LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

クラウドファンディングとは? 資金調達方法とメリット、デメリットを解説

クラウドファンディングとは「群衆(Crowd)」と「資金調達(Funding)」を組み合わせた造語で、起案したプロジェクトの資金を不特定多数からインターネットを通じて集める資金調達方法です。この記事では、クラウドファンディングの概要、およびメリットとデメリットについて解説しています。

リード文
クラウドファンディングはインターネットを介して、多くの支援者からプロジェクトの資金を集められます。クラウドファンディングは、プロジェクト支援者に金銭的ではないメリットを返す「非投資型」と、金銭的なメリットを与える「投資型」の2つに分かれます。この記事では、クラウドファンディングの種類や、メリット・デメリットなど、基本的な内容を紹介します。

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、不特定多数の人にインターネットを通じて資金の提供を呼びかける資金調達方法です。資金調達が必要な事業内容を動画やインターネットサイトなどで呼びかけ、事業内容に賛同した人から出資を受けられるという仕組みです。

クラウドファンディングの歴史

クラウドファンディングの歴史は意外に古く、17世紀頃には印刷費用の寄付をする代わりに、書籍に広告を掲載するといったクラウドファンディングに近いものはあったとされています。
初めてクラウドファンディングのプラットフォームとしてスタートしたのは、2003年に立ち上げられたクラウドファンディングサイト「ArtistShare」で、音楽家兼プログラマーが、自らの音楽をデジタル化するために、寄付を募る目的で作られました。

日本では、2011年に起きた東日本大震災の復興支援を目的とした寄付型クラウドファンディングが急速に拡大。国内初のクラウドファンディングプラットフォームとしては2011年にスタートした「READYFOR」がはじまりとされています。

クラウドファンディングの市場規模

矢野経済研究所の調べによると、クラウドファンディングの市場規模(支援額)は、2019年1,566億円。2020年は1,841億円。2021年は見込みで1,505億円となっています。2020年は医療従事者や医療機関向けの支援・事業、飲食店支援、ライブハウスやイベント支援など新型コロナウイルスの感染拡大に伴う支援プロジェクトが急増しました。2021年は新型コロナウイルス関連のプロジェクトが落ち着くことが予想され、2020年よりは縮小する見込みです。しかし、さまざまな形態のクラウドファンディングが登場しており、今後、さらに注目される資金調達方法です。

5種類のクラウドファンディング

クラウドファンディングはさまざまな分類がありますが、支援をした人が金銭的なリターンを受け取れる「投資型」と、寄付を前提とした支援や、支援をした結果、物品やサービスを受け取れる「非投資型」の大きく2つに分類されます。

投資型、非投資型という2つの分類に着目しながら、ここではクラウドファンディングを5つの形態に分類して解説します。

購入型

プロジェクト起案者が資金を募り、支援者は起案者から支援金額に応じて、プロジェクトに関連した物品やサービスを受け取れます。

寄付型

被災地支援や、社会貢献、環境保全など、公益性の高いプロジェクトが多く、寄付であるため、支援者(寄付者)に対しての近況報告や、ニュースレターなどを送付するにとどまり、支援者は支援金額に応じて物品やサービス、金銭を受け取ることは基本的にはありません。

融資型(ソーシャルレンディング)

支援を希望する個人や事業者が、クラウドファンディング運営事業者にクラウドファンディングの申し込みをし、運営事業者が不特定多数に支援を呼び掛け、運営事業者が資金を融資する方法です。

融資型クラウドファンディングは、銀行融資と異なり、起案者そのものの事業規模や事業年数よりも、プロジェクトの可能性に資金を提供をするため、比較的資金調達しやすい方法です。

支援した側は、プロジェクトごとに定められた金利が受け取れますが、プロジェクトがうまくいかなければ、返済されないリスクもあります。

ファンド型

クラウドファンディング運営事業者にクラウドファンディングを申し込み、運営事業者が資金を集めるまでは融資型と同じですが、ファンド型の場合はプロジェクトによって得た利益に応じた分配金が受け取れます。また、プロジェクトの成果次第では分配金に加え、優待やサービスを受け取れることもありますが、成果が思わしくなければ分配金などが受け取れない可能性もあります。

なお、ファンド型のクラウドファンディングは第二種金融商品取引業として、内閣総理大臣への申請・登録をした運営事業者を介します。

不動産に特化したクラウドファンディングもあり、不動産クラウドファンディングにも、「融資型」と「ファンド型」2つのタイプがあります。
不動産クラウドファンディングについては、こちらの記事を参考にしてください。
不動産クラウドファンディングの基礎知識-仕組みや他の不動産投資との比較-

