LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

不動産交流会とは? メリット・参加方法・おすすめな人

不動産投資に取り組んでいる人、これから取り組みたいと思っている人、皆さんそれぞれ悩みを抱えている方も多いでしょう。困っていることを相談したりアドバイスをもらったりする機会があったらいいのにな……と思っている方もいるのではないでしょうか?
そんな時に活用したいのが不動産交流会です。不動産交流会とはどのようなものなのか、どのようにして参加するのかなど、この記事でぜひ理解を深めてください。
今回は、個人投資家向けに不動産オーナー交流会に絞って解説します。

不動産交流会とは?

不動産交流会には、不動産会社が集まる交流会と、不動産オーナーが集まる交流会の2種類があります。

不動産業者による交流会

不動産関連の事業者が集まる交流会です。戸建て販売会社、マンション販売会社、不動産売買仲介会社、不動産賃貸仲介会社、不動産管理会社などの事業所に勤める方が集まることが多いでしょう。弁護士や司法書士などの方が参加するケースもあります。
参加者同士で名刺交換し、情報を共有したり自社をPRしたりするのが主な目的です。

【参加者】不動産事業経営者、営業担当者、仕入れ担当者、司法書士、弁護士など

不動産オーナーによる交流会

こちらは不動産を所有するオーナーなど、個人投資家向けの交流会です。弁護士や税理士の方、金融機関の融資担当者などが参加するケースもあります。
オーナー同士で情報交換したり悩みを相談したりするほか、不動産オーナー仲間のつながりをつくることが主な目的といえるでしょう。

【参加者】不動産オーナー、不動産投資に興味のある投資家、金融機関の融資担当者、弁護士、税理士など

今回は、個人投資家向けに不動産オーナー交流会に絞って解説していきます。

不動産オーナー交流会に参加するメリット

まずは、不動産オーナー交流会に参加するとどのようなメリットがあるのか解説します。

情報収集できる

不動産投資初心者や未経験者にとっては、不動産投資経験者や複数の不動産を所有するベテラン投資家などからさまざまな情報を得られるのが最大のメリットでしょう。各投資家の投資スタンスや手法を学ぶ機会にもなります。

不動産投資にすでに取り組んでいる方であれば、管理会社や入居者との関係で困っている、入居者募集がうまいくいかない、など悩み事を相談することも可能です。最新の不動産投資ローン事情、不動産市況などを知ることができるのも魅力でしょう。
コインパーキング投資やぼろアパート投資など、自分が取り組んだことのない独自の手法で投資している人の話を聞くこともできるかもしれません。

勉強ができる

交流会によっては、参加者同士のフリートークや懇親会の他に勉強会やセミナーを開いているものがあります。もちろん他の投資家の経験・知識を教えてもらうことも大きな勉強の一つといえるでしょう。
不動産投資は賃貸経営の実務的ノウハウだけでなく、経営面・税制面・経済面・経理面などさまざまな分野の勉強が必要です。多くの知識・情報を得られる交流会はメリットが大きいといえるでしょう。

人脈が広がる

投資家の知り合いが増えることで、困ったことを相談したりアドバイスをもらえたりする機会が増えます。投資スタンスの似ている不動産オーナー仲間がいれば、不動産投資を続けていくモチベーションにもなるでしょう。
それに加え不動産投資家仲間から金融機関を紹介してもらうことも期待できます。

その他にも、交流会で同席した弁護士や税理士などの方との人脈や、金融機関の融資担当者との人脈がつくれる可能性もあるでしょう。

企業や事業者とのマッチング

大家さん同士のコミュニティを展開している交流会の中には、不動産オーナーとテナントを探す事業者や、不動産会社・建築会社、弁護士・税理士などの方とのマッチングを行っているところがあります。
不動産投資を行う上で必要な事業者を選定することは簡単ではありません。大家さんコミュニティの運営者が紹介してくれる事業者を参考にできれば、判断の手助けになるでしょう。

不動産オーナー交流会の参加方法

では、実際に不動産オーナー交流会に参加する方法を見ていきましょう。

不動産交流会のスタイル

まず、不動産オーナー交流会は、いくつかのスタイルに分かれています。主には

・セミナー形式でその後フリートーク、懇親会
・飲み会、食事会
・オンライン

交流会の開催場所や自身の好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

不動産交流会の探し方

不動産交流会は、インターネットで探すのが一般的です。もしくは不動産会社、オーナー仲間から紹介されて情報を得ることもあるでしょう。
参加条件、参加費などを確認して申し込みます。

持ち物・準備するもの

不動産交流会に参加する際に必要なものとしては、
・名刺
・ノート、筆記用具
・物件情報や図面など(気になる不動産、具体的な相談事項がある場合)
などが挙げられます。
不動産交流会で得た人脈をその後も続けていくために、名刺などお互いの連絡先を交換できるツールを用意しておくとよいでしょう。

不動産交流会への参加がおすすめな人

さまざまなメリットがある不動産オーナー交流会。特に以下のような人におすすめです。

これから不動産オーナーになろうとしている未経験者

不動産投資に興味があるものの、まだ始めていない未経験者や、親から相続した不動産で賃貸経営を始めようとしている人などには、不動産交流会への参加がおすすめです。

不動産投資を始める前に、色々な先輩投資家から話を聞くことで自分の投資スタンスを決めるきっかけになります。不動産投資経験者の実務に沿った意見は、どんな物件に的を絞るか、収支計画、出口戦略など今後の方針を決める参考になるでしょう。

不動産投資経験が浅い初心者

賃貸経営を始めたばかりでまだ軌道に乗っていない人、不動産投資を始めたものの不安がある人にとっても、不動産オーナー交流会は有効です。
経験豊富な先輩投資家に困っていることを相談したりアドバイスを得たりすることができるでしょう。

不動産オーナーの先輩や仲間を増やしたい方

不動産オーナーとしての賃貸業務は、管理会社などにお任せすることで手間を省くことができます。しかしその場合であっても、入居者への対応や修繕の判断など、最終的な判断は大家である自分に任されるものです。そんな時、悩んだり迷ったりすることも多いでしょう。
同じような悩みを持つ仲間がいれば、問題が起きたときの解決策を相談することができ、心強いはずです。情報を共有することでモチベーションが維持できる効果もあるでしょう。

不動産事業の拡大を狙っている方

新たに不動産を増やしたい人、新たな賃貸事業(シェアハウス投資やコインパーキング投資など)を開拓したい人など、不動産投資の拡大を計画している方にも交流会はおすすめです。
2軒目以降の不動産投資ローン申し込みにあたって、金融機関の情報を持つオーナー仲間や融資担当者との人脈は有効でしょう。
取り組みたいと思っている新規事業の経験者がいれば、そのノウハウも得られます。

まとめ

物件選びや日常のさまざまな賃貸業務において、最終的な判断はすべてオーナー次第です。失敗も成功もすべて自分の責任となると、不安になったり迷ったりすることもあると思います。ぜひ不動産オーナー交流会やセミナーを利用し、積極的に人脈を広げてみましょう。

LIFULL HOME’Sでは不動産投資に関するセミナーを掲載しています。ぜひ参考にしてください。
LIFULL HOME’Sでセミナー検索

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~火災保険はどうなるのか~

田中法人

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 実家空き家の有効活用

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 知っておきたい不動産価格

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 投資家なら知っておきたい3種類ある不動産鑑定評価方法

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 2022年の賃貸市場の環境とこれからの不動産投資のポイント

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.101 2022年のASEAN不動産マーケット展望 その3

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 「FIRE]不動産投資で実現可能か?45歳・持ち家・家族あり/なし

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。