田中 圭介の不動産投資コラム

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

No.63 Withコロナ時代のASEAN各国経済と不動産マーケット 〜タイ その1〜

エイリックの田中です。
新年明けましておめでとうございます。
本年もASEAN不動産マーケットについて書いていきたいと思います。

2020年は誰も予測できなかった新型コロナウイルスによるロックダウンが世界中で起きてしまい、東京オリンピックも延期、そして世界が沈黙してしまった1年となりました。不動産に関しては新規の開発がストップしたものの価格は高値を維持している状況になりました。

しかし、足元の経済状況は非常に厳しいものがあります。まだ2020年のGDP成長率等は発表されていませんが、速報値で見ても各国軒並み昨年対比で5%以上のマイナスになっています。これが経済に与える影響は大きく、非常に由々しき問題です。以下、執筆時点でのASEAN各国の感染状況を記載しますが、ASEANの中ではインドネシア、フィリピンで感染者数が多く、感染が止まっていないのはマレーシアやミャンマーなどです。

一方でシンガポール、ベトナム、カンボジア、ラオスでは感染者数は増えておらず、死者も少ないです。タイは落ち着いていたもののクラスターが発生し、また非常事態宣言が出されたという状況です。

ワクチンも開発されつつありますが、まだまだ予断を許さぬ状況なのは確かであり、2021年も不安を抱えていると言っても過言ではないでしょう。

—————————————————–
■ASEAN各国の感染状況等(2021年1月6日現在)
 *データ元:ジョンズ・ホプキンス大学データ抜粋

* シンガポール :感染者58,721人、死亡者数29人
* マレーシア  :感染者数120,818人、死亡者数1,741人
* タイ     :感染者数8,966人、死亡者数65人
* フィリピン  :感染者数478,761人、死亡者数9,263人
* ベトナム   :感染者数1,497人、死亡者数35人
* インドネシア :感染者数772,103人、死亡者数22,911人
* カンボジア  :感染者数382人、死亡者数0人
* ラオス    :感染者数41人、死亡者数0人
* ミャンマー  :感染者数126,935人、死亡者数2,744人

■日本     :感染者数248,651人、死亡者数3,472人
■世界全体   :感染者数8,678万人以上、死亡者数186万人以上
—————————————————–

そんな状況ではありますが、新年最初のコラムはタイを取り上げたいと思います。タイは観光立国として有名で、このコラムでも何度も取り上げている国ですが、2020年は試練の年になりました。それまでも経済成長率が2-4%あり、不動産においても着実に上昇していた国です。

しかし2020年3月末に非常事態宣言が出てから、2021年1月時点までで合計8回の非常事態宣言延長が発令されています(2021年1月15日まで)。
これに伴い、バンコクではデモが頻繁に行われ、国民生活も非常に厳しい状況に陥っています。また経済状況も厳しくなっています。図1のグラフを見てください。このグラフは2020年第一四半期までのGDP成長率となっています。

図1:タイの四半期ごとのGDP推移

出典:Office of National Economic and Social Development Board (NESDB)


上記のグラフを見て分かる通り、2020年第二四半期が底になっており、2021年第一四半期ではプラスに転じるとなっています。しかし、このデータ自体が2020年10月時点のものであり、正式に数字が出てくる頃にはもっと悪くなっている可能性があります。特に2021年にはプラスに転じるとありますが、2021年1月15日まで非常事態宣言を出しているタイにおいては、2021年もまだまだ苦しい状況が続くと想定されます。

また度重なる非常事態宣言の延長により、タイでは自殺者が増加傾向にあります。「経済死」と新聞などでも訳される言葉がタイの現地新聞等で見られます。日本でも自殺者が増加してしまっていますが、なんとも悲しい話です。それくらい微笑みの国であるタイでも厳しい状況が続いているわけです。

新春早々暗い話になってしまいましたが、それだけ厳しい状況であると認識をしていただければ幸いです。次回はもう少し経済と不動産の状況について書いていきたいと思います。

2021年は明るい話題やテーマで書いていけるようになればと心から思います。今が「底」だと思いますので、2021年は素晴らしい年になるようにしていきましょう。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

【このコラムの著者】

田中 圭介

1979年兵庫県生まれ、関西学院大学経済学部卒。 新卒で外資系製薬メーカー入社後、出版社を立ち上げる。 2005年より大手不動産ポータルサイトにて営業責任者を5年以上歴任した後、2011年タイにて現地法人の立ち上げ、現地不動産ポータルサイトを立ち上げた経験を持つ。 在タイ時代から数多くの人脈を持ち、ASEAN各国を駆けずり回る。 現場主義を信条とし、自身の経験や知識を元に投資家や企業のサポートを行う。 主な著書に「ASEAN不動産投資の教科書」など3冊。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 主な不労所得の種類とは?-不動産投資が選ばれる理由-

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 少額資金から始められる不動産投資とは?~J-REIT、不動産小口化商品、不動産クラウドファンディングの基本~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 相続対策と不動産投資、その違い

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: その”イールドギャップ”間違えてますよ

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。