LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

20代の平均貯金額と中央値はいくら?|毎月手取りの10%を貯金するコツ

新社会人として働き始めたばかりの人も多い20代。お給料をもらうようになると、少しずつ貯金を意識する方も多いのではないでしょうか。
「他の人はどのくらい貯金しているんだろう……」「今後どのくらいの貯金が必要なんだろう……」色々と気になりますよね。

そこでこの記事では、20代の方の平均貯金額や貯金額の中央値について解説します。今後のライフイベントにかかる費用や生活費の目安、貯蓄目標額とそれを達成するためのコツについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

20代の平均年収

国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査」(2020年9月)によると、20代男女の平均給与額は以下の通りでした。

男性女性平均
20~24歳278万円248万円263万円
25~29歳403万円328万円365.5万円

20代の平均年収は300万円前後であるといえるでしょう。
ちなみに全年齢の平均給与は、男性540万円、女性296万円、全体で418万円となっています。

20代の平均貯金額と中央値

データの傾向を調べるときに使う値には、平均値と中央値があります。

【平均値】……全データを足して、データの個数で割った値
【中央値】……全データを小さい順や大きい順に並べ、その中央にくる値

多くの場合において平均値がよく使われますが、データのなかに他の値と大きくかけ離れた値(外れ値)があった場合、平均値はその影響を受けて誤差が生じてしまいます。そのため、より正確な傾向を知るためには、平均値とともに中央値を算出する必要があるわけです。

そこで、20代の方の貯金額を平均値・中央値両方から見ていきましょう。

【年収別】20代の平均貯金額一覧

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](2020年)」によると、20代の全世帯の金融資産保有額は平均113万円でした。そのうち預貯金額は77万円となっています。

20代の貯蓄額を年収別に見ると、以下のとおりです。

年収平均値中央値
年収なし9万円0万円
300万円未満76万円5万円
300~500万円未満164万円57万円
500~750万円未満424万円351万円
750~1,000万円未満(※)5万円5万円
1,000~1,200万円未満(※)750万円750万円
1,200万円以上(※)1,000万円1,000万円

(※)年収750万円以上の世帯は回答数が少ないためデータに偏りあり
参考:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](2020年)」

20代の貯金額の中央値

上記の表を見て分かるとおり、平均値と中央値には大きな誤差があります。
金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](2020年)」によると、20代全世帯の金融資産保有額の平均113万円に対し、中央値は8万円。
さらに同調査を見ていくと、20代の調査対象世帯の中で金融資産を保有している人は56.8%。つまり残りの43.2%はそもそも貯金を保有していないということです。

20代の平均貯金額113万円と聞くと、20代でも多くの人がそれなりの貯金を持っていると感じるでしょう。しかし中央値で見ると、実際は20代の多くの世帯で十分な貯金を保有していない実態が分かります。

【男性・女性別】20代の貯金額分布

次に、男性・女性別に20代世帯の貯金額分布を見てみましょう。

参考:厚生労働省「令和元年国民生活基礎調査」より作成

こちらも、貯蓄なし・50万円未満の世帯が多いことが分かります。
また平均年収は男性より女性のほうが低いものの、男性と同等もしくは女性のほうが貯蓄額が高い結果が出ているようです。

20代の毎月の貯金額

では、20代の方は毎月どのくらいの額を貯金しているのでしょうか?
楽天銀行が2014年に公表した「若手20代社会人のお財布事情についてのアンケート調査」を見てみましょう。

毎月2万~5万円を貯金している人が最も多い結果でした。20代の平均年収を300万円前後と考えると、手取りはおおよそ240万円程度。つまり、手取りの10~25%程度を貯金している人が多いといえます。

しかし一方で、20%近い人が貯金できていない、もしくはできていても1万円以下と、かなり少ない額であることが分かります。

20代以降のライフイベントにかかる費用

就職して間もない20代は、これからさまざまなライフイベントを迎える方が多いでしょう。結婚や出産、マイホーム購入など、環境の変化に伴い多くの費用がかかってきます。

今後の目標貯金額を知るためにも、それぞれのライフイベントにかかる費用を把握しておくことは重要です。以下の記事では、結婚費用・教育費用・マイホーム購入費用などについて解説していますので、ぜひ併せて読んでみましょう。
【貯金の仕方おすすめ3選】人生の大イベントに必要な貯金額の平均は?

