LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

海外株初心者にもおすすめの米国株ETFとは? メリット・デメリット・買い方

株式投資の選択肢の一つ「米国株」。
「国内株よりも大きく成長している」「右肩上がりで安定している」など、なんとなく米国株のメリットに惹かれて興味を持っている方も多いでしょう。

米国株への投資には、個別銘柄に投資する以外に「米国株ETF」という投資商品があるのをご存じでしょうか? 実は米国株ETFには、初心者でも取り組みやすいさまざまなメリットがあるのです。

今回は、海外株投資初心者にも分かりやすく、米国株ETFの基礎知識、メリット、デメリットを解説します。

米国株の基礎知識については、ぜひ以下の記事を参考にしてください。
高配当が魅力の米国株~メリット・買い方・投資におすすめの人とは~

米国株ETFとは?

まずは米国株ETFの基礎知識です。「そもそもETFって何?」というところから分かりやすく説明しましょう。

ETFとは

ETFとは上場投資信託のこと。日経平均株価やTOPIX、NYダウ、S&P500など代表的な指数と連動する値動きを目指して銘柄を構成・運用されている投資信託を指します。
株式と同様、証券取引所に上場されているため、リアルタイムで取引することが可能です。

ETFと投資信託の違い

通常の投資信託とETFの違いは「上場されているかいないか」です。
通常の投資信託は上場されていないため、証券会社や銀行、郵便局などの窓口で購入しなければなりません。
一方ETFは上場された投資信託のため、株式取引と同様に証券取引所でリアルタイムに売買することができます。
ちなみにETFを取り扱っているのは証券会社のみです。

ETFとインデックスファンドの違い

ETFと同じように、日経平均株価やTOPIX、S&P500など代表的な指数と連動する値動きを目指して銘柄を構成・運用されている投資信託として「インデックスファンド」があります。

インデックスファンドも投資信託の一つですので、上記した「ETFと投資信託の違い」と同様、ETFとインデックスファンドの違いも「上場されているかいないか」です。

そのほか、通常の投資信託とETFには手数料や取引形態などにおいて違いがあります。詳しくは以下の「米国株ETFのメリット・デメリット」の部分で解説します。

インデックスファンドについて詳しくは以下の記事を参考にしてください。
初心者でも分かる「新興国株式インデックス」-対象はどこの国? メリット・デメリットは?-

米国株ETFが連動する代表的な指数

NYダウ「ダウ工業株30種平均」のこと
NY証券取引所、ナスダック市場に上場する代表的な30銘柄から算出
S&P500ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している主要500社で構成された指数
NASDAQ(ナスダック)100およそ3,000銘柄が上場するアメリカの主要株式市場の一つNASDAQ(ナスダック)の中で、時価総額上位約100社で構成された指数

そのほか、特定の分野・業種に絞った指数に連動するものもあります。

米国株ETFに投資するメリット

海外株初心者でも取り組みやすいといわれる米国株ETF。どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

米国株ETF市場の急成長

ETF市場は世界的に急成長しています。
イギリスのETF専門調査機関ETFGIのレポートによると、2006年には5,790億ドルだった全世界ETF資産残高は、2021年には10兆200億ドルへと増加。15年でなんと17倍以上に急成長したことになります。

この全世界ETF資産残高のうち、おおよそ7割程度が米国株ETFといわれており、ICI(米国投資信託協会)のレポートによると、2022年2月のアメリカETF資産は約6.8兆ドル。
世界的なETF市場の急成長を支えているのが米国株ETFであると言っても過言ではないようです。

ちなみに一般社団法人 投資信託協会「投資信託の全体像直近データ」によると、日本株ETFの純資産総額は2022年2月末時点で約59兆円。1ドル=127円(2022年4月26日)で計算すると、米国株ETFの資産残高は約863兆円です。米国株ETF市場の大きさが分かりますね。

米国株ETF市場は今後も成長が見込まれるため、投資先として期待できるでしょう。

小額から投資できる

米国株ETFは1株から購入可能です。
初心者でも小額から取り組むことができ、かつ複数のETF銘柄を所有することも可能になります。

分散投資できる

米国株ETFに限らず、ETFは複数の銘柄を組み合わせて構成されているため、リスク分散に優れた投資商品といえます。
小額から購入できるため複数の銘柄を所有することもでき、自分なりのポートフォリオで分散投資することが可能になるでしょう。

いつでも売買できる

通常の投資信託の場合、取引は1日1回のみです。
一方ETFは上場されているため、証券取引所でいつでも売買することができます。値動きを見ながらリアルタイムに取引できるメリットがあるでしょう。

値動きが分かりやすい

ETFは日経平均株価やS&P500といった代表的な指数に連動するよう構成・運用されているため、値動きが分かりやすい特徴があります。
初心者でも比較的取り組みやすいでしょう。

投資信託と比べて保有コストが低い傾向にある

ETFは株式市場で自由に売買できるため、金融機関などの販売会社を介しません。そのため販売会社への手数料が不要となり、保有コストが通常の投資信託に比べて安い傾向があります。
長期保有では大きな差となるため、ETFのコストの低さは大きなメリットといえそうです。

