不動産投資NEWSの不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資ニュース

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

コロナ禍で業務がデジタル化した人のうち、60.6%が企業の対応を評価。働きやすさへの好影響も顕著に

〜 SmartHRが「新型コロナウイルス流行前後における人事・労務業務の変化」に関する調査を実施 〜

株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役:宮田 昇始)が運営する「SmartHR 人事労務研究所」は、「新型コロナウイルス流行前後における人事・労務業務の変化」をテーマにした調査を、人事労務担当者1,030人を対象に実施いたしました。

■ 調査結果要約

・コロナ前後でデジタル化が進んだのは20%程度、うち64.0%が効果を実感
・デジタル化で業務・心理面にポジティブな影響広がる。最多は「工数や時間の削減効果」、32.5%が評価
・コロナ禍で業務がデジタル化、働く環境への満足度高まる。デジタル化した人のうち60.6%が社会変化への適応状況を評価
・人事管理システムを導入している回答者、勤め先に働きやすさを感じる傾向顕著に
・働きにくさを感じる人事・労務担当者、46.0%が雇用契約の人事管理システム化を望む
・望まれるデジタル化、紙の雇用契約79.4%がシステム化を希望。背景には社会状況も

■ 調査結果
1. コロナ前後でデジタル化が進んだのは20%程度、うち64.0%が効果を実感

今回の調査の結果、2019年度(新型コロナウイルス感染症拡大前)と2021年度(コロナ禍)で人事・労務業務の業務手法に変化がなかった人は全業務で67%を超え、デジタル化した人は20%程度だったことが分かりました。

しかし、変化した割合は20%程度だったものの、業務手法がデジタル化した人のうち64.0%の人がその手法変化を「良かった」と感じており、業務手法のデジタル化が前向きに受け入れられる傾向であることがわかります。

さらに、デジタル化の変化を「紙から表計算ソフト」「表計算ソフトからシステム」「紙からシステム」の3つに分けてみると、デジタル化して良かったと回答した割合は「表計算ソフトからシステム」への変化で74.3%と最も多い結果となりました。表計算ソフトからシステムへの移行者が、システム移行を最も前向きに捉えているといえます。

2. デジタル化で業務・心理面にポジティブな影響広がる。最多は「工数や時間の削減効果」、32.5%が評価
2019年度(新型コロナウイルス感染症拡大前)と2021年度(コロナ禍)の企業体制や業務手法の変化による業務面・心理面への影響を尋ねたところ、デジタル化した人は「該当業務にかける工数や時間が減った(32.5%)」、「書類紛失の心配が減った(30.0%)」とほとんどの項目においてポジティブな変化を実感しており、業務手法のデジタル化が業務効率化の実感や勤め先への信頼感醸成に繋がる可能性があることが分かります。

3. コロナ禍で業務がデジタル化、働く環境への満足度高まる。デジタル化した人のうち60.6%が社会変化への適応状況を評価
勤め先の働く環境に関する3つの項目「お勤め先の経営方針」、「現在の社会変化への適応状況」、「将来の不測の事態への備え」に対する満足度について、業務手法がデジタル化した人はすべての項目で満足である割合が半数を超えました。特にデジタル化した人は「現在の社会変化への適応状況」においては60.6%が満足しており、業務手法が変化しなかった人との差は11.9ptとなりました。従業員にとってコロナ禍でのデジタル化が社会変化に適応した行動として評価されていたことがうかがえます。
さらに、業務手法がデジタル化した回答者を変化の種類別に見ると、すべての項目で「表計算ソフトからシステム」に変化した回答者の満足度が最も高く、次いで「紙からシステム」「紙から表計算ソフト」に変化した回答者が続き、表計算ソフト以上にシステムへの変化が従業員の満足度を高めるために有効であると推察されます。

4. 人事管理システムを導入している回答者、勤め先に働きやすさを感じる傾向顕著に
2021年度の人事・労務の業務手法を働きやすさ別で比較したところ、「働きにくい」と回答した人は全項目で紙で業務を行っている割合が高く、反対に「働きやすい」と回答した人は全項目で人事管理システムで業務を行っている割合が高い傾向が見られました。

5. 働きにくさを感じる人事・労務担当者、46.0%が雇用契約の人事管理システム化を望む
業務別に人事管理システムへの変更希望有無を尋ねたところ、「働きにくさ」を感じている人は新入社員の雇用契約や入社時提出書類、情報収集に対してシステムを導入したいと回答した割合が高く、2つの項目に対する業務負荷の高さがうかがえます。

