LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

メガ大家ってどんな人? 初心者がメガ大家になるための成功戦略3選

メガ大家とは、総資産10億円超えなど、多数の不動産を所有しているオーナーです。

この記事を読んでいる人の中にも、メガ大家を目指している人がいると思います。しかし、総資産10億円の不動産を所有すれば、必ず安定して多くの収益を得られるとは限りません。

メガ大家の中には、ローン返済の負担が大きく資金繰りに困っている人もいるため、初心者がメガ大家を目指す際は注意が必要です。

今回は、初心者がメガ大家を目指す際の注意点と、メガ大家になるための3つの成功戦略について解説します。

メガ大家ってどんな人?

「メガ大家」とは、所有物件の総額が10億円を超えるような人です。メガ大家の類義語には、500室以上など多数の物件を所有する人を指す「ギガ大家」という言葉もあります。

ただし、メガ大家やギガ大家には明確な定義がありません。一般的には、所有物件の総額が莫大な人を指します。

総資産10億円と聞くと、一部の大金持ちだけがメガ大家になれると考える人もいるでしょう。しかし、性格や年収など、個人の属性に関係なくメガ大家になれる可能性があります。

以下の記事では成功しているメガ大家の共通点を紹介しているので、メガ大家を目指している人はこちらも併せてご覧ください。
【ホームズ】12.保有資産10億!「メガ大家」の共通点とは?
https://toushi.homes.co.jp/column/keisuke-terao/terao12/

初心者がメガ大家を目指す際の注意点

年収が平均的な人でも、誰でもメガ大家になれる可能性はありますが、どんな投資にも必ずリスクがあります。

メガ大家になるための成功戦略を紹介する前に、初心者が注意するべき点を解説しましょう。

総資産よりも返済比率・純資産を意識する

メガ大家を目指したい場合、総資産よりも返済比率や純資産を意識することが大切です。

総資産とは、金融機関からの融資を含めたすべての資産、純資産とは、総資産から負債総額を差し引いた資産のことです。例えば、金融機関から8億円を借り入れて10億円の不動産を購入した場合、総資産10億円、純資産2億円となります。

返済比率とは、家賃収入に対して金融機関へ返済する額が占める割合で、以下の計算式で求めます。

返済比率=ローン返済額÷家賃収入×100
例:家賃収入が100万円(年間)、ローン返済額が50万円(年間)の場合、返済比率は50%です。(50%=50万円÷100万円×100)

一般的なメガ大家の定義は、「総資産」が10億円を超える人です。そのため、すべてのメガ大家の手残りがプラスになっているとは限りません。

メガ大家の中には、元から潤沢な資産を持っていた人もいます。

しかし、近年のメガ大家で多いケースは、フルローンまたはオーバーローンで多額の融資を受けているケースです。不動産投資の初心者にとって理想の返済比率は40%~50%程度といわれていますが、メガ大家の中には、返済比率が高く手残りがほとんどない人もいます。

返済比率が高いほど、金利上昇時や空室時にローンの返済が滞るリスクが高くなるため注意が必要です。

メガ大家を目指す際は、返済比率を高くしすぎないこと、純資産を増やすことを意識しましょう。

返済比率、フルローンについては以下の記事で解説しているので、興味がある人はご覧ください。
【ホームズ】不動産投資における返済比率の目安は?_理想の返済比率計算シミュレーション
https://toushi.homes.co.jp/column/lifull-homes-investment/beginner067/

【ホームズ】不動産投資への銀行融資が厳しい今、フルローンは可能なのか?
https://toushi.homes.co.jp/column/lifull-homes-investment/beginner114/

失敗しないためには地道な努力が必要

FXや暗号資産など、値動きを利用して利益を得る投資方法と違って、不動産投資は長期的に安定して家賃収入を得ることを目的とする人が多いです。

不動産投資で安定して家賃収入を得るためには、
・情報収集をして知識を得る
・多くの物件の現地調査で優良物件を見極める力をつける
・不動産会社の営業担当と信頼関係を構築する
・融資を受けられる金融機関を開拓する
など地道な努力が必要です。

