田中 圭介の不動産投資コラム

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

No.92各国のビザ状況について 〜タイ、フィリピン〜

エイリックの田中です。

移住を考えるなら避けては通れないのがビザです。各国のビザについて書いてきましたが、今回はマレーシア以外のビザについて書いていきたいと思います。

マレーシアのMM2Hが厳しくなる、ということは、「移住者が他国に流れる」ということでもあります。そういう意味で、移住者を積極的に取り入れようとしているのがタイです。またそもそも移住者に対してビザが取りやすいと言われている国がフィリピンです。今回はその2カ国のビザについて見てみたいと思います。

■タイのリタイヤメントビザとエリートビザ

◯リタイヤメントビザ
・リタイアメントビザは、タイに90日間滞在できるものと1年間滞在できるものがあり、タイのリタイアメントビザは退職者に発行されるビザのため、リタイアメントビザを取得した人がタイで働くことはできません。

またタイへの移住に際してリタイアメントビザを申請するには、以下の条件を満たしている必要があります。

– 満50歳以上
– タイ王国の入国禁止者リストに載っていない
– 過去、日本でタイの治安を脅かすような犯罪歴がない
– タイ王国の特定疾患(ハンセン病・結核・麻薬中毒・象皮病・第三期梅毒)ではない
– 日本国籍もしくは日本に永住権を持つ外国籍の方
– 80万バーツ以上の貯金、または月65,000バーツ以上の年金収入、または貯金及び収入の合計が80万バーツ以上ある方

◯エリートビザ

リタイヤメントビザは退職者に発行されるビザですが、タイにはもう一つタイの国家プログラム、タイランドエリートのメンバーに発給されるタイラインドエリートビザというものがあります。2003年にスタートしたタイランドエリートはタイに長期滞在を希望する外国人、タイと外国を頻繁に行き来する外国人に人気を得ています。

タイランドエリートの特筆すべき点は、タイの長期滞在を可能にするタイランドエリートビザの発給です。タイの法律でタイランドエリートメンバーだけのために認められたビザで「お金で買えるビザ」とも言えます。
主な得点は以下の通りですが、非常に細かく分かれているため、HP等で確認をされるのが良いと思います。

1 5年、10年、20年の滞在を実現
2 毎回入国の度に1年間の滞在許可
3 何度でも入出国可能
4 申請・受け取りが簡単
5 入国時に空港でビザ受け取り可能

*また現在コロナ禍にあるため、タイでは「スマートビザ」が検討されています。これが実現すれば外国人でも土地が購入できるという内容なのですが、要件等はまだ決まっていません。ぜひチェックしてみてください。

■フィリピンのビザについて

フィリピンでは観光ビザを含めたくさんのビザがありますが、その中でも永住権に近いようなビザを3つご紹介します。フィリピンが人気なのはこういった受け入れしてくれるビザがあるというのも一つかもしれません。
◯SRRV(Special Resident Retiree’s Visa)

他国のリタイヤメントビザと比べ、若いうちから取得できる点が大きな魅力となっています。

【SSRVの特徴】
– 取得可能年齢:35歳以上
– 取得に必要な金額:供託預金として10,000〜50,000USドル
(日本円で約110万〜540万円)
– 取得に必要な滞在期間:30〜40日
– 住居の必要性:不動産を購入もしくは賃貸し、住所の確保が必要
– 滞在可能日数:無制限
– 滞在義務なし(出入国自由)、現地での就労も可能
– 更新:1年毎

◯クオータービザ
各国に対して年間50人分しか発給されていないのがクオータービザです。そのため取得が非常に厳しいのですが、もし取得できればメリットは大きい、そんなビザになります。

【クオータービザの特徴】
– 取得可能年齢:20歳以上
– 取得に必要な金額:供託預金として50,000USドル(日本円で約540万円)
– 取得に必要な滞在期間:30〜40日
– 住居の必要性:不動産を購入もしくは賃貸し、住所の確保が必要
– 滞在可能日数:無制限
– 滞在義務なし(出入国自由)、現地での就労も可能
– 更新:1年毎

