髙杉雅紀子の不動産投資コラム

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

田舎の実家を相続することを考えてみる

一般的に相続は、一生に数回しか関わることがないでしょう。にもかかわらず、知らないことが多いと気づかされ、かつ短期間で行わなくてはいけないので疲労困憊になってしまったなんて話をききます。執筆者自身も、1回相続を経験してますが、戸籍謄本を取り寄せたり、書類に記載したり、各所に連絡したりとかなりの労力を費やしました。

先日、50代の主婦の方からの以下のようなご相談がありました。回答とともに解説していきます。

Q:50代の主婦です。大学進学とともに上京し、そのまま就職、その後結婚し、東京都内に家族とともに住んでいます。兄弟も上京しており、それぞれ家を購入しています。実家には両親だけで暮らしていますが、両親が高齢になったため、今後、田舎の実家の相続について心配になってきました。不動産の相続の手続きや費用、不動産の活用について初歩的なことを教えてください。

不動産を相続したらまず行うことは名義変更

相続すると決まったら、法務局で所有権移転の手続きをします。登記申請書は、相続の仕方によって少し所有権の移転登記の様式が異なります。以下の図は法務局のホームページに掲載されています。相続の仕方を選び矢印に従って、クリックすると対象の申請書がダウンロードできます。

出典:法務局HP

また、所有権移転申請書以外に提出する書類は以下の通りです。

・ 固定資産税証明書
・ 遺産分割協議書
・ 戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍(出生から死亡まで連続したもの)(被相続人)
・ 住民票除票または戸籍の附票(被相続人)
・ 戸籍謄本(法定相続人全員分)
・ 住民票(不動産取得者となる相続人)
・ 登記事項証明書

なお、場合によって遺言書や相続人の印鑑証明、相続関係説明図などが必要となります。

費用について

登記をするときには、登録免許税が課税されます。登録免許税の金額は、固定資産税評価台帳に記載されている金額の0.4%になります。
つまり、固定資産税評価が1,000万円の40,000円の登録免許税となります。

また、所有者移転の登記を司法書士に依頼する場合は、司法書士の報酬が必要です。内容により金額は異なりますが、必要書類の取り寄せなどは自分で行う場合は、3~5万円が相場で、書類の取り寄せからすべて司法書士が行う場合は、7~15万円が相場のようです。

なお、不動産取得税は相続の場合、非課税となっています。相続人以外への特定遺贈や死因遺贈は、不動産取得税が課税されます。
そのほか費用は、相続後毎年固定資産税とメンテナンス費用がかかるでしょう。

所有者の移転登記はいつまでにやればいいのでしょうか?

相続税の申告は、相続発生を知った日から10カ月以内にと決まっていますが、所有権移転登記は期限が決まっていません。
社会問題にもなっている空き家問題はこの所有権移転が義務化させていない、期限が決まっていないことがひとつの原因です。

所有権移転登記する場合、前項でも紹介した通り費用がかかります。場合によっては、費用をかけられない方がいるかもしれません。また、親の家を相続しても、住まいが遠方であれば使用する必要がないからとそのままにしてしまうケースがあります。長年所有者を変更せず、子や孫世代になっても所有者移転の手続きを怠ってしまうのでしょう。
そして、所有者不明の不動産が増えていくのです。

国は、これ以上所有者不明不動産が増えないよう、2024年から相続登記を義務化することにしました。相続や遺贈により取得した不動産は、相続の開始や所有権を得たことを知った日から3年以内に所有権移転登記を行わなければなりません。行わない場合は、10万円以下の過料となります。

ここで、住まいと出身地、空き家のデータを見てみましょう。
2018年人口移動調査によると、東京都在住者の出身地が東京ではない人の割合は約54%となっています。東京以外に実家がある人が半数程度いるとも読み取れます。進学・就職・結婚・転勤などの理由で出身地に住んでない方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そのため、実家へ頻繁に足を運べなくなるという現象もおきてしまうのでしょう。
相談者のご実家も車で3時間半かかる場所のようですね。ご相談者さんのような方もいらっしゃることが予想できますね。

また、国土交通省の「令和元年空き家取得実態調査」によると、空き家を取得した理由の半数以上は相続となっています。

出典:国土交通省 令和元年空き家所有者実態調査

さらに、空き家から所有者の住まいまでの所要時間が1時間から3時間以内と3時間超と日帰りができない距離をあわせて全体の約28%になります。また、空き家の管理頻度は月に1回から数回と年に1回から数回の項目が大半を占める結果となっています。
相続で空き家を所有したが、頻繁に足を運べない方がいらっしゃることがわかります。

