5,60012
6京都市下京区四条通寺町東入2丁目御旅町四条通3,25016.9
7札幌市中央区北5条西3丁目札幌停車場線通り3,12011.8
8神戸市中央区三宮1丁目三宮センター街2,80012.9
9さいたま市大宮区桜木町2丁目大宮駅西口駅前ロータリー2,7607
10広島市中区胡町相生通り2,30012.2

調査概要

<目的>
相続税や贈与税において土地等の価額は、時価により評価することとされてる。しかし、納税者が相続税等の申告に当たり、土地等についてご自分で時価を把握することは必ずしも容易ではない。そこで、相続税等の申告の便宜及び課税の公平を図る観点から、国税局(所)では毎年、全国の民有地について、土地等の評価額の基準となる路線価及び評価倍率を定めて公開してる。

出典:国税庁HP
 https://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2016/rosenka/index.htm

※評価方法などの詳しい情報についても、国税庁のHPを参照

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S PRESS

LIFULL HOME'S PRESSは、住まいの「本当」の情報を届け、住まいの専門家の知識・見解、住み替え体験者の体験・意見が学べます。 住まいの「今と未来」の新鮮な情報、トレンドを発信や「らしく住む」ための知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

樗木 裕伸

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資ローンと住宅ローンの違いと5つの金融機関の特徴

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 会社員の副業は不動産投資で決まり!?副業で取り組むメリット4つとは?

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 不動産投資で押さえておきたい土地の公的価格

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.41インドネシア不動産投資のチャンス その2

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 高齢化と不動産投資(2)~「簡易生命表」を見て、人生100年時代を理解する

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: ヨーロッパの不動産事情

最新コラム: 経済苦境続くギリシャ不動産のいま

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 利下げと不動産投資

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: フィッシャー・ハドソン・ウィルソン・モデル

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 27.「決算書思考」で不動産投資が変わる(前編)

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。