LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

投資初心者におすすめ! 少額から始められるインフレ対策をご紹介

時代の移り変わりとともに上昇していく物価や消費税。ゆるやかなインフレ傾向にある日本では、インフレ対策として投資を始めることも資産を守る選択肢の一つです。

そうはいっても、「何から始めたらいいのかわからない」「大きな資金は用意できない」などさまざまな悩みがあるでしょう。

今回は、投資初心者におすすめの資産運用方法を、インフレ対策という観点から紹介します。誰でも始めは初心者なので、あせらず一歩ずつ前に進みましょう。

投資初心者の方には以下の記事もおすすめです。
初心者におすすめの投資9種類|少額で始められる方法
【積立投資のメリットと注意点】効果的に運用するポイントとは?

【投資初心者にもおすすめ】インフレ対策ができる資産運用方法

インフレ対策として投資をするためには、お金ではなく「物」として資産を持つことが大切です。ここでは、インフレ対策ができる資産運用方法を3つ紹介します。

比較的少額から始められる方法を厳選しているので、初心者の方もぜひ参考にしてください。

投資信託

投資信託とは、投資家から集めた資金をファンドマネジャーと呼ばれる専門家が運用する方法です。投資信託の投資対象には、株式・債券・不動産などさまざまなものがあります。

金融商品の詰め合わせパックのようなものと考えると、イメージしやすいかもしれません。

近年は、毎月コツコツ積み立てる積立投資が人気ですが、積立投資と投資信託はとても相性がよい組み合わせです。

投資信託による資産運用では複数の銘柄に投資できるため、リスクを分散しつつインフレ対策ができるでしょう。
投資信託の8つのリスク|リスク分散のポイントとリスクの計算方法

株式投資

株式投資は、企業が発行する株式を購入して株主になる方法です。株主になると、企業が得た利益の一部を配当金として受け取ることができます。

インフレになるということは、物価が上がって相対的にお金の価値が下がるということです。そのため、消費者からすると、物価上昇に対してネガティブなイメージを抱きがちです。

しかし、物価が上がる背景には需要増加があり、企業の商品・サービスの価格上昇、売り上げ増加につながります。そうすると、株価上昇や配当金の増額につながり、投資家に還元される可能性が高まります。

企業が儲かると企業で働く従業員の給料アップにもつながりやすいため、インフレ=悪いことばかりではないんですよ。

株式は購入できる単位が決まっており、100株単位が一般的です。ただし、企業によっては1株数百円のものもあるため、数万円からでも購入できます。証券会社によっては1口からでも購入できる場合もあるので、気になる方は証券会社の公式サイトを確認してみてください。

株式投資の魅力とは? 始め方や取引のコツを初心者向けに解説

不動産投資型クラウドファンディング

クラウドファンディングは、複数の投資家が資金を出し合うことで、起案者がプロジェクトを実行する投資方法です。不動産投資型クラウドファンディングの場合、プロジェクトの対象が不動産になります。

個人で不動産投資を始める場合、数百万円~数千万円などまとまった資金が必要ですが、不動産投資型クラウドファンディングであれば1万円から手軽に始められます。

不動産は現物資産と呼ばれるもので、インフレ対策の投資先として有効的な手段の一つです。LIFULL HOME‘Sでは不動産型クラウドファンディングのファンド情報をまとめて掲載しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

LIFULL不動産クラウドファンディング
クラウドファンディングとは? 資金調達方法とメリット、デメリットを解説

小額投資は意味がない? 少額でもインフレ対策をしたほうがいい理由

少額投資や積立投資など、コツコツ型の資産運用が注目を集める一方、「少額投資は意味がない」といった意見を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

