寺尾 恵介の不動産投資コラム

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

20.配偶者に不動産投資を反対されないために(前編)

長く続いているLIFULL HOME’S 不動産投資のコラム。質問回答を中心とした「誌上チャレンジ面談編」も、今回で20回目を迎えました。お読みいただいている皆様、ありがとうございます。

さて、今回は非常によくある質問、お悩み、失敗事例を総合してお話しようと思います。
それは「配偶者に不動産投資を反対されている」というものについてです。
そういう悩みのない方から見ると、どうして打開できないのか分からないようなお悩み(特に、男性が奥さんから反対されている場合)なのですが、困っているご本人からすれば出口の見えない切実な問題です。

男女の思考の違い

ぼくは長いこと、一棟目購入のための無料面談(チャレンジ面談)を行っていますが、こちらに来られる方や、その後も継続的なアドバイスをさせていただくチャレンジ生を見ていても、男女の差というのは確実にあります。
http://toushika-keichan.com/charenge/

ぼくは、「男性脳、女性脳」なんて言い方はあまり好きではありませんが、はるか昔の原始人の頃から男女には役割の違いがあり続けていますし、それが現代でも考え方や価値観の違いをもたらしていると考えるのはごく自然なことです。男女は平等ですが、同じではありません。
そして、この考え方や価値観の違いが、「配偶者に不動産投資を反対される」という原因のひとつになっていることは間違いないでしょう。

例えば、奥さんに反対されている男性の場合、

「キャッシュフローも潤沢、出口戦略も安心できるのに危険だと言われる」
「副収入の必要性を理解してもらえない」
「保証人になるのがどうしてもイヤだと言われる」

というような理由がほとんどです。
これは、男性の投資家さんのシミュレーションや物件選択に問題がある場合もあり得ますが、実は多くの場合「言っている意味がよく分からないから」という理由であることが多いです。

一般的に、女性は男性に比べて「目に見えているもの、その場にあるもの」に関心が高いと言われています。男性はそうではなく、「バーチャルなもの、スケールの大きいもの」を好む傾向があります。

これは、例えば食事や飲み会での会話などでもすぐに違いが分かることです。
男の人同士の飲み会では、「プロジェクトの方向性がおかしい」みたいなスケールの大きな話だったり、またはご自身の武勇伝的な「語りもの」や、思い出話などがテーマになることが多いのではないでしょうか。
逆に、女性だけの会食においては、それぞれが着ている服だったりお店のインテリアだったり並んでいる料理だったりといった、リアルで共有できるものが話題になります。ご自身の子供や家族などの「身近な話題」を好むのも、大抵は女性です。

シミュレーションより現地に連れて行く

そして、このあたりの違いに「奥さんが反対する」という原因のひとつがあります。
つまり「旦那さんの話がバーチャル&スケールが大きすぎて分からない」のです。

奥さんの理解を得られていない方に聞いてみると、ほとんどが「物件概要書と収支のシミュレーションを見せて説明した」という話をしてくれます。
1千万円弱の頭金を使うだけで、毎月20万円のキャッシュフローが出続けるだけでなく、10年後に売却すれば2千万円以上のキャッシュが戻ってくる・・みたいな話は非常に魅力的ではあるのですが、先述のように女性はバーチャルなものや現実感のないものをあまり好みません。

将来のキャッシュフローや出口戦略はよく分からないけど、1億円の借金はイメージしやすいので、「うちの旦那は訳の分からないものを、1億円借金して買おうとしている」と思ってしまうのです。それでは、反対されてしまうのも無理はないでしょう。

一方、奥さんの反対に悩んでいる方が、実際に奥さんを現地に連れて行って物件を見せたり、普段やりとりしている不動産会社の人に会わせたりすることはほとんどありません。
物件のイマイチなところを指摘されたくないのか、業者さんとの商談に同席されることで、ご自分の知識や経験のなさが露呈するのを恐れているのか、いずれにしても「リアルなもの」から奥さんを遠ざけようとしていることが多いのです。
※ちなみに、ここに出てきた男性の「プライドの高さ」は、逆のパターン(旦那さんが反対するケース)で留意するポイントです。

物件やご自身の弱みを隠して、格好いいところだけで賛同を得ようとするのではなく、全てを公開して良い点・悪い点とも分かってもらうこと。そして不動産投資について現実感を持って理解してもらうことが、奥さんに賛成してもらう早道のひとつです。

