LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

共働き夫婦の家計管理はどうする? みんなのお財布事情

結婚したらお金の管理はどうしたらいいんだろう?

結婚生活を送る上で、事前に話し合っておきたいことの一つに家計の管理方法があげられます。

人の金銭感覚は、育ってきた環境や、親の金銭教育が色濃く反映されるため、夫婦となる二人が、同じ金銭感覚を持ち合わせているとは限りません。

相手のお金の使い方が原因で、夫婦喧嘩に発展してしまうことも少なくありません。
円満な結婚生活を送るための、共働き夫婦のお財布術を考えてみたいと思います。

4つのお財布管理術
共働き夫婦の家計管理術4パターンを紹介しながら、それぞれのメリット、デメリットについてもお伝えします。
1.財布をひとつにして、どちらか一人が管理する
夫婦の収入は共有財産という考え方で、収入を合算して生活費をやりくりするスタイル。

合算した収入から、住居費、食費、水道光熱費、通信費など、生活にかかるすべての費用を一つの財布から支出します。妻または夫のどちらか一方がお財布の管理者になり、夫婦の小遣いも同じ財布から支出します。
メリット
一人が家計の支出をすべて把握できるため、無駄遣いが発生しにくい管理方法です。
ひとつの財布から、毎月一定額を先取り貯蓄することで、効率的に資産を増やすことができます。
デメリット
お財布の紐を握っている人が家計費を勝手に支出できてしまうため、もう一方の人に不満を与えることがあるかもしれません。
また、お互いの自由にできるお金が少ないことも、不平不満の温床となり得ます。

財布の紐を握っていない人も、家計運営に参加できるように月1回は、収支を開示するなど、家計収支の透明化を心がけることが大切です。

2.共有口座に一定額ずつ振り込む
お互いの収入から一定割合を共有口座へ振込み、その口座から生活費をやりくりするスタイル。
共有口座へ振り込んだ後の残りのお金は、お互いがそれぞれ管理します。
メリット
お互いが生活費の一定額ずつを負担することで、不公平感を感じにくい方法です。

家計費を見える化することで、1ヵ月の生活費を夫婦で共有することができます。また、お互いに家計を担っているという責任感が生まれます。

残りのお金は自分で管理できるため、パートナーに管理されているというフラストレーションから解放されます。
デメリット
支出の部分しか共有していないため、世帯全体の貯蓄額が把握しにくくなります。

マイホームが欲しい、車を買い替えたいなど、大きな支出に対応できるように、定期的に家計全体の貯蓄額を把握しておくことが大切になってきます。

特に子どもを持った場合に、教育費が足りなかった、相手が貯蓄してくれていると思っていた、ということがないように大切なことは事前に話し合う必要があります。
3.お財布は完全に別々
生活費を項目ごとに分けてそれぞれが負担するスタイル。

たとえば、食費、日用品費、通信費は妻が負担し、住居費や水道光熱費は夫が負担するなど、生活費を項目ごとに分担します。

独身時代の延長のイメージで生活費を折半し、相手のお金の使い方には干渉しない、残りは自由に使いたいと考える夫婦は、このスタイルを選ぶことが多いようです。
メリット
この方法は、夫婦の収入が同程度である、いわゆるパワーカップルという経済的に自立している夫婦に好まれる傾向があります。

パートナーに遠慮することなく「自分の稼いだお金は自分で使う」という独身時代と変わらない満足感を得たい二人に向いているでしょう。

デメリット
家計全体を把握することが難しいため、節約には向かない管理方法です。
それぞれが、目的、目標を持って計画的に貯蓄をしていかないと、資産を増やすことは難しいかもしれません。

家計全体の収入は高いわりに、貯蓄が少ないというパターンになることも。
お財布が別々でも、定期的に家計全体の収支、貯蓄などを把握する工夫が必要です。

4.一人の収入で生活費をやりくりする
共働きだけれども、片方の収入で生活費をやりくりし、もう一方の収入は全額貯金するというスタイル。

夫(正社員)+ 妻(パート)のパターンで採用されやすい方法です。

ひと昔前の、夫が外で働き、専業主婦の妻が家計を握るという形を、時を経て現代版にバージョンアップしたイメージです。妻はパートで稼ぎ、その収入は基本貯蓄に回します。

この方法を取りやすいのは、夫婦の一方の収入が比較的高く、一人の収入でも夫婦の生活を維持できる場合です。
メリット
パートで得た収入をすべて貯蓄に回せるので、資産を増やしやすいこと、夫婦で貯蓄額を共有できることです。
デメリット
生活費を負担している人が、高収入の割に自由にお金を使えないという不満を感じやすい管理方法ともいえます。

