LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

不動産投資の勉強におすすめ!動画セミナー活用術

コロナ禍で外出が制限される中、各方面でオンラインによる動画セミナーの開催が増えてきました。不動産投資関連の動画セミナーも、不動産会社や個人の不動産投資家経由で発信される機会が増えてきています。
この記事では、動画セミナーのメリット・デメリット、動画セミナーをより活用する方法を解説します。

不動産投資の動画セミナーとは?

不動産投資に関する動画セミナーは、以下のようにさまざまな形で提供されています。
・不動産会社や不動産情報サイトが提供している動画セミナー(実際のセミナーをライブ配信するケースもあり)
・個人の不動産投資家がYouTubeなどで提供している動画セミナー

不動産会社や不動産情報サイトでは、自社ホームページや公式YouTubeチャンネルなどを使って動画セミナーを提供していることが多いです。その他、SkypeやZoomといった無料のWeb会議用ツールを使って、ライブ配信するケースもあります。
近年では積極的に情報提供する個人投資家も増加し、彼らは不動産系YouTuberなどと呼ばれています。

新型コロナウィルスによる外出自粛の影響もあって、ここ最近動画セミナーは急速に普及しています。

動画セミナーへの参加は簡単

動画セミナーに参加すること自体は難しくありません。

不動産会社や不動産情報サイトが提供している動画セミナーは無料で提供されているものも多く、申し込みページから必要情報を入力するだけで視聴することが可能です。ZoomやSkypeを使用する場合は、事前にアプリをダウンロードし、主催者から送られてきたミーティングIDやパスワードを入力すれば視聴できます。

YouTubeや自社ホームページにあがっている動画セミナーの場合は、インターネット環境さえあれば誰でも閲覧可能です。(一部、会員登録を求められるケースもあります)

不動産投資に動画セミナーを活用するメリット

通常のセミナーよりも気軽に参加できる、動画セミナー特有のメリットをご紹介します。

足を運ばずにセミナーを受けられる

動画セミナーは、会場まで足を運ばなくても参加できます。日程が合えば、いろいろな事業者のセミナーを連続して受けることも可能です。
これまでセミナーといえば、首都圏や大都市圏での開催が多く、参加できる方が限られていました。地方に住んでいても、居住地に関係なく参加できる点は、大きなメリットといえるでしょう。

時間の制約がない

オンデマンド型やYouTube形式で配信される動画セミナーは、見たい時間にいつでも見ることができ、一時停止や見直しもできます。一部ライブ形式で開催される動画セミナーもありますが、アーカイブが残るものもあるため、時間が合わなくても後から見返すことも可能です。

気軽に質問ができる

会場で行われるセミナーよりも、動画セミナーの方が気軽に質問できるという方もいるでしょう。会場参加型のセミナーの場合、質問は挙手をして人前で立って行わなければならないケースが多く、緊張や恥ずかしさから遠慮してしまう方もいると思います。
ライブ型のセミナーでは、チャット機能を利用してリアルタイムに質問する形式をとることも多く、比較的気軽に質問しやすいといえるでしょう。

不動産投資に動画セミナーを活用する際のデメリット

不動産投資に動画セミナーを活用することには参加者にとってあまりデメリットといえるものはありませんが、以下のような点で一部の方にはデメリットとなることもあるでしょう。

ZOOMなどのツールを準備する必要がある

動画セミナーの視聴に、SkypeやZoomといったツールを必要とする場合があります。
インターネットを活用することが苦手な人にとっては、アプリをダウンロードしたり、ミーティングIDやパスワードを入力したりすることに抵抗があるかもしれません。

通信環境を用意する必要がある

動画はデータ通信量が多く、YouTube動画の場合、高画質だと30~40分で1ギガ、かなりの低画質でも8時間で1ギガ程度の大きな容量を使用します。
自宅で通信量無制限のWi-Fiなどを使用している場合は問題ありませんが、外出先で視聴する場合、思いのほか既定の通信量を消費してしまうこともありますので注意しましょう。
フリーWi-Fiが利用できる環境で視聴することもできますが、セキュリティ面の問題に注意して活用しなければなりません。