資産を運用する際、投入する資金が少額なほど効果が小さくなる傾向にあるため、そのような意見があります。

しかし、初心者が少額投資をすることには以下2つのメリットがあるため「意味がない」というのは少々極端なのかもしれません。

【初心者が少額投資をするメリット】
・投資のスキルが身につく
・大きな失敗を防げる

【投資のスキルが身につく】
どのような方法で投資を始めるとしても、投資対象に関連した知識やスキルがあれば、投資の効果を高められる可能性があります。まとまった資金を用意できなくても、少しでも早く少額から投資を始めれば、実体験を通して感覚的にスキルが身につくでしょう。

【大きな失敗を防げる】
長年かけてためた預貯金や、リタイア時に受け取る退職金。これらを一度に投資する場合、少額から始める場合よりも大きな失敗をするリスクが高くなります。

将来、まとまった資金を上手に運用するために、少額からでも投資経験を積んでいると財産を大きく失うリスクを防ぐことができるかもしれません。

【積立投資のメリットと注意点】効果的に運用するポイントとは?

インフレ対策をしないこともリスクになり得る

投資は預貯金と違って、一定のリスクを取る代わりにリターンとして利益を得られる仕組みです。そのため、元本保証できるものではありません。

「リスクがあるなら預貯金だけでいいのでは?」と感じる人もいるでしょう。

しかし、資産を守るという観点からすると、インフレ対策をしないことも資産価値が下がるリスクを背負う可能性があります。

万が一、急速にインフレが進んだ場合、預貯金のみで資産を蓄えている人は大きなダメージを受ける場合があるでしょう。インフレになってからインフレ対策をするのではなく、インフレに備えて少しずつ対策を取るという考え方が大切です。

ある程度の余剰資金がある人は、インフレに強い金融資産に少額からでも資産を分散させることを検討したほうがいいかもしれません。

大きく投資したい人におすすめのインフレ対策

少額からではなく大きく投資をしたい場合、不動産投資が有効的な手段の一つです。現物資産である不動産は、インフレ時に価値が下がりにくいというメリットがあります。

また、不動産投資は長年多くの投資家が資産を形成してきた方法です。ノウハウをまとめた書籍は多数あり、知識を得る環境が整っています。不動産投資に関する多数の書籍が、書店に並んでいる光景を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

最近では、書籍だけでなくセミナーやインターネット上の記事による情報収集も身近になっています。LIFULL HOME’Sでは多数のセミナー情報、不動産投資に関するノウハウを発信しているので、興味がある方はチェックしてみてください。
【ホームズ】日本最大級の不動産投資サイト《セミナーから投資物件探しまで》

株式・投資信託の始め方

最後に株式、投資信託の始め方を紹介します。不動産投資、不動産投資型クラウドファンディングの始め方については以下をご欄ください。

ここでは株式や投資信託の始め方を紹介するので、不動産投資、不動産投資型クラウドファンディングの始め方については以下をご覧ください。
不動産投資ノウハウ
LIFULL不動産クラウドファンディング

投資をはじめる場合のステップは以下3つです。
STEP1:証券口座を開設する
STEP2:銘柄を選ぶ
STEP3:購入する

金融商品を購入するためには、普通預金口座とは異なる金融資産専用の口座を開設する必要があります。最近ではネット証券が多数あるため、忙しい方でも気軽に始められるでしょう。

まとめ

日本では、将来的にインフレになる可能性が高くなっています。現在預貯金のみで資産を保有している方は、インフレに強い投資対象に資産を分散させてみてはいかがでしょうか。

投資の中には少額から始められるものもあるため、手始めにそのような方法で始めてみるのも選択肢の一つです。

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

不動産投資NEWS

シリーズ連載: 不動産投資ニュース

最新コラム: 資産運用に関するアンケート!投資経験者の割合は女性より男性の方が高い

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~実家を賃貸にした場合の確定申告~

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 駐車場への投資を考える

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 「円安進行」「金利上昇」「ウクライナ紛争」 わが国の不動産投資への影響は?

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 結局、「2022年問題」は賃貸市場に影響を与えるのか?

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.105 フィリピン大統領選による不動産マーケットの変化はあるのか?

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 賃貸併用住宅を建てる時の判断

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。