株式型

プロジェクトの支援者は投資をすることで、支援先企業の株式を受け取れます。まだ上場していない、未公開株への投資ができるため、上場した場合には大きなリターンが期待できます。支援する側は同一の会社に年間50万円まで、支援を受ける側の調達額の上限は年間1億円までと金額に制限があります。

クラウドファンディングの調達方法

クラウドファンディングの資金調達方法には、「All or Nothing」方式と「All in」方式の2とおりがあります。

All or Nothing方式

プロジェクトの目標額に到達したら支援金を受け取れる方式です。ある程度の支援額があったとしても、目標額に到達しないと1円も受け取ることはできません。

All in方式

支援金がプロジェクトの目標額に達しなくても、期間終了日での支援金が受け取れる方式です。

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングのメリットを紹介します。

賛同を得られればお金を集められる

金融機関からの融資を受けられなくても、プロジェクトの支援者の賛同が得られればお金を集められます。

金銭以外の特典が付与できる

クラウドファンディングの中には、支援に対して金銭的な特典以外にも、起案するプロジェクトに関連した物品やサービスを特典として付与できます。また、寄付型のように支援者に近況報告や、ニュースレターなどの送付にとどめるケースもあります。

資金調達のハードルが低い

クラウドファンディングは、金融機関と違い、起案者の事業規模や事業年数などより、プロジェクトの可能性に融資をする特徴があります。そのため、将来性が不確実な新規事業でも、賛同さえ得られれば資金を集められる可能性があります。

プロジェクトが宣伝できる

クラウドファンディングの告知をすれば、多くの人が自身のプロジェクトを目にするため、クラウドファンディングのプラットフォームに掲載するだけでも宣伝効果があります。

根強いファンができる

支援者はプロジェクトに賛同しているため、プロジェクトが好調に進んでいたり、起案者が定期的に経過報告などをしたりしていれば、その後も継続的な支援を受けられる可能性があります。

多額の資金が調達できる

クラウドファンディングは不特定多数に支援を求めることができるため、プロジェクトの賛同が得られれば、多額の資金を調達できます。

クラウドファンディングのデメリット

次にクラウドファンディングのデメリットについて見ていきます。

必ず資金が集まるとは限らない

クラウドファンディングはプロジェクトの賛同を得られれば、多額の資金が調達できますが、目標額に届かない場合や、All or Nothing方式を採用し、目標額に届かず1円も資金が集まらない可能性もあります。

アイデアを盗まれる可能性がある

クラウドファンディングのプラットフォームに掲載するだけでも宣伝効果がある半面、自身のプロジェクトの内容を公表することになるため、アイデアを盗まれる可能性があります。

事業が失敗すると信用を失う

起案したプロジェクトに対して、目標の支援額が集まったからといって必ずそのプロジェクトが成功するわけではありません。途中で失敗してしまったような場合、プロジェクト起案者は支援者だけではなく、事業に関わってくれた人にも迷惑をかけることになるため、社会的にも大きく信用を落としてしまう可能性があります。

クラウドファンディングの決済方法

クラウドファンディングでプロジェクトを支援するための支払方法は、銀行振込、クレジットカード、コンビニ決済のいずれかの方法を利用するのが一般的です。

逆にプロジェクト支援金を受け取る場合、支援金はプロジェクト起案者指定の銀行口座に振り込まれることが一般的です。

まとめ

クラウドファンディングは被災地の支援や、プロジェクトの応援というイメージがありますが、融資型、ファンド型、株式型のように事業やプロジェクトに投資をする側面も持っています。
投資目的のクラウドファンディングで資金を調達するプロジェクトの中には、金融機関の融資を受けることが難しいような新規事業を支援する案件などもあるため、リスクは高いですが、大きなリターンを得られる可能性もあります。

また、不動産投資に特化したクラウドファンディングもあるため、不動産投資に挑戦してみたい方は、不動産投資クラウドファンディングという選択肢もあることを知っておきましょう。

不動産投資クラウドファンディングについては、こちらの記事を参考にしてください。
不動産クラウドファンディングの基礎知識-仕組みや他の不動産投資との比較-

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

有田宏

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産投資でローンを使う時

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~実家を賃貸にした場合の確定申告~

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 駐車場への投資を考える

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産を今、買っていい人 買わないほうがいい人

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 新築住宅50万戸時代に生き残る賃貸経営戦略の立て方

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.106 タイ不動産マーケットの現状について

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 賃貸併用住宅を建てる時の判断

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。