LIFULL HOME'S PRESSの不動産投資コラム

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

移住相談件数が2万件を突破。人気の移住地は?「移住希望地域ランキング2015」

無題10
HOME’S PRESS記事より引用 (2016年 05月10日 11時07分 掲載記事)
(※引用元の記事内容は、修正される場合があります)

移住相談件数が大幅に増加

ふるさと暮らしを希望する都市の住民と、全国の地方自治体のマッチングを行う認定NPO法人ふるさと回帰支援センターは、2016年2月15日に「移住希望地域ランキング2015」を発表した。ふるさと回帰支援センターが運営する「ふるさと暮らし情報センター」(東京都千代田区)へ来場した人を対象に実施されたものをまとめている。
ポータルサイトの開設や動画CMの制作、セミナーの開催など、各自治体が活発に取組む移住促進…。2015年の移住希望者は、増えたのだろうか?また、人気の移住希望地域はどこだったのだろうか?

2015年の移住相談件数は、前年の12,430件から21,584件へと大幅に増加した。増加率は約1.7倍となり、2万件を突破した。移住相談件数が増加した要因としては、各県や自治体による移住相談会やセミナーの開催回数が増加したことが挙げられる。年間の開催実績は302回と2014年の2倍以上となった。また、ふるさと回帰支援センター内に専属の移住相談員を配置した県が前年の5県から29県と大幅に増え、セミナーなどで集まった人たちが相談しやすい環境が出来たことも効果を奏したと思われる。

※ふるさと暮らし(IJUターン)を支援する相談窓口「ふるさと回帰支援センター」移住希望地域ランキング2015より

ふるさと回帰支援センター問合せ・来訪者の推移(東京)2008~2015年

ふるさと回帰支援センター問合せ・来訪者の推移(東京)2008~2015年

移住希望地1位は長野県

ふるさと回帰支援センターで移住相談カードを作成した人のうち、最も人気だった移住地はどこだったのだろうか?

ランキングの順位は、1位が長野県、2位山梨県、3位島根県となった。昨年は1位山梨県、2位長野県と上位2県が入れ替わったものの、首都圏から近い両県は人気の移住地となっている。3位にランクインした島根県は、昨年の8位から大きく順位が上昇した。島根県は県内全自治体が参加した移住相談会の開催、県・市町村・定住財団の連携による移住者受け入れ体制の構築が実を結ぶ結果となった。
また、大きく順位を上げたのが前年の18位から6位になった広島県だ。広島県は、ふるさと回帰支援センター内に「ひろしま暮らしサポート窓口」を設け、ひろしまライフスタイリスト(移住相談員)にすぐ相談が出来る環境をつくっている。また、ひろしま移住サポートサイト「HIROBIRO」を開設し、企業支援情報や移住者インタビューを掲載するなど、情報発信にも力を入れている。

8位の秋田県も前年の14位から大きく上昇した。秋田県はUターンに特化した粘り強い取組みを実施している。ちなみに、秋田はI・U・Jターンを秋田県独自の総称でAターンとしている。Aターンは、秋田県出身者もそうでない方も、「みんな秋田へ来てください!」との願いを込め、オールターン(ALL TURN)の”A”と秋田(AKITA)の”A”をかけた言葉だそうである。

るさと回帰支援センター(東京)移住希望地ランキング2015年 ※1月から12月までの1年間に新たに移住相談カードを作成した人が対象

るさと回帰支援センター(東京)移住希望地ランキング2015年
※1月から12月までの1年間に新たに移住相談カードを作成した人が対象

20~30代の移住希望者が大幅増

年代別に移住希望相談者を見ると、20代が前回調査の10.8%から16.1%と5.3%増加、30代は21.8%から28.7%と6.9%増加した。20~30代が占める割合は44.8%と、相談希望者の半分近くを占めている。
なかでも、Uターン希望者は25.5%から35.6%へと10%増加し、特に20代~30代のUターン希望者の増加が顕著である。

出身地とは別の地方に移り住むIターン希望の場合、移住したいと思っている移住先の情報を直接現地に赴いて収集するのは難しい。
前述したが、ふるさと回帰支援センターには専属の移住相談員を配置する県が29県ある。直接その土地に住む人と話が出来、また、各県の情報ブースも設置されており、複数の移住地を比較検討することも可能である。
定期的にセミナーや移住体験ツアーも開催されているので、移住を検討されている人は一度訪れてみてはどうだろう。

ふるさと回帰支援センター
http://www.furusatokaiki.net/

センター利用者の年代の推移(東京)2008~2015年

センター利用者の年代の推移(東京)2008~2015年

調査概要

調査対象:ふるさと暮らし情報センター(東京)利用者
調査手法:東京交通会館来場者調査(移住相談、相談会・セミナー参加者等)
調査時期:2015年1月~12月
回答数:4,359人

配信元ページを見る
【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S PRESS

LIFULL HOME'S PRESSは、住まいの「本当」の情報を届け、住まいの専門家の知識・見解、住み替え体験者の体験・意見が学べます。 住まいの「今と未来」の新鮮な情報、トレンドを発信や「らしく住む」ための知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

樗木 裕伸

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資ローンと住宅ローンの違いと5つの金融機関の特徴

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資の鍵「経費」を理解しよう!経費の種類・範囲は?

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 不動産投資で押さえておきたい土地の公的価格

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.41インドネシア不動産投資のチャンス その2

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 高齢化と不動産投資(2)~「簡易生命表」を見て、人生100年時代を理解する

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: ヨーロッパの不動産事情

最新コラム: 経済苦境続くギリシャ不動産のいま

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 利下げと不動産投資

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: フィッシャー・ハドソン・ウィルソン・モデル

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 27.「決算書思考」で不動産投資が変わる(前編)

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。