心配されているのは、不動産投資ではなくて・・

次に「副収入の必要性を理解してもらえない」パターンを説明したいところですが、その前に根本的な話をひとつ。

不動産投資はしっかり勉強して真剣に取り組めば、高い確率で資産や収入の増加を実現できるものであるのは事実です。そして、ほとんどの方がその資産・収入を増やしたい理由として「家族のために」と考えていると思います。それなのに、なぜ理解賛同を得られないのか。
やはりそこには「究極的なところで、信用を得られていない」ということに尽きるのではないでしょうか。

試しに、不動産投資に反対されている男性が、「会社を辞めて起業しようと思っている」という話を奥さんにしてみると、100%反対されるはずです。ベンチャー企業への転職でも同じでしょう。
これは不動産投資ではなく、残念ながらご本人自身が信用されてないということの表れです。

普段の言動や生活態度、家族とのコミュニケーション、勤務先でのお仕事ぶり、趣味や自分に課した日課をきちんと遂行しているかどうか、さらには起床時刻やお酒の量、禁煙や減量に成功したかどうかまで、奥さんは総合的かつ冷静に自分のパートナーを判断した上で不動産投資に反対している訳です。
まずは、そうした細かいひとつひとつを振り返り、改めていくことが大切ですね。

また、自分が自由に使えるお金の範囲(もちろん借入なし)で不動産を購入し、しっかり修繕や客付けを行って利益を生ませてみるのも良い方法です。
信用されるような行動ができていなかった自分が、実際に不動産投資で狙った通りの成果を出して成功したという事実は、奥様の理解を得るための強烈なプラス材料になるのは間違いありません。
物件の良さを分かってもらった上で賛成されるよりも、願わくは「あたなが選んだことでしたら、私は無条件で賛成いたします」と言われるようになりたいものです(笑)

次回の後編は、奥さんに問題があるパターンの解説と、逆に旦那さんから反対されている女性投資家さんの解決についてお話したいと思います。

【このコラムの著者】

寺尾 恵介

不動産投資・アパート経営の人気ブログを運営する「投資家けーちゃん」
大家さん向けの情報誌「満室経営新聞」の編集長。

1973年愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業。1996年に住友海上火災保険株式会社(現:三井住友海上火災保険株式会社)に入社し12年間勤務。富山支店在任時代に不動産投資に目覚め、現在までに約110室、家賃年収は6千万円に達する。

一般的には空室リスクも高く、アパート経営に不向きと言われる北陸地方(石川県、富山県)で物件を購入しているにも関わらず、入居率は常に90%以上で推移。管理会社を中心とした「チーム」での運営を得意とするスタイル。

運営ブログ 投資家けーちゃん「ハッピー&リッチBLOG」 http://toushika-keichan.com
メルマガ 投資家けーちゃんの不動産投資メールマガジン(23,000部) http://www.mag2.com/m/0000254056.html
著作 満室チームで大成功! 全国どこでもアパート経営(筑摩書房) http://www.amazon.co.jp/dp/4480863885/
みんなが知らない 満室大家さんのヒミツ(ぱる出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4827205612

講演/セミナー実績
 全国賃貸住宅新聞社(賃貸住宅フェア)
 東京都宅地建物取引業協会
 株式会社ビジネスブレークスルー
 日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
 北陸電力株式会社
 中部電力株式会社
 株式会社ギブコム
 SBIホールディングス株式会社
 株式会社ネクスト(HOME'S不動産投資フェア)
 健美家株式会社
 株式会社ファーストロジック(お宝不動産セミナー)
 三和エステート株式会社

その他、全国の不動産管理会社様での講演多数

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

樗木 裕伸

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資ローンと住宅ローンの違いと5つの金融機関の特徴

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資の鍵「経費」を理解しよう!経費の種類・範囲は?

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 不動産投資で押さえておきたい土地の公的価格

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.41インドネシア不動産投資のチャンス その2

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 高齢化と不動産投資(2)~「簡易生命表」を見て、人生100年時代を理解する

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: ヨーロッパの不動産事情

最新コラム: 経済苦境続くギリシャ不動産のいま

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 利下げと不動産投資

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: フィッシャー・ハドソン・ウィルソン・モデル

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。