20代一人暮らしにかかる生活費

では次に、20代一人暮らしの方の生活費の平均額を見ていきましょう。

総務省「家計調査/家計収支編 単身世帯(2020年)」によると、34歳以下単身世帯の年間消費支出平均額は約179万5,000円。12ヶ月で割ると、月平均約15万円でした。
20代平均年収に対し、生活費が占める割合は49~68%程度となっています。

【代表的な生活費の内訳】
食費 約3万7,000円/月
住宅費 約3万8,000円/月
(※持ち家の場合、ローン返済費は住宅費に含まれない)
水道光熱費 約7,600円/月
家具・日用品等 約4,400円/月
洋服等 約5,600円/月
保険医療費 約3,300円/月
交通・通信費 約19,000円/月
教育・娯楽費 約19,000円/月
交際費 約3,600円/月
など

その他、20代の方や一人暮らしの方の生活費について詳しく知りたい方は、以下のコラム記事を参考にしてください。
20代の一人暮らし、実際にはどのくらいお金がかかる? 女性・男性で比較してみた

一人暮らしの費用をシミュレーション! 家賃の目安や初期費用の平均額、節約のコツも解説
一人暮らしの水道光熱費の平均的な料金とは? 節約術についても解説

20代の給与に対する貯蓄割合

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](2020年)」によると、20代の年間手取り収入からの貯蓄割合は平均18%でした。
世帯内訳で最も多いのは「貯蓄しなかった」の22.3%、次いで「35%以上貯蓄した」の17.2%という結果です。世帯によって貯蓄の割合に大きな開きがあることが分かります。

毎月の貯蓄目標は手取りの10~20%

先述した楽天銀行の「若手20代社会人のお財布事情についてのアンケート調査」では、手取りの10~25%程度を貯金している人の割合が最も多い結果でした。
そのほか、20代の平均年収に占める生活費割合が50~70%程度であることや、貯蓄割合の平均値などから総合的に考えて、20代では手取りの10~20%程度を毎月の貯蓄目標にするのがおすすめといえます。
なかなか貯金が難しい人は、まずは手取りの10%の貯金を目標にするとよいでしょう。

手取りの10%を貯金に回すための4つのコツ

手取りの10%貯金を達成するために有効なコツを4つご紹介します。

家計を見直す

まずは、自分の家計の状況を把握しましょう。どの程度の金額をどのようなものに使っているのか、支出の内訳を知ることが重要です。
無駄な出費があれば、それらを見直して支出を抑えるだけで浮いたお金を貯蓄に回すことができるでしょう。

簡単に家計簿がつけられるアプリなどもありますので、ぜひ参考にしてください。
家計簿のつけ方・ツール解説~資産運用に役立つおすすめアプリ3選~

貯蓄用の口座を分ける

できれば、給料が振り込まれる口座と貯蓄用の口座を分けておきましょう。1つの口座で管理していると、知らず知らずの間に生活費として使ってしまいがちです。
給与が振り込まれた段階で、すぐに貯金分を貯蓄用の別の口座に移しておくとよいでしょう。勤め先によっては、指定の金額を2つの口座に分けて振り込んでくれる企業もあります。

無理のない節約を意識する

貯蓄のためには、ある程度の節約や家計の見直しは重要です。しかし、あまり無理のある節約プランを立ててしまうと、途中で挫折したりストレスがたまって余計にお金を使ってしまったりする可能性があります。
無理のない範囲でできる節約術もありますので、ぜひ参考にしてください。
節約は無理をしなくても大丈夫! 今日からできる簡単節約術8選
サラリーマンにおすすめの節税方法・税金対策10選

投資で資産を増やす

ある程度貯金がたまってきた方におすすめなのが、投資による資産運用です。
超低金利時代が長く続く日本では、預貯金で得られる金利はごくわずか。しかもインフレが起きたら、現金の価値が下がってしまうリスクもあります。

そこで、ぜひ投資によって資産を増やすという選択肢を持っておきましょう。初心者でも比較的取り組みやすい投資には、つみたてNISA(ニーサ)や不動産投資があります。そのほか、元本保証のある商品やローリスクで始められる金融商品もありますので、ぜひ以下の記事を参考に理解を深めておきましょう。

NISAについて詳しくはこちら。
NISA(ニーサ)とつみたてNISA(ニーサ)の違いを分かりやすく解説

不動産投資について詳しくはこちら。
初心者でも少額で不動産投資を始められる5つの方法

元本保証・ローリスクな投資について詳しくはこちら。
投資初心者向け|元本保証・ローリスクな金融商品おすすめ6選

まとめ

就職したばかりの20代で、十分な貯金ができている方はそう多くはないでしょう。しかし20代は、30代へと進むにつれて大きなライフイベントを控えており、さまざまな出費に備えなければならない年代でもあります。
少し意識を変えて家計を工夫すれば、手取りの10%を貯金することは決して不可能ではないでしょう。

自分の年収や今後のライフプランに合った貯蓄額を設定し、達成に向けて工夫してみてくださいね。

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

不動産投資NEWS

シリーズ連載: 不動産投資ニュース

最新コラム: 金融リテラシー向上のためのWebメディア「Virtual Wall City Media」サービス開始のお知らせ

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~火災保険はどうなるのか~

田中法人

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 実家空き家の有効活用

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 知っておきたい不動産価格

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 投資家なら知っておきたい3種類ある不動産鑑定評価方法

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 住宅ローン控除改正から見えてくる不動産投資のカーボンニュートラルへの対応

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.101 2022年のASEAN不動産マーケット展望 その3

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 「FIRE]不動産投資で実現可能か?45歳・持ち家・家族あり/なし

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。