出典:国土交通省 令和元年空き家所有者実態調査

出典:国土交通省 令和元年空き家所有者実態調査

なお、適切に管理されていない空き家は、防災や衛生、景観などの点からも地域の住民の生活に影響を及ぼしかねません。空家等対策の推進に関する特別措置法により、空き家の所有者または管理者は周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないように管理しなければならないとさせているため、相続した実家の管理はとても大切になります。

実家を空き家にしないためにはどうしたらいいのでしょうか?

前項でお伝えした、管理されていない空き家にならないようにするためには、どうすればいいのでしょうか。

相続後に実家を売却・賃貸・解体など検討し、どの方法にするのかすぐに判断することは難しいでしょう。

まず、家族のライフプランに合わせて考えてみましょう。相談者は50代の主婦のかたと伺いましたが、同じ50代といっても家族構成やライフプランによってお金の使い方に差が生じます。すでに、お子さんが独立されている場合やDINKSであれば、老後の生活を中心にお金を使うことができます。例えば、退職後は、田舎に帰ってゆっくり暮らしたいと考えるならば、実家のリフォーム準備資金を確保しつつ、実家をそのまま残しておく。

この場合は、退職後移住するまでの期間も定期的なメンテナンスは必要となります。なぜなら、空き家の状態で放置してしまうと家は傷みが早いからです。

一方、近年の晩婚化の影響で退職直前まで子どもの教育費がかかってしまうご家庭もあります。相続した不動産の管理費用が家計を圧迫すると予想される場合は、売却するということも考えます。または、実家の家の状態が良ければ、賃貸にして利益を得ることも考えられるでしょう。

大まかに、実家を相続した場合の手続きや費用、実家の活用方法の考え方についてみてきました。
さらに、相続後の実家の活用方法・・・売却、賃貸、解体、居住のそれぞれの特徴を確認し相続する不動産の場所や環境、地形など様々な点から考えてどの方法が適しているのか検討することが重要です。具体的にどうしたほうがいいのかわからない場合は、不動産業者や工務店、不動産投資の業者など専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

【このコラムの著者】

髙杉雅紀子

AFP・2級ファイナンシャルプランニング技能士・住宅ローンアドバイザー(金融検定協会)
生命保険会社を約8年勤務後、住宅建築の建設会社に16年勤務。現在も建設会社で住宅取得資金や住宅ローンアドバイスを行う。さらに、ファイナンシャルプランナーとして教育資金や自営業者の老後資金、保険見直しなど相談を受けてる。
これまで培ったFPの知識と経験の他、主婦・母・自営業の嫁・親の介護、義父母との同居の経験を活かしたアドバイスを行う。お客様に寄り添う、地域密着型FP。

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

田中法人

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 実家空き家の有効活用

上井邦裕

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 「目に見えない不動産投資の落とし穴②」 ~物件選びには、建物の構造を意識しよう~

平賀 功一

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: なぜ今、不動産投資が人気なの? 3つの理由と今後の見通し

石川 和寿

シリーズ連載: 不動産会社のプロの意見

最新コラム: 賃貸のプロが教える入居者募集の6つのコツ

藤田 博司

シリーズ連載: 不動産投資家が次に着目している民泊投資とは

最新コラム: 民泊の準備で困ったこと

逆瀬川 勇造

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 不動産投資は常に融資との戦い?ローンの基礎知識や流れを解説

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

シリーズ連載: 不動産投資を始める人のノウハウ

最新コラム: 高配当が魅力の米国株~メリット・買い方・投資におすすめの人とは~

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 不動産投資家目線で見るリースバックの魅力

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.89 増加するASEAN中間層の動き 〜その3 ASEAN不動産比較〜

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 新型コロナウイルス感染拡大から考える 大家がすべき対応 No.6 住生活総合調査からわかる 現状と未来の不動産投資2

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: Withコロナの新・不動産事情

最新コラム: コロナ影響下のアメリカで激安お値打ち物件がなかなか出ない理由!

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 長期運用を見据えた、オリジナルのポートフォリオ作り

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 「リフォームにいくらかけるか?」

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 36.大家さんと幸せな人生について

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格

株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。