LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

クラウドファンディングサイト選びのポイントと有名サイト11選

支援者としてクラウドファンディングに参加する際、利用するサイトによって使い勝手や参加できる案件の種類が異なります。最近では多数のクラウドファンディングサイトがあるため、サイト選びに迷ってしまう人もいるでしょう。

今回は、クラウドファンディングのサイトを選ぶ際のポイントと種類別にサービスを提供しているサイトを紹介します。

クラウドファンディングサイト選びの4つのポイント

クラウドファンディングのサイト選びで失敗しないためには、サイトの特徴や信頼性を事前に確認することが大切です。ここでは、クラウドファンディングサイト選びの4つのポイントを解説します。

得意とするジャンル

クラウドファンディングに参加する際、目的に合ったプラットフォームを選びましょう。

クラウドファンディングは、特徴別に以下7種類に分類され、それぞれ資金提供の意味合いや得られるリターンが異なります。

資金提供の分類リターン
購入型支援商品・サービスなど
融資型貸し付け利息
ファンド型投資分配金・商品・サービスなど
株式投資型投資未公開株(配当金・売却益)
不動産投資型投資分配金
寄付型支援なし
ガバメント支援(納税)商品・サービスなど

クラウドファンディングの種類別おすすめサイトは次の章で紹介するので、プラットフォーム選びの参考にしてください。

クラウドファンディングの種類については以下の記事で詳しく解説しているので、それぞれの特徴についてはこちらをご覧ください。
クラウドファンディング商品とは? 7つの種類を徹底解説

運営会社の信頼性

クラウドファンディングは、誰でも気軽に参加できることがメリットの1つです。一方で、支援者と運営会社または起案者間でトラブルが生じる場合があります。

リスクを避けるために、サイトの実績や運営会社の会社概要、口コミなどからクラウドファンディングサイトを運営する会社の信頼性を確認することも大切です。

クラウドファンディングで起こり得るリスクの1つに、運営会社の倒産があります。日本のクラウドファンディングサイトでも、過去にサイト運営が難しくなったことによって短期間でサービスが終了したサイトがあります。

運営会社は、支援者からの出資金と自社の運営資金を分けて管理するケースが一般的です。しかし、運営体制が整っていない場合、運営会社の倒産による貸し倒れなどお金が返ってこないというトラブルが生じる可能性があります。

運営会社の信頼性は、サイトを利用する前にしっかりと調べることをおすすめします。

サポート体制

クラウドファンディングに初めて参加する場合、不明点や起案者とのトラブルについてサイトの運営会社に相談できる体制が整っていると安心です。クラウドファンディングのサイト内にお問合せ先があるかどうか、確認しておきましょう。

最低投資金額

クラウドファンディングのサイトによって、最低投資金額が異なります。1円から参加できる場合もあれば10万円必要な場合もあり、同じサイト内でもプロジェクトによって最低投資金額が異なるケースが一般的です。

予算と最低投資金額が合わないと、サイトに登録しても参加できるプロジェクトが限られてしまうので、予算に合ったサイトを選びましょう。

また、最低投資金額が少ないと分散投資しやすく、リスクへ備えることができるというメリットもあるので、初心者の場合は少額から始められるサイトから検討をするのもサイトを選ぶ選択肢のひとつです。

【種類別】有名クラウドファンディングサイト

ここからはクラウドファンディングの有名サイトを種類別に紹介します。

サイト
購入型CAMPFIRE(キャンプファイヤー)https://camp-fire.jp/
Makuake(マクアケ)https://www.makuake.com/
融資型Crowd Bank(クラウドバンク)https://crowdbank.jp/
Funds(ファンズ)https://funds.jp/
ファンド型Sony Bank GATE(ソニーバンクゲート)
https://moneykit.net/visitor/sbg/
セキュリテhttps://www.securite.jp/
株式投資型FUNDINNO(ファンディーノ)https://fundinno.com/
不動産投資型LIFULL不動産クラウドファンディング
https://recrowdfunding.lifull.jp/
寄付型READYFOR(レディーフォー)
https://readyfor.jp/apply/social/
A-port(エーポート) https://a-port.asahi.com/
ガバメントふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディング
https://www.furusato-tax.jp/gcf/?header

各サイトの特徴を紹介するので、気になるところをチェックしてみてください!