選択肢が限られる

全てのセミナーが動画で用意されているわけではありません。会場でしか開催されていないセミナーもあるので、動画だけではセミナーの選択肢が限られる可能性もあるでしょう。

不動産投資の動画セミナーはこんな人におすすめ

動画セミナーのメリットとデメリットをふまえて、動画セミナーはどのような人にお勧めなのか見ていきましょう。

不動産投資に少し興味があり、話だけでも聞いてみたい人

まだ不動産投資を本格的にやるかどうか検討中の人でも、無料のセミナーを自宅で……といった方法なら気軽に参加できるでしょう。会場に足を運ぶ移動時間もかからないので、お試し感覚で参加できます。

忙しくて都合を合わせるのが難しい人

会場セミナーは時間や場所が限定的であり、都合が合う人しか参加できません。特にサラリーマンなどお勤めの方は、なかなか都合を合わせるのが難しい場合も多いでしょう。
しかし、YouTubeやオンデマンドの動画セミナーであれば、時間や場所に関わらず閲覧できます。お昼休みなどの空き時間や、仕事が終わって帰宅してからなど、ゆっくり好きな時間に見ることができるため、忙しい方には動画セミナーがお勧めです。
複数のセミナーをまとめて受講することも可能で、効率的に情報を得ることができるでしょう。

動画セミナーをもっと活用するために

大変便利な動画セミナーですが、より有効活用するために次のことを心がけましょう。

質疑応答のチャンスは積極的に活用しよう

会場セミナー同様、動画セミナーでもセミナー終了後に質疑応答を受け付けているケースが多いです。
先述の通り、Zoomなどではチャット機能を使い、直接セミナー講師にメッセージを送って質問することができます。挙手をして質問するのが恥ずかしい方も、チャットなら他のセミナー参加者の目を意識する必要がありません。遠慮せずにどんどん質問しましょう。後日メールで質問することができるものもあります。

YouTubeでも、コメント欄に質問すると主催者が返信してくれることがありますので、どんどん活用しましょう。

講師のプロフィールは事前に確認しよう

事前に講師のプロフィールやブログなどを読んで、不動産投資のスタイルやこれまでの講師経験などを予習しておくと、よりセミナーの内容が理解しやすくなります。

動画セミナーの紹介文とともに講師プロフィールが公開されていることが多いので、講演履歴や得意分野を確認しておくとよいでしょう。

セミナーの内容を事前に理解しておこう

動画セミナーは、時間や場所に左右されず効率的に多くのセミナーに参加することが可能です。しかし、自分の投資スタイルや知識レベル、知りたい内容とかみ合わないセミナーを受けても、あまり意味のないものになってしまいます。
上記の講師プロフィールとともに、セミナー概要もしっかり確認しましょう。動画セミナーの内容は、セミナー案内とともに公開されていることが一般的です。今の自分に必要な情報なのか、事前に確認しておきましょう。

まとめ

不動産投資に関する動画セミナーは、コロナ禍の影響を受けてますます活発に開催されています。忙しい方や時間・場所の都合がつきにくい方には、むしろ好都合といえるでしょう。自分の投資スタンスや不動産投資の経験に応じて使い分けていくことがお勧めです。

動画はYouTubeも含め過去のものがそのまま掲載されているため、税制やトレンドが既に変化している可能性があります。動画はいつ公開されたものか、セミナー内容が新しい日付でこまめに更新されているか、確認しておきましょう。

LIFULL HOME‘Sでは、オンライン開催のさまざまな動画セミナーを紹介しています。物件タイプ、セミナーのテーマごとに検索することができ、常に最新のセミナー情報を提供していますので、ぜひ活用してください。
LIFULL HOME’S不動産投資でオンライン動画セミナーを検索

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

田中法人

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 実家空き家の有効活用

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 目に見えない不動産投資の落とし穴①~物件選びには、地震と建物の関係を意識しよう~

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 借家人から更新料の支払い拒否や返還請求を受けたら、どうする?【後編】

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: マイホームを「不動産投資」の対象として考える ~リバースモーゲージによる「住宅資産活用」という発想~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.89 増加するASEAN中間層の動き 〜その3 ASEAN不動産比較〜

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 長期運用を見据えた、オリジナルのポートフォリオ作り

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 「リフォームにいくらかけるか?」

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。