クオータービザもSRRVと同様に供託預金が必要となりますが、クオータービザの場合は、ビザの取得が完了してしまえば預けている50,000USドルを自由に使うことができます。この点は、供託預金を投資に使うか銀行に預け続けなければならないSRRVと大きな違いです。

ただし、年間50人という取得者制限もあり、クオータービザの入手は極めて困難かつ複雑と言われています。なかなかレアな案件とも言えるでしょう。残念ながら私はこのクオータービザを持っている人にお会いしたことはありません。

◯APRV(APECO特別永住権プログラムビザ)

これはある種かなり独特なビザになります。フィリピンの開発事業に投資することでビザが取得できるというものです。

【APRVの特徴】
– 取得可能年齢:制限なし
– 取得に必要な金額:事業開発援助費20,000USドル+登録手数料150万円(日本円で合計約370万円)
– 取得に必要な滞在期間:5日
– 住居の必要性:不要
– 滞在可能日数:無制限
– 滞在義務なし(出入国自由)、現地での就労も可能
– 更新:5年毎

SRRVやクオータービザを取得するには、フィリピンに30〜40日間の連続滞在が必要とされていますが、APRVの場合は5日間の連続滞在だけとなります。

加えてSRRVとクオータービザは現地の住居・住所が必要になりますが、APRVを取得するとAPECO内のリゾート施設を住所として申請できるため、住居の確保をする必要もありません(フィリピン国内の他の場所に住居を確保することで住所を移転することも可能)。

良いこと尽くめのようなAPRVですが、デメリットは資金です。上述した通り、開発援助費用等で370万円前後が必要ですが、これはSRRVやクオータービザの供託預金とは異なり、投じた資金は永住を辞めたとしても戻ってきません。
つまり、370万円ほどで「永住権を買う」という感覚に近いかもしれません。
ただ、決して高すぎるわけではないので、このビザも非常に人気になっています。よって、今後このビザが発行されるか、もしくはマレーシアのようにいきなり値段が上がるなどのことは考えておいた方が良いと思います。

マレーシアのMM2Hが改変された通り、ビザは常に流動的です。今回の情報は2021年10月時点での話ですが、コロナ禍でMM2Hが変わったように、もしかすると2022年で変わる可能性があります。こればっかりは正直なんとも言えないので、常日頃からの情報収集が非常に重要だと思います。

ただ、日本だけでなく新しい国でも暮らせるというのは非常に魅力的です。単純な旅行や出張だけでなく、現地で生活をしてみるというのはとても豊かな人生だと私自身の体験からも感じるわけで、ぜひビザについて情報収集して欲しいものです。

【このコラムの著者】

田中 圭介

1979年兵庫県生まれ、関西学院大学経済学部卒。 新卒で外資系製薬メーカー入社後、出版社を立ち上げる。 2005年より大手不動産ポータルサイトにて営業責任者を5年以上歴任した後、2011年タイにて現地法人の立ち上げ、現地不動産ポータルサイトを立ち上げた経験を持つ。 在タイ時代から数多くの人脈を持ち、ASEAN各国を駆けずり回る。 現場主義を信条とし、自身の経験や知識を元に投資家や企業のサポートを行う。 主な著書に「ASEAN不動産投資の教科書」など3冊。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

不動産投資NEWS

シリーズ連載: 不動産投資ニュース

最新コラム: 株式会社アイデアルが『ReDEAL王子神谷レジデンス(仮称)』を取得

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~火災保険はどうなるのか~

田中法人

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 実家空き家の有効活用

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 「目に見えない不動産投資の落とし穴③」 ~物件選びには、環境面からの建物を意識しよう~

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 「かぼちゃの馬車」騒動で露見した借地借家法の不都合な事実

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 仮想通貨は今後も期待できる?【投資家に人気の仮想通貨4選も紹介】

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: SDGsの広がりが不動産投資に与える影響 ~賃貸オーナーが意識すべきESG経営とは~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: レンタブル比と立退きと土地値物件の話。

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。