北野 琴奈の不動産投資コラム

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

米国不動産投資&賃貸経営 9年目

不動産についてご質問を受けるのは日本国内のことが多いのですが、ここ数年は海外不動産についても聞かれることが増えました。
海外不動産と一口に言っても、国は様々。更には、同じ国でも地域により売買・賃貸の事情が異なることは珍しくありません。
私自身、実体験があるのは米国のカリフォルニア州とネバダ州であり、その他の地域や国については、見聞きはするものの実感を伴うわけではありません。
今年で米国における賃貸経営は9年目に突入し、購入から売却まで一通りの流れも経験してきた中で、上記2州については多少なりとも「こういうもの」という感覚ができてきたように感じます。
それでも何かトラブルが起きた時、それがお国(地域)柄なのか個別要素の強い事例なのかは、まだまだ判断が難しいところです。

滞納についての考え方

お世話になっている管理会社さんのご尽力もあり、これまで空室で困ることはあまりなかったのですが、突発的な修繕や滞納といったトラブルはいくつか発生しました。
なかでも、滞納についての考え方は日米で結構な違いがあることを実感したことがあります。
まず日本での場合、通常の賃貸借契約では借主の立場が手厚く保護されているため、通常、滞納があったとしても即座に退去してもらうことは難しいのです。しかるべき期間(3ヵ月程度が目安)と裁判などの法的手段を取るという煩雑な手続きが必要となります。裁判の前には、契約解除の予告通知書を内容証明郵便で送付といった段階を踏むことになるため時間もかかります。

一方米国の場合は、特に借主の立場の方が強いわけではなく、貸主の権利も十分に尊重されています。家賃滞納に対して何度か交渉を試みても状況が改善されない場合は、(3ヵ月といわず)退去してもらうことが可能です。その場合、費用はかかりますが、後々のトラブルを避けるためにも弁護士を通じて行った方が良さそうです。

また米国では、個人に割り振られている社会保障番号というものがあります。日本で言うマイナンバーのようなものです。この番号は生活の様々な場面で提示が必要になり、これまでの金銭トラブル等の履歴もリスト化されています。住居を借りる際にも番号を求められることが多いため、滞納履歴がついてしまうとその後、自分名義では借りにくくなることもあるそうです。

その他、「家賃滞納が発生したらさっさと退去してもらい、次の入居者の方を見つける方にエネルギーを注ぐ方が良い。仮に滞納分を回収できなかったとしても、日本と違ってすぐに退去ということができるのだから、迅速に対応すればそこまで痛手ではない。」という話しも聞いたことがあります。
確かに築年数を経ても賃料が下がりにくく空室も少なめ、長期で見れば物件価値が上昇していくという、日本とは異なる環境だと考えられているからこその視点だと感じます。

日本人は細かい?!

米国不動産と関わるようになり日米の考え方の違いで耳にすることが多いのが、「日本人は細かい」ということ。
期日を守る、定期的な状況の報告などといったことは、日本人の感覚では当たり前だと思われるかもしれませんが、実際問題として現場で常に徹底して行うことは難しいようです。日本とは違い、多様な人種がいることの影響も大きいのでしょう。
なかなか状況が変わらないのであれば、必要以上に目くじらを立てて疲弊するよりも、こちらとしても「正論を主張する」考え方を少し変えた方が、ストレス軽減されそうです。
このようなことを考えると、日本にいながら海外で不動産を保有する際には、日本人気質と現地気質、共に理解して上手く調整できる方々の存在が不可欠だと強く感じます。
私の場合も、信頼のおける方々に間に入っていただいていますが、各種「調整」にご苦労されているはずです。

日本においても地域により慣習の違いはありますが、国が変わると理解不能なことに出会うこともしばしば。その背景にある文化や根本的な考え方の違いを知り、相手を理解しようとする姿勢も必要です。
ある意味、自分のキャパシティーを広げる機会だと思えば、多少はおおらかな気持ちになれるかもしれませんね。

【このコラムの著者】

北野 琴奈

ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会認定 CFP®認定者)
ワインエキスパート(日本ソムリエ協会認定)

1974年 北海道生まれ。
津田塾大学卒業後、会社員を経て独立。
実践型FPとして資産運用、不動産投資・賃貸経営、キャリアなどに関する講演、執筆、コンサルティング等を行う。

会社員の頃、資産運用の大切さを実感し、ファイナンシャル・プランナーの上級資格である、国際ライセンスCFP®資格を取得。
同時にロバート・キヨサキ著『金持ち父さん貧乏父さん』を読んだのをきっかけに、夢実現の手段として不動産投資・経営をはじめ、東京を中心に計104室まで保有。海外にもチャレンジし、アメリカの物件購入に到る。

TBS「かっちりマンデー!!」、「がっちりアカデミー!!」、BS11デジタル「不動産王」、BSジャパン「日経プラス10」、日経CNBC「不動産投資AtoZ」等にコメンテーターとして出演。その他メディア出演・取材協力多数。
一方、ワイン好きの趣味が高じて「ワインエキスパート」の資格を取得、ワインに関する講座を務める。
著書に、『逆算で夢をかなえる人生とお金の法則』、『47テーマで学ぶ家計の教科書』、『はじめての人のJ-REIT 基礎知識&儲けのポイント 』がある。

HP: http://www.kotonakitano.com/
blog: http://blog.livedoor.jp/kotonakitano/

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: 第5章 海外不動産・アメリカ不動産(1)

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 人気アパートのつくり方(2)中古アパートでもできる工夫がある

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.21 東南アジアに向かう日系企業の状況 その1

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 国の空き家対策から考える 生き残る賃貸住宅の基準

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第十回「海外管理会社とのトラブル、傾向と対処法」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: スルガ銀行第三者委員会調査報告書

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(1) ― ダラス編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 17.不動産投資「ボーナスステージ」終了後の戦い方

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