LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

資産家とは?資産家になるにはストック収入がカギ!

多くの人が「資産家やお金持ちになれるものならなりたい」と感じているのではないでしょうか?
収入には、労働の対価として得る収入「フロー収入」と、所有する資産から生み出される「ストック収入」の2種類があります。資産家になるためには、この2つのうち「ストック収入」がカギであるといわれているのです。

そこでこの記事では、そもそも資産家とはどんな人のことを指すのか、そしてフロー収入とストック収入の違いは何なのかについて解説します。さらに、資産家になるためにお勧めの方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「お金持ち」「高所得者」「富裕層」「資産家」の違い

お金や資産をたくさん持っている人のことを指すとき、なんとなくのイメージで「資産家」「お金持ち」「高所得者」「富裕層」など、さまざまな言い方をしているのではないでしょうか。
まずは、それぞれ具体的にどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

お金持ちとは

お金持ちには、明確な定義や基準はありません。次に説明する「高所得者」「富裕層」「資産家」などもすべて含み「お金をたくさん持っている人」という広い意味で使われることが多いようです。宝くじが高額当選した場合なども含まれます。
非常に曖昧な表現といえるでしょう。

高所得者とは

高所得者とは「所得金が高い人。収入が多い人」のことです。一般的には、給料や報酬といった労働によって得る収入額が多い人が「高所得者」と定義されています。

高所得者といわれる具体的な基準が決まっているわけではありません。しかし、おおよその目安として年収800万円~1,000万円以上の人を「高所得者」と呼ぶことが多いようです。

富裕層とは

富裕層とは「一定額以上の純金融資産を保有する人や世帯」を意味しています。純金融資産とは、現金や株式などの金融資産からローンなどの負債を差し引いたものです。一般的に、土地・建物などの不動産は資産に含まれません。

こちらも明確な定義はありませんが、保有する純金融資産が1億円を超える人・世帯を「富裕層」として扱うことが一般的です。

富裕層について、詳しくは富裕層になる方法とは?不動産投資を活用すれば夢ではない!?の記事を参考にしてください。

資産家とは

資産家は、辞書では「財産を多く所有する人」と定義されています。これは「お金持ち」とほぼ同じ定義です。では、資産家とお金持ちは何が違うのでしょうか。
単に「お金を持っている人」という広い意味を持つ「お金持ち」の中でも、現金・株式のような金融資産や不動産のような実物資産を多く保有し、それらを運用して大きく資産形成している人を「資産家」とするのが一般的です。

所得・収入が高く、現金など保有する金融資産が多い高所得者であれば、イコール資産家となります。一方、収入が高くても支出が多く、資産として保有する額が低い場合は、高所得者ではあっても資産家とはなりません。
そのほか、給料や報酬による収入が高い「高所得者」に対し、資産運用による収入が高い人を「資産家」と分ける考え方もあります。

また富裕層と資産家の違いは、資産に不動産が含まれるかどうかといえるでしょう。不動産収入が多い資産家の場合、富裕層には該当しない可能性があります。

資産家やお金持ちの人の収入は2種類

ここまで「たくさんお金や資産を持っている人」という意味を持つさまざまな言葉の違いを説明してきました。その中で、彼らが得る収入には、2つの種類があることにお気づきでしょうか?

ひとつ目の収入源は、自身の労働の対価として得られる収入。そしてもうひとつは、不動産や株式、投資信託といった資産運用から得られる収入です。不動産を貸し出すことで得られる家賃収入や株式、投資信託の配当金がそれにあたります。
前者を「フロー収入」、後者を「ストック収入」と呼びます。
ひとえにお金持ちといっても、その収入を獲得する方法には2つのパターンが存在し、その収入構造は大きく異なっているのです。

ここからは、お金持ちといわれる人たちの収入の違いに着目し「フロー収入」「ストック収入」それぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説します。

フロー収入とは

フロー収入とは、何らかの対価に応じて支払われる収入のことです。例えば、物品を販売した、会社に所属して従業員として働いたなど、何かしらの対価を差し出すことで収入を受け取れば、それはフロー収入に該当します。
株式投資における売却益は、株式を売ったことによって一時だけ得られる収入なので、フロー収入とするのが一般的です。

フロー収入のメリット

フロー収入のメリットは、取り掛かるとすぐに収入を得られる点です。物品を販売すればすぐに収入になりますし、会社に所属すれば従業員として翌月には給料を受け取ることができます。

また、株式の売却益や宝くじの高額当選などフロー収入に該当するものには、短期間で爆発的に大きな収入となる可能性がある点もメリットといえるでしょう。

フロー収入のデメリット

一方、フロー収入のデメリットは継続性がない点です。物品販売や給与などの収入は、自分が働けなくなった場合、会社を辞めてしまった場合に収入がなくなってしまいます。
株式の売却益などは収入の変動が大きく、安定性がない点もデメリットといえるでしょう。

ストック収入とは?

