金井 規雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

あとがき

最近、これからは「人生100年」といわれております。現在の60歳定年(一部では65歳)の社会システムでは、残りの35年から40年どうやって過ごしていけばよいのでしょうか?

50歳の平均寿命となったのは、1946年のときです。それから、戦後復興から経済成長、高度経済成長に進んでいくたびに平均寿命は伸びていき、2017年の平均寿命は男性が81歳、女性が87歳になっています。その間に定年の年齢は50歳、60歳と変化していき、現在も60歳定年が一般的に定着しています。定年退職後21年から27年、悠々自適の生活を送ることになりますが、仮に最後の5年から10年は、仕事ができない状況になっても、11年から22年間年金と貯蓄で残りの人生を過ごさなければなりません。

今の若者や産業労働人口者は、「人生100年」といわれているわけですから、さらに13年から19年、合計34年から46年も60歳に定年退職してから人生が残るわけですが、とても現在の年金制度では、カバーし切れないと思います。今後の年金も受給年齢が引き上げられる可能性があり、かつ受給金額も減少するかもしれないとすれば、ますます年金だけで老後の生活資金を全額まかなえ切れないのは明白です。全額は難しいということはすでにわかっていますが、必要金額の補助に過ぎない状態になってきています。

退職してそれからまだ40年ぐらいもあれば、人生2度目という感じです。そもそも60歳定年退職、それから80歳前後まで20年程度の退職後の生活を送ることが年金の根本的な考え方になっていますが、要するに現在の定年退職年齢・年金制度では、これからの人生設計では合わないことになります。ましてや労働人口が減少していくわけですから、どうやってこれからの年金資金を確保するのでしょうか?   
                                      
本コラムの目的は、お金からの解放で絶対資産(IPA、IPV)を作ることです。つまり、自分年金の収入を生み出す純資産を作り増やすことですが、それを不動産投資で達成することを述べています。この不動産投資は、よく「不労所得」といわれていますが、とんでもないことです。一生懸命投資資金を作り、不動産投資を勉強し、自分の足で物件実査し、銀行員と交渉するなど、どこが「不労」なのでしょうか? 物件を購入してからも物件のチェック、テナントとのやり取り、資金の管理などなど、しっかりやることはあるのです。つまり、これはビジネス、事業ということです。この自分の事業があれば、60歳定年問題は問題ではなくなるのです。会社勤務が60歳で定年を迎え退職しても、自分の不動産投資事業がありますので、そのまま続けていけます。定年になっても自分のやることがあることは、とてもよいことです。何も人生100年など全く問題ないのです。    
                                               
このように不動産投資は、収入を生み出すだけではなく、自分の事業としてやることはたくさんあることになります。日本だけでなく、海外を旅行しこれはと思ったところに、不動産投資することも考えられます。少子高齢化社会の日本の不動産だけを考えず、広く海外、特にアメリカ西海岸の不動産も検討していけば、単純にリスク分散だけでなく収入・資産価値・節税など幅広く活用できるのです。そのためにも、バランスのとれた健康な生活を送られんことを切望致します。どんなに優秀でも、健康でなくては何もできません。

本コラムにより、お金から解放され、余裕ある有意義な人生を送ることができれば、筆者望外の喜びでありますが、本当の願いは、ゆとりある生活が送ることができますと、周りが見えてきて他人への思いやりが出てきます。要するに「衣食足りて礼節を知る」ということです。そうしますと、自分がハッピーになり、他人も周りもハッピーになります。必ず成し遂げてください。

【このコラムの著者】

金井 規雄

立命館大学経済学部卒、カリフォルニア大学院統計学修士号。
三菱東京UFJ銀行(為替資金部資金課および企業融資担当)入行ロスアンジェルス支店勤務後、Bank of the West日本企業部を経て、2004年コスモ・インベスメント(不動産仲介・コンサルティング)を設立、現在に至る。

カリフォルニア州不動産仲介ライセンス、カリフォルニア州保険ライセンス保有。米国での仲介実績多数。
現地銀行、会計士、弁護士、保険業者、管理会社などとの幅広いネットワークを持つ。

著書に「アメリカ不動産投資の実態。」「アメリカ西海岸で不動産投資 7年で1億円!」「安全!確実!アメリカ不動産投資のすべて」「ドル資産を持て! 世界最強の通貨によるアメリカ不動産投資戦略」がある。

HP: https://www.cosmoinvestusa.com/

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 人気アパートのつくり方(5) 不動産投資判断に最も大切なこと

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.31 2019年フィリピンの不動産マーケット その2

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: いまさら聞けない 相続のルール・・・改正されました その1

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第十二回「投資家の自己責任vs業者の説明責任」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産価格の変化で感じること

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 公務員の不動産投資について

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

末永 照雄

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

最新コラム: 米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 20.配偶者に不動産投資を反対されないために(前編)

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