金井 規雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資②

前回コラムはこちら

本コラムでは、まずスタート資金を作り、それを元手に不動産投資でどんどん増やしていき、7年で1億円作る方法を解説します。うまくいけば、3年から5年で1億円を作れるでしょう。そうでなければ、10年や15年はかかるかもしれません。それは運もありますが、勉強と実行次第です。しかし、今のままで何もしなければ何年経っても1億円はできないし、本業以外の収入もできません。何もしなければ、今の生活は変わらないのです。 
ファイナンシャルプランナーの「老後を安心して暮らすには約1億円の蓄えが必要」というアドバイスがあり、あるテレビタレントは「老後が心配だからせっせと貯金する」と言っておりましたが、1億円を貯金で貯めるとなると、現在の預金金利でどれだけかかるか計算したことがありますが、愕然といたしました。毎月1万円貯めて、1年で12万円。1億円貯めるには、単純計算で833・3年かかります。
金利はいずれ高くなっていき、複利運用で多少は多くなるため早まりますが、仮りに1%の金利でも100年以上はかかります。もちろん、コツコツ貯金することを否定しませんが、気の遠くなる年月がかかります。
本文で解説しますが、貯金、投資信託、拠出型年金などの貯蓄型では、とても間に合いません。これらは補助だと考えておくべきでしょう。自分自身の年金を不動産で作れれば確実で、自分でもコントロールできます。これを主体に、自分の資産形成を考えるのがベストだといえます。 

本コラムは、一夜にして大金持ちになるというガイドブックではありません。むしろ時間を費やし、いろいろ勉強して物件の実査・分析も行って、不動産投資を実行し、成功して絶対資産を作っていただきたいという説明書であり、解説書です。 
よく「不動産で不労所得を得て悠々自適の生活を」と話す人もいますが、とんでもない間違いで、不動産投資にはたゆまぬ勉強と物件実査努力が必要です。とても「不労」とはいえないのです。確かに優良物件を購入して、そこから収入が発生すれば、労力は少なくなりますが、常に物件の維持やマーケット調査等が必要です。

また、脱サラも勧めません。むしろ、会社勤めのほうが融資を引き出しやすいのです。不動産投資においてはローンが非常に大切なファクターとなりますので、会社勤めのほうが有利なのです。しかも条件もよいので、ぜひ利用してもらいたいものです。 

最近では「100年時代の人生戦略」といわれ、今までのように60歳で定年退職し、悠々自適の生活という人生設計では、対応しきれない時代になってきているようです。仕事も多様化しており、それに適応していかなければいけないともいわれています。
だからこそ自分で自分の収入を作り、確保していかなければならないのではないでしょうか。自分の収入を確立さえすれば、人生100年でも200年でも対応できるのです。ぜひ真剣に取り組んで実行してみてください。                                                                     
自分自身の年金・年収を不動産投資で構築・達成するのがベストですが、日本の人口は減少し続けており、本文でも述べていますが、少子高齢化社会にどんどん突き進んでいっています。人が少なくなり、しかも高齢者が増え、若者中心の産業労働人口が減るという、世界でも類を見ない人口減少の社会において、不動産投資はその根本が人口ですから、大変難しくなります。
不動産投資の専門家は、これからの日本の不動産は80%~90%価値が下がると言っております。つまり、不動産全体では10%~20%だけしか価値が維持または上昇しないという、とんでもない状況になっていくということです。もちろん、経済がしっかりし好転すれば、さほどのことにはならないと期待したいところです。
かかる状況下、不動産資産を何も日本だけに限らず、海外の不動産も視野に入れることをお勧めします。そもそも資産の分散は当然ながら実行するべきで、投資家であれば必ず実行しています。リスク回避・最小の観点からも分散はやってしかるべきです。なかでも、アメリカ西海岸、とくにロサンゼルスは、市場が最大で一番活発に動いています。
アメリカ不動産を取得することによって、画期的な節税が可能になるなど副次的効果は極めて大きいものです。ぜひ一度検討しては、と思います。

【このコラムの著者】

金井 規雄

立命館大学経済学部卒、カリフォルニア大学院統計学修士号。
三菱東京UFJ銀行(為替資金部資金課および企業融資担当)入行ロスアンジェルス支店勤務後、Bank of the West日本企業部を経て、2004年コスモ・インベスメント(不動産仲介・コンサルティング)を設立、現在に至る。

カリフォルニア州不動産仲介ライセンス、カリフォルニア州保険ライセンス保有。米国での仲介実績多数。
現地銀行、会計士、弁護士、保険業者、管理会社などとの幅広いネットワークを持つ。

著書に「アメリカ不動産投資の実態。」「アメリカ西海岸で不動産投資 7年で1億円!」「安全!確実!アメリカ不動産投資のすべて」「ドル資産を持て! 世界最強の通貨によるアメリカ不動産投資戦略」がある。

HP: https://www.cosmoinvestusa.com/

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 人気アパートのつくり方(5) 不動産投資判断に最も大切なこと

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.31 2019年フィリピンの不動産マーケット その2

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: いまさら聞けない 相続のルール・・・改正されました その1

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第十二回「投資家の自己責任vs業者の説明責任」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産価格の変化で感じること

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 公務員の不動産投資について

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 20.配偶者に不動産投資を反対されないために(前編)

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