不動産投資NEWSの不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資ニュース

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

築40年のオフィスを情報発信型シェアオフィスに再生 リアルな「場」を新たな「メディア」へ

~築古ビルの新たな可能性を発信するシェアオフィス内覧会開催~

株式会社LOOPLACE(本社:東京都千代田区、代表取締役:飯田 泰敬、以下、LOOPLACE)は、「既存の場を、おもしろくする。」をテーマに築古ビル再生のナレッジを発信するWEBメディア『&PLACE』を具現化し、建物の利活用とコミュニケーション再生を発信する場として、リアルとオウンドメディアの好循環を目指したシェアオフィスをオープンしました。


▲動画URL:https://bit.ly/3N5TPqh

■オンラインとオフラインの融合を体感できる内覧会

築古のビルを再生してつくられたオフィスを実際に体感してみたい方に向けて、内覧会を下記日程にて実施いたします。築古ビル再生にご興味のあるビルオーナー様や不動産業界の方はお気軽にお越しください。参加ご希望の方は下記のフォームよりご予約ください。

日程:2022年5月24日(火)、5月26日(木)
場所:千代田区神保町1-50 浦野ビル8F「&PLACE」
アクセス:神保町駅より徒歩5分/水道橋駅より徒歩8分
内覧会ご予約フォーム:https://select-type.com/rsv/?id=bsp0Gq7i8UQ&c_id=230149
※コロナ禍の状況に応じて日程・人数等調整させて頂く場合がございます。

■場の再生事例

https://bit.ly/3sl4ANg
今回のプロジェクトへの取り組みについての詳細はこちらをご覧ください。
築古ビルをどのように見立て、再生させていったのか。そのプロセスも含めてお伝えします。

<計画背景>

■LOOPLACEの事業特徴

当社は築30年を超えるバブル期に多く建設された中小規模ビルの老朽化に伴うオフィス環境・建物劣化などの課題に対し「築古ビル再生」により付加価値を創造することで、社会的課題の解決へ寄与することを目指し事業を展開しております。

当社の特徴として、築古ビル再生時に必要な【不動産】【デザイン設計】【施工】という3つの過程をすべて自社で担っており、適切な築古ビル改修を行うことで、不動産オーナーのための「資産としての価値向上」(建築物の再生)と、入居者のための「はたらく場づくり」(コミュニティ再生)の両面から価値再生を行っているという点にあります。

■WEBメディアをシェアオフィスに具現化

「既存の場を、おもしろくする。」をビジョンにかかげるLOOPLACEは、「ビル再生」への理解を広げていく活動として「おもしろい場をつくる」について様々な切り口から発信する「&PLACE」というオウンドメディアを運営しています。本プロジェクトでは、オウンドメディア『&PLACE』を実際にリアルなオフィスとして形にすることで、WEBだけにとどまらない発信の場として、オンラインとオフラインの好循環を目指した場をつくりました。

※&PLACE (アンドプレイス) とは…
「おもしろい場をつくる」をテーマとしたコーポレートサイト内にある特集コンテンツ。「対談・トーク」「イベントレポート」「ナレッジベース」など様々な形式で、LOOPLACEの「おもしろい場」についての視点を発信していくオウンドメディアです。
(『&PLACE』:https://bit.ly/3soorvb)

<計画概要>

■リアル版『&PLACE』の目指す4つの「場づくり」

1.はたらく人の交流の場
シェアオフィスとしての『&PLACE』は、コロナ禍以降の新しい働き方を推進し、コミュニケーション活動を活発にする場となります。テレワークにより不足した対面でのチームミーティングや社員間の交流を増やし、エンゲージメント向上に役立てています。

2.WEBとリアルが融合する場
利用者に生の声、フィードバックをもらうことで、シェアオフィス運営やオフィスデザインのナレッジを蓄積し、そのナレッジをWEBでさらに発信することで、WEBとリアルをループさせます。インテリアデザインのテーマ『可変・再生・循環・体感』とリンクして五感で感じていただけます。

3.発信する場
リアル版『&PLACE』だからこそできる、オフラインイベントやセミナーを企画しています。人々が訪れ、交流し、「おもしろい場」をWEBとは違った切り口で発信できる場として活用します。

4.築古ビル再生事例にふれる場
WEBメディアから発信している築古リノベーションは、どんな佇まいや空気感なのか、実際に目で見て肌に触れて体感できる場として、様々な人に利用していただきたいです。