また、生活費を負担している人が、万一働けなくなった場合に、生活が立ちゆかなくなるというリスクがあります。

ベストな家計管理のために話し合いたいこと
代表的な家計管理の方法をご紹介してきましたが、どの方法が自分たち夫婦に合うのかを見つけるためには、結婚する前、あるいは新婚時代に、次のことについて夫婦で共有しておきましょう。
現在の貯蓄額と債務
独身時代に貯めた貯蓄額は秘密にしておきたいと思う方もいるでしょうが、お互い公表し合えれば、その先のライフプランを立てやすくなります。

また、奨学金の返済や、車のローンの残債があるなど、何かの借金がある場合も、共有しましょう。

お金払いの良い人が、実は借金やローンで成り立っていたということもあるかもしれません。資産も負債も相互に知っておくことが家計管理の第一歩です。

そして、可能であれば、お金に対する知識や感度、いわゆるマネーリテラシーをお互いに確認しておきましょう。どちらか一方がお財布を握るのであれば、リテラシーの高い人が、家計管理を担当したほうがストレスなく効率的にやりくりができます。

ライフプランを立てる
結婚直後に、1回目のライフプランを立ててみるのが理想的です。
長いスパンで人生をどう過ごしていきたいかを話し合うことにより、これから必要となる資金が見えてきます。

たとえば、

・子どもは持つのか、持たないのか?
・子どもを持った場合、教育費はいくらまでかけるのか?
・マイホームは持つのか? 購入時期は?
・マイカーの買い替え頻度は?
・その他、家族イベントにかけたい費用は? 

ライフプランを立てることで、いつまでにいくら必要かという目標ができます。
貯蓄したほうがいいのは誰しもわかっていることですが、何のためにお金を貯めるのかがはっきりしないと、なかなか上手くいきません。

「お金を貯める」には、動機付けが大事です。

また、ライフプランは何度でも見直しをすることができます。例えば、夫婦の一人が仕事を辞めて専業主婦(夫)になった、正社員からパートに変わったなどのように収入に変動があったとき、または、子どもが生まれて家族が増えたときなど、ライフプランの上書きをして目標を立て直すという臨機応変さも家計管理には必要です。

大切なのは情報共有と見える化
自分の労働の対価として得た収入を、自分で管理できないことに不満を感じる方もいるでしょう。

お財布を一つにした方が効率的にお金を貯めることはできそうですが、人生の幸福度が下がってしまうと感じる方もいるかもしれません。

いずれにしても、夫婦で話し合うことが大切です。その上で、見つけ出した方法が、その時点のベストな家計管理方法です。

どんな形であっても、ポイントは、家計収支の「情報共有」と「見える化」です。

どちらかが不満を抱えていると長続きしませんし、夫婦喧嘩の原因にもなってしまいます。一度決めた管理方法が自分たちに合わないなと感じたら、見直しを行うという柔軟さも大切です。

まとめ
共働き夫婦のお財布事情をまとめました。

どの方法にもメリット、デメリットがありますし、ご夫婦の性格により、合う合わないもあるでしょう。

将来的に、家族構成や収入の状況が変われば、見直しが必要になります。
これが正解、というものはありません。二人で話し合い納得した方法が正解です。

本記事が、家計管理のヒントになれば嬉しく思います。

執筆ライター:山﨑裕佳子

【このコラムの著者】

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

LIFULL 不動産クラウドファンディング

シリーズ連載: 不動産投資クラウドファンディングの基礎知識

最新コラム: 不動産クラウドファンディングとは?仕組みやメリット・他の不動産投資との違いを解説

有田宏

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産投資のリスク「災害や事故などへの対処」

髙杉雅紀子

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 田舎の実家を相続することを考えてみる~実家を賃貸にした場合の確定申告~

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 駐車場への投資を考える

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 不動産を今、買っていい人 買わないほうがいい人

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: スーパーゼネコンVS大手住宅メーカー ~意外に知られていない建設業界での立ち位置を解説~

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.108 フィリピン現地レポート2022年7月 その2

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産投資を中長期で継続させるには

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: サイバーエージェント初任給42万円 IT以外も2割増

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。