6. 望まれるデジタル化、紙の雇用契約79.4%がシステム化を希望。背景には社会状況も
紙または表計算ソフトで業務を行う人を対象に、業務手法のデジタル化希望を問う設問では、6つの人事・労務業務すべてで63.3%以上が業務手法のデジタル化を希望しました。

デジタル化を希望する紙または表計算ソフトで業務を行う回答者に、各業務で希望する業務手法を尋ねたところ、全項目で人事管理システムが57.4%以上と表計算ソフトを大きく上回り、専門的に開発されたシステムへと変化を希望していることが分かりました。特に、「新入社員の雇用契約」業務では、80%に迫る回答者が人事管理システムへの変化を求めています。

2021年度の実際の業務手法では、給与明細発行・源泉徴収票発行・年末調整は人事管理システムの割合が50%を超えたものの、他業務は紙の割合が半数以上を占めており、デジタル化への遅れが見えます。

なお、業務手法のデジタル化を希望する理由は「業務負荷を軽減したいから(54.5%)」が最も多く、次いで「単純作業ではない別の仕事に工数や時間を割きたい(36.2%)」、「属人化している仕事を減らしたい(32.6%)」が続くことから、デジタル化希望の背景には業務効率化や創造的な仕事に人的資源を割きたいという意向があることがうかがえます。
また、「新型コロナウイルス感染症のような社会変化にも対応できる環境で働きたいから(28.2%)」、「テレワークをしたいから(20.8%)」という回答もともに20%を超え、昨今の社会状況の変化もデジタル化希望に影響していると推察されます。

■ SmartHR 人事労務研究所 総評
今回の調査から、人事・労務担当者の働きやすさは業務手法に深く関わっており、また、現時点でアナログな手法で業務を行っている担当者の多くが人事管理システムでの業務を望んでいることが分かりました。アナログな手法は人事・労務担当者だけでなく、情報の提出や書類の受け取りに対する従業員側の業務効率や働きやすさにも連動するのではないかと思います。新型コロナウイルス感染症拡大をきっかけに不測の事態への備えとしてもデジタル化へ移行した企業も増えており、効果は大きいことを実感している方も多いでしょう。今回の調査結果によって、従業員の働きやすさと業務手法のデジタル化は会社全体の生産性向上にも関わるものであること改めて実感しました。

■ 調査概要

・回答者:人事労務担当者 1,030人 (関東:515人 関西:515人)
・調査期間:2021年10月22日〜2021年10月25日
・調査手法:インターネット調査
・調査委託先:株式会社マクロミル

※本調査結果の二次利用は「出典元:SmartHR 人事労務研究所」を記載いただきご使用ください

■ 「SmartHR 人事労務研究所」について
人事労務のより良い在り方を研究する組織「SmartHR 人事労務研究所」は、「始めよう、次代への労務改革」をテーマに、主に下記の3つの役割を担っています。

・人事労務のベストプラクティス(最も効率的で効果的な方法)の定義
・学術的な観点から人事労務の分析
・人事労務の新しいキャリアの構築・提供

■ 株式会社SmartHRについて
2013年1月23日設立。2015年11月にクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供開始。雇用契約、年末調整などの人事・労務業務のペーパーレス化や、従業員サーベイや分析レポートなど蓄積された情報を活用する人材マネジメントまで、多様な人事・労務の業務効率化を実現します。「SmartHR」は総務省が提供するe-Gov APIと連携しており、Web上から役所への申請も可能。煩雑で時間のかかる人事・労務管理から経営者、担当者、従業員を解放し、企業の生産性向上を後押ししています。2020年には関西支社に続き九州、東海にも拠点を開設。2021年、シリーズDラウンドで海外投資家などから約156億円を調達し、累計調達額は約238億円となりました。

■ 会社概要

・社名:株式会社SmartHR
・代表取締役:宮田 昇始
・事業内容:クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営・販売
・設立:2013年1月23日
・資本金:83億1452万円
・本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
・企業URL:​https://smarthr.co.jp/

※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

【このコラムの著者】

不動産投資NEWS

不動産投資に関わる様々なサービスや最新のトレンドニュースを発信。
LIFULL HOME'S 編集部では不動産投資に関わる基礎知識やノウハウも提供をしていますので、あわせてチェック!
LIFULL HOME'S 不動産投資編集部のコラムはこちら

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

有田宏

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産投資収益率の計算方法

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~実家を賃貸にした場合の確定申告~

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 駐車場への投資を考える

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 「円安進行」「金利上昇」「ウクライナ紛争」 わが国の不動産投資への影響は?

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 結局、「2022年問題」は賃貸市場に影響を与えるのか?

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.105 フィリピン大統領選による不動産マーケットの変化はあるのか?

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 賃貸併用住宅を建てる時の判断

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。