「地道な努力をせずに、短期間で大きな収益を得る」という考え方は、大きな失敗をする可能性が高くなります。

LIFULL HOME’Sでは、不動産投資を始める際に役立つ情報を多数発信しています。興味がある人は、ぜひチェックしてみてください。
【ホームズ】不動産投資ノウハウ
https://toushi.homes.co.jp/knowhow/
【ホームズ】初心者必見!不動産投資の基礎や始め方
https://toushi.homes.co.jp/first_step/

メガ大家になるための成功戦略3選

それでは、メガ大家になるためには具体的にどうすればいいのでしょうか。ここでは、成功しているメガ大家の成功戦略を3つ紹介します。

明確な目標を設定する

メガ大家として成功するためには、漠然とした目標ではなく具体的な目標を設定しましょう。

例えば、「いつかメガ大家になりたい」ではなく「〇歳までに〇万円の収益を得る」など、より具体的な目標を設定することがポイントです。

明確な目標設定を行うことで「いつまでに・何をしなければいけないのか」といった行動目標が明確になり、具体的な計画を立てやすくなります。

さらに、行動目標が具体的になることで購入するべき物件の種類も明確になり、自然と自分の投資スタイルが生まれます。例えば一棟物件を中心に購入するなど、事業に一貫性が生まれ、自分のスタイルでの賃貸経営ノウハウが経験とともに蓄積されるでしょう。

人脈形成に力を入れる

メガ大家として成功するためには、良い物件を安く購入することも重要です。

不動産会社の営業担当から優良物件を紹介してもらえるなど、人脈形成に力を入れることで、優良物件を購入できるチャンスが生まれます。

不動産投資セミナーを通して業界関係者と出会う、地元を中心に不動産投資を行って特定の不動産会社や金融機関との信頼関係を深めるなど、積極的に行動してみましょう。

LIFULL HOME’Sでは不動産投資セミナー情報を多数掲載しているので、人脈形成のために参加してみてはいかがでしょうか。
【ホームズ】資産運用を始めるため、不動産投資セミナー(勉強会)で賃貸経営を学ぶ
https://toushi.homes.co.jp/seminar/

適切なタイミングで法人化する

総資産10億円規模の不動産を保有する人のほとんどは、不動産投資を法人化しています。不動産投資の法人化とは、投資家と金融機関の間に資産管理会社を設立し、投資家が法人の代表者として不動産を購入することです。

メガ大家が不動産投資を法人化する理由には、以下2つが挙げられます。
・個人ではなく、事業として不動産投資を行っていることを金融機関へ示すため
・会社の収益と個人のお金を明確に区別するため

特に、事業として不動産投資を行っていることを金融機関へアピールできれば、融資を受けやすくなり、さらに事業規模を拡大できるでしょう。

ただし、法人化するためには費用や手間がかかるため、法人化するタイミングは見極める必要があります。具体的な法人化のタイミングは個人の状況によって異なるので、不動産会社や税理士など専門家へ相談しましょう。

以下の記事では資産会社を設立するメリット・デメリットについて解説しているので、興味がある人はご覧ください。
【ホームズ】資産管理会社を設立するメリット・デメリット|活用するべき人はどんな人?
https://toushi.homes.co.jp/column/lifull-homes-investment/beginner173/

まとめ

総資産10億円以上のメガ大家は、大金持ちでなくても実現可能です。ただし、メガ大家として成功するためには、地道な努力や積極的な情報収集が必要です。

今回紹介した成功戦略を参考に、あなたもメガ大家への道を目指してみてくださいね。

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~火災保険はどうなるのか~

田中法人

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 実家空き家の有効活用

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 知っておきたい不動産価格

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 投資家なら知っておきたい3種類ある不動産鑑定評価方法

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 2022年の賃貸市場の環境とこれからの不動産投資のポイント

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.101 2022年のASEAN不動産マーケット展望 その3

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 「FIRE]不動産投資で実現可能か?45歳・持ち家・家族あり/なし

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。