ストック収入とは、継続的に収入が積み上がっていくタイプの収益のことです。労働や売買といった対価を必要とせずとも、所有する資産から定期的に収入が得られるビジネスモデルであるため「不労所得」といわれます。

具体的な事例としては、以下のようなものがあります。

不動産投資における家賃収入戸建やアパートなどを購入して部屋を貸し出し、家賃収入を得る投資手法
株式や投資信託の配当金株式や投資信託の保有量に応じて、定期的に配当金を受け取る投資手法
FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント2ヶ国の通貨間の金利差を利用してスワップポイントと呼ばれる収益を得る投資手法
会員制ビジネスファンクラブやサブスクリプションサービスなど、会員を獲得し定期的な会費・利用料を得るビジネス

ストック収入のメリット

ストック収入のメリットは、自分が労働・対価を差し出さなくても収入が発生することです。万が一ケガや病気で働けなくなった場合でも、ストック収入であれば継続的に収入を受け取ることができます。保険の役割を担うことができるといえるでしょう。

さらに、フロー収入とは違って収益がどんどん継続的に積み上がっていくことも、ストック収入の大きなメリットです。例えば不動産投資の場合、2軒目3軒目と投資規模を拡大していけばどんどん収益が増え、利益を上乗せすることができます。

ストック収入のデメリット

ストック収入のデメリットは、働かなくても済むほどのストック収入を得るまでには時間と費用がかかることです。

例えば年間300万円のストック収入を得たい場合、年間利回り8%で運用すると仮定すると、3,750万円の資産を準備する必要があります。
また、ストック収入はフロー収入のように短期間で大きな収益を上げるのが難しいタイプの手法であるため、コツコツと長期的な目線で取り組まなければなりません。

その他、資産運用は価格の下落や元本割れなど資産価格が上下するリスクがある点にも注意しましょう。

資産家になるにはストック収入がカギ!

資産家には、先祖代々地主であったり、親の事業を引き継いだりすることで資産家となる人もいます。
しかし、そうではない一般の方が資産家になるためには、投資などの資産運用でストック収入を積み重ねていくことが重要なポイントです。

ストック収入を確立させることで、以下のようなさまざまなメリットが生まれます。

老後の年金代わりになる

総務省の2019年「家計調査年報」によると、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみ無職世帯において、公的年金額を含めた可処分所得は月平均約20万7,000円。一方、支出は約24万円となっており、1ヶ月あたり約3万3,000円が不足している結果が出ています。

仮に65歳の年金受給開始から85歳まで生きると考えた場合、3.3万円×12ヶ月×20年=792万円の貯蓄が必要になります。たしかに、現役のうちに現金貯蓄として準備することも可能です。しかし、平均寿命が延び続けている今、何歳まで生きるのか分からなければ、いくら貯蓄を用意しても不安な方もいるのではないでしょうか?

一方、毎月不足する額を補うだけのストック収入を持っていれば、いくら長生きしても安定して生活費を補うことができます。貯蓄を取り崩して、枯渇するかもしれない不安から解放されるでしょう。

ストック収入は不労所得でもあるため、老後手間をかけずに収益が得られる点も大きなメリットです。

早期リタイアが可能

若いうちにストック収入の存在に気づき資産を積み上げておくと、ストック収入だけで生活費を賄うことができる可能性があります。ストック収入を早い段階から形成することができれば、早期リタイアを実現することもできるでしょう。

早期リタイアやセミリタイアについて詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事を併せて読んでみてください。
FIREと不動産投資~より短期間でセミリタイアを実現するには~
不動産収入だけで生活するには?セミリタイア実現に重要な5つのポイント

資産家になるには不動産投資がお勧め

ストック収入にはさまざまな種類がありますが、その中でもお勧めしたいのが不動産投資です。なぜ資産家を目指すためのストック収入として不動産投資がお勧めなのか、2つの理由を見てみましょう。

融資を活用できる

ストック収入のデメリットは、収入を生み出すための資産獲得に費用がかかることだと先述しました。
しかし、不動産投資には融資を活用することができます。金融機関から融資を受けることができれば、すぐにでも不動産という資産を持つことが可能です。
さらに1件目の賃貸経営が成功すれば、その不動産を担保に新たなローンを組み、2軒目3軒目と資産を増やしていくこともできます。まさにストック収入の積み上げができるわけです。

レバレッジ効果がある

不動産投資には融資を利用したレバレッジ効果があります。
レバレッジ効果とは、自己資金と融資を組み合わせることで、得られる収益が数倍に跳ね上がる効果のことです。
仮に投資資金300万円を利回り10%の商品に投資した場合、得られる年間収益は30万円。一方、投資資金300万円+融資額2,700万円で利回り10%の不動産を運用した場合、年間収益は一気に300万円に跳ね上がります。

ストック収入は資産形成に時間がかかるデメリットがありますが、レバレッジを利かせることができる不動産投資なら、より短期間で資産形成できる可能性があります。

ストック収入を作って資産家になろう

収入には「フロー収入」と「ストック収入」の2種類があり、資産家になるには「ストック収入」を形成することが重要であると解説しました。

銀行融資が受けられ、レバレッジ効果のある不動産投資なら、ストック収入のデメリットである費用と時間の問題を解消し、比較的早期に資産家に仲間入りできることが期待できます。

豊かな老後を送るため、または早期リタイアを目指すために、資産家になる方法のひとつとして不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか?

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

不動産投資NEWS

シリーズ連載: 不動産投資ニュース

最新コラム: ONE DROP INVESTMENT株式会社との買取保証提携について

田中法人

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 実家空き家の有効活用

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 目に見えない不動産投資の落とし穴①~物件選びには、地震と建物の関係を意識しよう~

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 借家人から更新料の支払い拒否や返還請求を受けたら、どうする?【後編】

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: マイホームを「不動産投資」の対象として考える ~リバースモーゲージによる「住宅資産活用」という発想~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.89 増加するASEAN中間層の動き 〜その3 ASEAN不動産比較〜

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 長期運用を見据えた、オリジナルのポートフォリオ作り

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 「リフォームにいくらかけるか?」

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。