購入型

購入型は、個人や企業のプロジェクトに資金を提供して、リターンとして商品やサービスを得るタイプのクラウドファンディングです。

購入型のクラウドファンディングサイトで特に規模が大きく、知名度も高いサイトは「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)https://camp-fire.jp/ 」と「Makuake(マクアケ)https://www.makuake.com/ 」です。

CAMPFIREは、運営開始から累計約590万人(2021年9月時点)が支援者として参加しているなど実績豊富です。案件数もバラエティに富んでおり、エンターテインメント、スポーツ、ビジネスなど多様なジャンルのプロジェクトを掲載しています。

Makuakeは新規案件が毎月約400件公開されているので、興味がある案件が見つかりやすいでしょう。サイトの仕様は簡易で分かりやすいので、初心者にもおすすめです。

また、どちらも最低投資金額は500円ですが、数千円~1万円程度の案件が多くなっています。購入型の場合、日用品や食べ物など比較的安価な物が対象のプロジェクトは最低投資金額が低く、家電など高価な物が対象のプロジェクトは最低投資金額が高くなる傾向です。

CAMPFIRE
(キャンプファイヤー)
Makuake
(マクアケ)
最低投資金額目安500円目安500円
サイト運営開始2011年2013年
運営会社株式会社CAMPFIRE株式会社マクアケ

融資型

融資型とは、企業に資金を貸し付け、リターンとして利息を受け取るタイプのクラウドファンディングです。
融資型のクラウドファンディングサイトとしてサービスを提供しているのは「Crowd Bank(クラウドバンク)https://crowdbank.jp/ 」と「Funds(ファンズ)https://funds.jp/ 」になります。

Crowd Bankは2013年に運営開始されたクラウドファンディングサイトで、不動産、太陽光発電ファンド、金などさまざまなファンドが掲載されています。

Fundsは1円から1円単位で参加できるため、少額からでも始めやすいことが特徴です。サービス開始は2019年となっており、比較的新しいクラウドファンディングサイトですが、累計会員登録数4.4万人以上(2021年10月時点)など、着実に実績を高めています。

Crowd Bank
(クラウドバンク)
Funds
(ファンズ)
最低投資金額1万円1円
サイト運営開始2013年2019年
運営会社日本クラウド証券株式会社ファンズ株式会社

ファンド型

ファンド型は企業のプロジェクトや事業に資金を提供して、企業が得た売上から分配金を受け取るタイプのクラウドファンディングです。

ファンド型クラウドファンディングサイトのサービスを提供しているサイトは「Sony Bank GATE (ソニーバンクゲート)https://moneykit.net/visitor/sbg/ 」と「セキュリテhttps://www.securite.jp/ 」です。

Sony Bank GATE では、新たな市場や世の中の課題解決に取り組むベンチャー企業の事業を掲載しています。ソニーバンクゲートでプロジェクトに参加する場合、ソニー銀行口座の開設が必要です。

セキュリテでは経済的なリターンだけでなく、地域の課題や貧困など社会問題に取り組むプロジェクトを掲載しています。2020年12月から楽天証券株式会社がセキュリテを通してサービス提供しているなど、今後も注目のファンド型クラウドファンディングサイトです。

Sony Bank GATE
(ソニーバンクゲート)
セキュリテ
最低投資金額目安5万円目安1万円~3万円
サイト運営開始2017年2009年
運営会社ソニー銀行株式会社
(ソニーフィナンシャルグループ)
ミュージックセキュリティーズ株式会社

株式投資型

株式投資型はベンチャー企業や創業間もない企業に投資し、リターンとして未公開株式を得るタイプのクラウドファンディングです。企業が成長して上場した場合、株式を売却して大きなリターンを得られる可能性があります。

株式投資型クラウドファンディングサイトのサービスを提供しているのは「FUNDINNO(ファンディーノ)https://fundinno.com/ 」です。運営元の株式会社日本クラウドキャピタルは、日本で初めて株式投資型クラウドファンディングの勧誘を行う事業者として登録承認を受けています。

