LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

【貯金の仕方おすすめ3選】人生の大イベントに必要な貯金額の平均は?

貯金の大切さをわかっていても、長くコツコツ続けることは簡単ではありません。貯金に対するモチベーションが上がらない人は、まずは明確な目的と目標貯金額を定めましょう。

人生には、結婚、マイホーム購入、老後など大きな資金が必要になるタイミングがあります。目的や目標貯金額を明確にしておくと、モチベーションが上がり、楽しみながら貯金できるでしょう。

今回は、人生の大きなイベント別に必要な貯金額の平均と、効率よくお金を増やせるお勧めの貯金の仕方を解説します。

人生のイベント別に必要な平均貯金額

子育てやマイホーム購入など、人生の大イベントのための資金は、長期間かけて少しずつ準備することが大切です。

結婚、教育費、マイホーム購入、老後といった人生のイベント別にいくらの貯金額が必要になるか、その平均額について解説しましょう。

結婚に必要な平均貯金額

結婚情報誌で人気の「ゼクシィ」が2020年10月に公表した「結婚トレンド調査2020 」によると、結婚費用のために貯金をしていた夫婦の割合は86.7%、結婚のための貯金総額は全国平均311.8万円でした。

また、婚約から新婚旅行までにかかった費用の総額は、全国平均約469.2万円となっており、約80%の夫婦は親・親族からの援助を受けたと回答しています。

(参考:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ ゼクシィ首都圏「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」(2020年10月)

結婚は夫婦二人だけのイベントではなく、それぞれの親族との顔合わせ、友人・知人を招いた結婚披露宴など、大きな資金が必要です。

親からの援助や挙式・披露宴の招待客からのご祝儀によって負担を軽減できる可能性はありますが、夫婦の将来のために貯金しておくことに越したことはないでしょう。

教育に必要な平均貯金額

教育費は各家庭の教育方針によって大きく異なります。文部科学省「我が国の教育水準と教育費」(2009年)によると、平均的な教育費は、幼稚園から大学卒業まですべて国公立の場合で約1,000万円、すべて私立の場合で約2,300万円です。

これらの金額は一度に必要な訳ではありませんが、高校や大学など入学のタイミングではまとまった資金が必要になります。

また、子供の成長とともに教育や子育てにかかる費用が増え、貯金をする余裕がなくなる家庭も少なくありません。子供が小さいうちから計画的に資金を準備することが大切です。

マイホーム購入のために必要な平均貯金額

以下の表は、マイホーム購入のための平均所要資金を建物の種類別にまとめたものです。

【マイホーム購入の所要資金(2020年度全国平均)】

新築マンション4,545万円
土地付き注文住宅4,397万円
建売住宅3,495万円
中古マンション2,971万円
中古戸建2,480万円

参考:独立行政法人 住宅金融支援機構「2020年度フラット35利用者調査(2021年8月)」

マイホームは住宅ローンを借り入れて購入する人が多いため、購入時に必要な自己資金はマイホームの本体価格に充当する頭金と購入にかかる諸費用です。

必要な頭金は購入する住宅の種類や契約者の年収などによって異なりますが、目安としては物件価格の10~20%。諸費用の目安は物件価格の6~10%です。

例えば3,000万円のマイホームを購入する場合、頭金は300万円~600万円、諸費用は180万円~300万円が必要な自己資金の目安となります。

ただし、頭金を多く用意して住宅ローンの借入額を少なくした方が、支払う利息の負担を抑えられます。また、マイホームは購入後も固定資産税や修繕費などの維持費が必要です。

マイホームの購入を検討している人は、計画的に資金準備をしておきましょう。

以下の記事では、マイホーム購入に必要な資金の考え方について詳しく解説しています。マイホーム購入を検討している人は、こちらの記事もご覧ください。
家の購入に貯金はいくら必要? 購入後に残しておくべき貯金額も解説