米国株ETFに投資するデメリット

一方、米国株ETFには気をつけたいデメリットもあります。

普通株に比べて銘柄数が少ない

SBI証券を例に挙げると、米国株式の取扱い銘柄約5,000に対し、海外ETFは約365銘柄。
普通株に比べると、ETFのほうがどうしても選択肢が少なくなるデメリットがあります。

分配金の自動再投資ができない

米国株に限らず、ETFの分配金は手数料を差し引いた全額を投資家に分配するよう法律で定められています。一般的な投資信託のように、分配金を投資家に配らず、ファンドがその分配金をそのまま再投資に使って新たに資産を購入する「自動再投資」の仕組みがETFにはありません。
再投資したい場合は、手動で再度買いつける必要があります。

証券会社によっては、受け取った分配金をそのまま自動的に新たな買いつけに回すサービスもあります。しかしこれはあくまで一旦受け取った分配金を使って新たに購入しているだけであり、定期買いつけのようなものです。
分配金を受け取った時点で手数料や税金が差し引かれているため、一般的な投資信託でいう「再投資」よりも投資効率は下がることになるでしょう。

取引のたびに手数料がかかる

投資信託は購入時手数料が無料(ノーロード)のファンドが多いです。売却時や解約時の手数料が無料というファンドもあります。

一方ETFは上場株式と同様、取引のたびに手数料がかかります。さらに米国株ETFは海外ファンドなので為替手数料も必要です。
証券会社によっては、対象となる特定の米国株ETFであれば買いつけ手数料無料のケースも。証券会社を選ぶ際には、こうしたコスト面にも注意するとよいでしょう。

上場廃止リスク

ETFには、純資産総額の減少など一定の基準に抵触した場合、上場廃止されるリスクがあります。
ファンドの純資産総額の多さは、ETFの規模の大きさ、人気の高さを示す一つの指標です。より運用の安定したETFを選ぶには、純資産総額の多さを参考にするとよいでしょう。

iDeCoで米国株ETFは不可、つみたてNISAは1銘柄のみ

iDeCoには投資対象としてETFが含まれていません。また、つみたてNISAで米国株ETFに投資できるのは1銘柄、1証券会社のみ。つみたてNISAを考えている人にとっては選択肢が少ないことがデメリットとなるでしょう。

一般NISAなら米国株ETFの選択肢が増えます。
投資初心者必見! つみたてNISAで米国株に投資をする方法

取り引きタイミングの判断が難しい

基準価格の更新が1日1回の投資信託に対し、ETFの価格は株式と同様常に変動しています。米国株に限らずETFは売買するタイミングによって価格が変わるため、特に初心者の場合自分で判断するのが難しいケースもあるでしょう。

米国株ETFの買い方

証券会社に口座を開く

まずは手数料や取扱い銘柄などから希望の証券会社を決め、口座を開設しましょう。

米国株ETFを探す

証券会社のサイトで、チャート・純資産総額・売買代金・分配金利回りなどさまざまなポイントを参考に購入する米国株ETFを探します。

米国株ETFを注文する

ETFの売買方法には、以下の2種類があります。

【指値注文】
希望価格を指定して発注する方法
【成行注文】
価格を指定せず、そのタイミングで表示されている価格で発注する方法

証券会社サイトの注文画面で、希望の数量・注文方法・口座区分・決済方法などを指定し、注文します。

米国株ETFの取引可能時間

米国株ETFをリアルタイムで取引する場合には以下の取引時間となります。

【標準時間】
23:30~6:00(現地時間9:30~16:00)
【サマータイム】
22:30~5:00(現地時間8:30~15:00)

注文受け付けは、各証券会社が指定する一部除外時間を除き、基本的に米国営業日であれば24時間いつでも可能です。

まとめ

リーマンショックやコロナショックなどを経験しても、過去30年間右肩上がりで株価の上昇が見られる米国株。その成長ぶりは、過去30年間ほぼ横ばいの日本株と比べると歴然の差です。

そんな米国株を対象としたETFは、分散投資が可能で小額から購入でき、今後の成長性・リスク分散両方の観点からも海外株初心者に向いているといえるでしょう。

海外株に興味のある方は、デメリット部分もよく理解しながら米国株ETFへの投資を検討してみてくださいね。

【投資初心者向け】米国株の買い方と魅力をわかりやすく解説
日本でもできる米国株先物【NYダウ】とは? 注目される3つの理由を解説
S&P500の投資メリットとは? 買い方から今後の見通し・リスクも解説

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

有田宏

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産投資でローンを使う時

不動産投資NEWS

シリーズ連載: 不動産投資ニュース

最新コラム: アパートメントホテル開発用地の取得に関するお知らせ【静岡県御殿場市】

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~実家を賃貸にした場合の確定申告~

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 駐車場への投資を考える

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産を今、買っていい人 買わないほうがいい人

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 新築住宅50万戸時代に生き残る賃貸経営戦略の立て方

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.106 タイ不動産マーケットの現状について

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 賃貸併用住宅を建てる時の判断

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。