FUNDINNOに掲載されている案件は、テクノロジー、IT、マーケティングなどが多くなっています。

FUNDINNO
(ファンディーノ)
最低投資金額10万円
サイト運営開始2016年
運営会社株式会社日本クラウドキャピタル

不動産投資型

不動産投資型はファンド型に分類されますが、ファンドの対象が不動産に限定されています。投資家から集めた資金で不動産を運用し、家賃収入や売却益を投資家に分配する仕組みです。

不動産投資型のファンドは、不動産投資型クラウドファンディングを行う企業の公式サイトから検索できます。しかし、たくさんのファンドを比較したい場合、賃貸物件や収益物件のようにポータルサイトを利用すると効率よく比較できるでしょう。

「LIFULL不動産クラウドファンディング https://recrowdfunding.lifull.jp/」は、不動産投資型のファンドを多数掲載しているポータルサイトです。これまで株式会社LIFULLが運営してきた不動産ポータルサイト「LIFULL HOME’S https://toushi.homes.co.jp/」で培ったノウハウを活かし、利便性の高いサイトとなっています。

各ファンドの対象物件の詳細を簡単に比較できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

LIFULL
不動産クラウドファンディング
最低投資金額1万円
サイト運営開始2021年
運営会社株式会社LIFULL

寄付型

寄付型は、寄付として資金提供するタイプのクラウドファンディングとしてサービスを提供しているのは「READYFOR(レディーフォー)https://readyfor.jp/apply/social/ 」と「A-port(エーポート) https://a-port.asahi.com/ 」です。

どちらも寄付型・購入型の案件を掲載しているクラウドファンディングとなっています。

READYFORではNPO・非営利団体の資金調達などをサポートしており、生活に困窮する学生、病気で苦しむ人々、途上国への支援などさまざまな寄付型案件を掲載しています。

A-port(エーポート)は朝日新聞社が運営しているクラウドファンディングサイトです。

クラウドファンディングは、より多くの人にプロジェクトを知ってもらうことで起案者が成功する確率が高くなります。朝日新聞社がメディアとして培ってきた発信力が強みとして活かされています。

READYFOR
(レディーフォー)
A-port
(エーポート)
最低投資金額目安3,000円~5,000円目安1,000円
サイト運営開始2011年2015年
運営会社READYFOR株式会社株式会社朝日新聞社

ガバメント

ガバメント型はふるさと納税制度を利用したクラウドファンディングは「ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディングhttps://www.furusato-tax.jp/gcf/?header 」です。

ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディングは、全国37万点以上(2021年7月時点)の返礼品を掲載しているふるさと納税の総合サイト「ふるさとチョイスhttps://www.furusato-tax.jp/?header 」と同じ運営会社が運営しているサイトです。

「ふるさとチョイス」では返礼品から納税先を検索しますが、ガバメントクラウドファンディングではプロジェクトから検索できます。

ガバメント型のプロジェクトは、自治体が抱える課題に対するもののため、プロジェクト内容や資金使途の詳細がしっかりと記載され、写真も多く掲載されている傾向です。

ふるさとチョイス
ガバメントクラウドファンディング
最低投資金額目安5,000円~1万円
サイト運営開始2013年
運営会社株式会社トラスバンク

まとめ

クラウドファンディングで失敗しないためには、プラットフォーム選びが大切です。運営会社の信頼性や自分の目的に合っているかなど、今回紹介したポイントを基にサイトを選んでみてくださいね。

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

不動産投資NEWS

シリーズ連載: 不動産投資ニュース

最新コラム: 資産運用に関するアンケート!投資経験者の割合は女性より男性の方が高い

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~実家を賃貸にした場合の確定申告~

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 駐車場への投資を考える

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 「円安進行」「金利上昇」「ウクライナ紛争」 わが国の不動産投資への影響は?

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 結局、「2022年問題」は賃貸市場に影響を与えるのか?

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.105 フィリピン大統領選による不動産マーケットの変化はあるのか?

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 賃貸併用住宅を建てる時の判断

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。