■デザインテーマ 『可変・再生・循環・体感』
“作る”だけではなく、”再生” して新たな機能や価値を生み出すLOOPLACEの在り方を、空間設計で表現しました。イベントに応じて可変可能な家具レイアウトや、将来的に会議室の増設や区分が可能となるようなスペースの確保等、フレキシブルに対応する設計をすることで、さまざまな使い方を試しながら成長していく場になることを想定しています。また、マテリアルやインテリアは再生系素材を中心に選定しています。WEBとは異なるリアルな場づくりとして、五感に訴える空間設計にも配慮しています。


▲イベントやワークショップ、各種ミーティング等、レイアウトをかえることで様々なシーンへ対応可能なレイアウト


▲イベントやセミナーに活用できるプロジェクターやバルコニーの活用


▲滝の映像と水流の音で演出下エントランス。グリーン、アロマ、五感で楽しめる工夫をちりばめています。


▲併設されたオフィスキッチンではビールサーバーでの提供も

株式会社LOOPLACE(ループレイス)について
LOOPLACEは、古い建物や空間を活かす、不動産再生カンパニーです。築古ビル再生のセットアップオフィス「gran+シリーズ」をはじめ、役目を終えた場を壊さず、次の使い方を見出し、再び人が集まる場や空間を創造しています。

■築古物件を人気物件へプロデュース
LOOPLACEでは、かつて問屋街の倉庫だった物件、服飾系企業のオフィスだった物件など、中小規模の築古ビルを購入し、ベンチャーやスタートアップ企業向けのセットアップオフィスへと転用開発しています。これまで、東京都内中心に実績を積み重ねており、合計6棟の築古ビル再生を実現しました。周辺相場よりもやや高い賃料設定にもかからわず、入居者からの反響が高く、短期間での満室を実現しています。

LOOPLACEのミッション「はたらく場を、好きな場へ。」
「はたらく場」には2つの意味があります。ひとつは、私たちが仕事をする場や環境のことです。自分たちの「はたらく場」を「好きな場」にすること。それは、クオリティの高い仕事をするための源(みなもと)です。
もうひとつは、私たちが再生した建物や空間のことです。その場で働く人たちが生き生きと輝くこと。それは、私たちにとっても、かけがえのない喜びです。
みんなの「はたらく場」を、みんなの「好きな場」へ。私たちは、不動産の再生事業を通じ、この理想を追求していきます。


▲動画URL:https://bit.ly/3N2gaoC

会社概要
社名:株式会社LOOPLACE(ループレイス)
代表者:飯田 泰敬
所在地:〒101−0051 東京都千代田区神田神保町1−50 浦野ビル6階
連絡先:tel. 03-6206-8422 / fax. 03-6206-8436
資本金:5,000万円
事業内容:築古ビルをはじめとした場の再生事業、リノベーション物件の売買、賃貸仲介、店舗・オフィス・住宅デザイン・設計・施工各種専門工事
従業員数:35名(2020年4月時点)
許可番号:
二級建築士事務所 東京都知事登録 第16200号
建設業許可 東京都知事許可(特-1)第139675号
宅地建物取引業者免許 東京都知事(2)第96087号

■本件に関するお問合せ先株式会社LOOPLACE 広報担当:山條・白鳥
TEL:03-6206-8422  FAX:03-6206-8436
メールアドレス:info@looplace.co.jp
お問い合わせフォーム:https://bit.ly/3vY0sVW
ホームページ:https://bit.ly/3P6Glfs

【このコラムの著者】

不動産投資NEWS

不動産投資に関わる様々なサービスや最新のトレンドニュースを発信。
LIFULL HOME'S 編集部では不動産投資に関わる基礎知識やノウハウも提供をしていますので、あわせてチェック!
LIFULL HOME'S 不動産投資編集部のコラムはこちら

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

有田宏

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産投資でローンを使う時

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~実家を賃貸にした場合の確定申告~

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 駐車場への投資を考える

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産を今、買っていい人 買わないほうがいい人

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: コロナ禍で1.5倍に激増のフリーランス人口 初心者フリーランスが知っておくべきこととは?

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 新築住宅50万戸時代に生き残る賃貸経営戦略の立て方

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.106 タイ不動産マーケットの現状について

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 賃貸併用住宅を建てる時の判断

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。