老後に必要な平均貯金額

金融庁は、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみ無職の世帯が、以降20~30年生きる場合、公的年金以外に1,300万円~2,000万円程度の資金が必要だと公表しています。
(参考:金融庁「高齢社会における資産形成・管理」(2019年6月)

2,000万円を貯金するためには、毎月5万円貯金した場合、34年間かかります。
老後に豊かな生活を送るためには、できるだけ若いうちから貯金を始めることが大切です。

効率よくお金を増やせる貯金の仕方おすすめ3選

前章で解説したような数百万円~数千万円の貯金は「長期」「積み立て」「分散投資」の3つのポイントで、無理のない金額から効率よく貯めていく方法がおすすめです。

効率よくお金を増やせるお勧めの貯金の仕方を3つ紹介します。

財形貯蓄制度・積立定期預金

財形貯蓄制度や積立定期預金は、毎月自動的に一定額を積み立てる貯蓄制度です。自分で決めた積立金額が毎月引き落とされ、残高に応じて利息分がつきます。

会社の給料日に合わせて自動的・強制的に預金に回るため、確実に貯金できる点がメリットです。
自動的に引き落とされるため、貯金しているという意識がなく、気がついたら目標金額が貯まっているケースもあるでしょう。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(イデコ)は、公的年金以外の老後資金を準備するための私的年金制度です。基本的に20歳から60歳までの人なら、誰でも加入できます。
自分で掛け金額を設定し、投資信託や定期預金など運用方法を決め、積み立てた金額と運用で得た利益を60歳以降に受け取れる仕組みです。

iDeCoは掛け金や運用益に対して税制が優遇されているため、節税効果にもつながります。さらに受給時にも、一定額までの受給額を非課税とする税制優遇を適用することが可能です。

iDeCoについては、以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある人はこちらの記事をご確認ください。
iDeCo(イデコ)とは?メリット・デメリットやおすすめの運用方法

つみたてNISA

つみたてNISA(ニーサ)は、少額からの長期的な資産運用を支援するための非課税制度です。年間投資枠40万円までであれば、投資信託で得た運用益や譲渡益が非課税になります。

つみたてNISAは長期・積み立て・分散投資に適した金融商品が対象となるので、短期間で大きく利益を得るのではなく、長期的に利益を増やしたい人におすすめです。

またiDeCoは老後の資金準備のための制度なので、60歳まで引き出しできませんが、つみたてNISAはいつでも引き出しすることができます。
マイホームや結婚資金など、老後資金以外の目的にも利用できるでしょう。

投資初心者にお勧めの投資手法や、初心者が意識すべき投資のポイントなどについて、以下の記事で詳しく解説されています。ぜひ併せて読んでみましょう。
先行きの不安解消には投資がおすすめ! 初心者にもできる投資手法

まとめ

貯金をする際は、目的と目標金額を明確にしておくことが大切です。あなたが貯金したいと考えているのは何のためか、具体的にいくら必要なのか一度考えてみてくださいね。

また、低金利が続いている現代では、銀行口座に預けているだけでは利息がほとんどつきません。今回紹介したような、お金を増やしながら貯金できるおすすめの方法を選択肢の一つとして検討してみましょう。

以下の記事では、一人暮らし世帯の平均貯金額を年代別に解説しています。一人暮らし世帯の貯金事情について興味がある人は、ぜひこちらもご覧ください。
一人暮らしでも貯金はできる!賢い貯金のポイントを紹介

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

不動産投資NEWS

シリーズ連載: 不動産投資ニュース

最新コラム: 資産運用に関するアンケート!投資経験者の割合は女性より男性の方が高い

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~実家を賃貸にした場合の確定申告~

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 駐車場への投資を考える

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 「円安進行」「金利上昇」「ウクライナ紛争」 わが国の不動産投資への影響は?

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 結局、「2022年問題」は賃貸市場に影響を与えるのか?

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.105 フィリピン大統領選による不動産マーケットの変化はあるのか?

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 賃貸併用住宅を建てる時の判断

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。