LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

シェアハウス、農場、暗号資産、AI投資……投資で「狙われる若者」にならないために知っておきたい投資の際の習慣3つ【後半】

シェアハウス、農場、暗号資産、AI投資……投資で「狙われる若者」にならないために知っておきたい投資の際の習慣3つ【前半】では、LIFULL HOME’S不動産投資編集部がさまざまなデータを基に投資詐欺の現状、そして今なぜ若者が狙われているのか、その原因を探ってみました。

では、投資詐欺で狙われる若者にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?詐欺から自分を守るためには、今から解説する「投資の際の3つの習慣」が大切です。
もし投資に興味があるなら、ぜひこの3つの習慣をしっかり頭に入れておきましょう。今後自分が詐欺のターゲットになった際「もしかして……」と気付ける可能性が高まります。

狙われる若者にならないために知っておきたい投資の習慣3つ

①徹底的に自分で調べる

投資詐欺に狙われないために最も大切なのは、投資商品や相手について自分で徹底的に調べ、知識をつけることです。

例えば、未公開株について調べれば、正規の取引業者であっても未公開株の勧誘は禁止されていることが分かります。また、未公開株や社債が一般的な個人投資家に幅広く勧誘されることはまず考えられないことも分かるでしょう。
これらの知識があれば、未公開株の購入を勧められた時に「怪しいのではないか?」と疑うことができます。

勧誘してくる相手についても、契約する前によく調べましょう。
金融庁や消費者庁を名乗ったり「委託を受けて……」などの文言を使って安心させようとしたりする手口が多く見られています。
そもそも金融庁や消費者庁が外部に委託して投資について勧誘することはありません。

さらに、勧誘を受けた事業者の名前を確認し、正規の証券会社・金融機関であるかどうかを確認しましょう。正規の証券会社・金融機関であれば、金融庁・財務局の登録を受けています。登録の有無は、金融庁・財務局のホームページや電話で確認することができます。

相手方の免許証など公的な身分証明書を提示させたり、会社のホームページやその投資に関するパンフレットなどを提示させたりするのも有効です。
提示された住所や会社が実在するのかどうか、パンフレットの中身は信頼できるものなのかなど、時間をかけてしっかり調べましょう。

②言われたことをそのまま信じない

投資詐欺をはたらく事業者がよく使う文言があります。

「必ずもうかる」
「確実に値上がりする」
「必ず上場する」
金融商品取引業者がこうした文言を使い、値上がりを期待させて勧誘することは違法です。そもそも「必ずもうかる」ような投資話を、わざわざ他人に教えることがおかしいと捉える必要があるでしょう。

また正規に認められている金融機関以外の事業者が「元本は必ず守られる」など、元本保証をうたって出資させることも違法です。

先述の通り「金融庁から委託を受けて……」なども、相手を信用させるためのうそです。公的機関が投資の勧誘をすることはありません。

「損した分を取り返す」
「後で必ず高く買い取る」
これらも簡単に信じないようにしましょう。投資詐欺をはたらく人の中には「劇場型」といって、同じ事業者が複数の会社を装って多方面からだまそうとする手口を取るケースがあります。
よくある手法として、まず、ある事業者からA社の未公開株の購入を持ち掛けられます。その場では断ったとしても、また別の事業者から「A社の未公開株を持っていないか?持っていたら高く買い取る」などといった連絡が入ります。
どちらも詐欺をはたらく同じ事業者なのですが、2つの事業者からの連絡を受けた消費者は「それならA社の未公開株を買えばもうかる」と信じ込んでしまうわけです。購入代金を振り込むものの、どちらの事業者とも連絡が取れなくなり詐欺だと気づくケースが多いでしょう。

「支払期限がすぐ」
「あと〇人しか買えない」
このように支払いや契約を急かしてプレッシャーをかけるような勧誘も疑った方が賢明でしょう。冷静な判断ができなくなるような状況に追い込むのは、投資詐欺のよくある手法です。
一度時間をおいて誰かに相談するなど、慎重な判断をするようにしましょう。

③投資は余裕資金で行う

若者の多く、特に学生はそもそも手元にそんな大きな額の資金を持っていません。それなのになぜ投資詐欺のターゲットとして狙われ、大金を預けてしまうのでしょうか?
それは、だまされた相手に乗せられて何枚ものクレジットカードを作ったり、複数の学生ローンから「留学資金」などとううそをついて借金したりして資金を用意させられてしまうからです。

「投資は借金して行ってはいけない」
これは、投資の大前提です。投資は「余裕資金」で行わなければなりません。
余裕資金とは、生活費や緊急時の備え、近い将来使う予定の資金などを差し引いて残ったお金、つまり万が一なくなってしまっても生活に支障が出ないお金のことです。
「投資は余裕資金で」の基本を忘れなければ、うまい話にだまされて借金を抱えるようなことはありません。

まとめ

投資の基本として「絶対」や「必ず」はありません。そもそも投資には「確実性」がなく、利益が出る可能性もあれば、損をする可能性もあります。ですから「絶対にもうかる」「必ず値上がりする」などの言葉を使って勧誘してくること自体が「間違っている」「怪しい」と考えていいのです。

ただしここで勘違いしてはいけないのは「投資」そのものが「怪しい」「危ないもの」というわけではないということです。うそを言ったり、不確実なものを確実だと偽ったりしてお金をだまし取る「詐欺行為」が問題なのです。
投資商品についてよく理解し、長期投資・分散投資といった適切なリスク回避を行った投資活動は、むしろ効率的に資産を運用できる方法といえます。

言われたことをうのみにせず、自ら徹底的に調べる・学ぶ習慣をつけ「狙われる若者」にならないよう自分を守りましょう。

【これで騙されない】不動産投資詐欺の悪質な手口5例!注意したい言動と困った時の相談先

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

LIFULL 不動産クラウドファンディング

シリーズ連載: 不動産投資クラウドファンディングの基礎知識

最新コラム: 【初心者のための不動産投資】基礎知識や3つの投資法、メリットデメリットについて解説

有田宏

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産投資のリスク「災害や事故などへの対処」

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~実家を賃貸にした場合の確定申告~

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 駐車場への投資を考える

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産を今、買っていい人 買わないほうがいい人

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: スーパーゼネコンVS大手住宅メーカー ~意外に知られていない建設業界での立ち位置を解説~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.108 フィリピン現地レポート2022年7月 その2

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: FP視点のマイホームと投資家視点のマイホーム

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。